2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2014/03/03 (Mon) 1時間でよかったんじゃないの?


先日、フジテレビで「浅田真央特集」がありました。

なんとソチから帰国後の本人がスタジオ出演。

佐藤コーチ、タラソワ、ローリー各振付師のインタビューもあり。

これは豪華な内容だ~、絶対見てやる!

でもあのフジテレビだからな~と思っていたら、

やっぱりフジテレビでした・・・。

亡くなったお母さんのことが強調され、お涙頂戴モード。

そして覚悟はしていたものの、

やっぱりキムヨナが絡んできたよ。

「真央を語る上で外せない存在・・・」って。

もうキムヨナはお腹いっぱいだから!

昔からフジはキムヨナを大プッシュして、

真央ちゃんの扱いが悪かった。

真央ちゃんもすごいけど、キムヨナはもっと凄い!

そんな報道ばっかりでした。

ずっとマスコミから距離を置いていたお母さんもしびれをきらし、

「真央のことも応援していただけますか?」と頭を下げた話は有名。

それに加えてスーパーニュースの「真央ちゃん転倒パネル事件」。

真央ちゃんの転倒シーンを特大パネルにしてスタジオに飾り、

それを前に本人に優勝インタビュー・・・有り得ん。

なのでよく今回フジに出演したなと思いました。

そしてよく数年にわたる密着取材をOKしたなと思いました。

わたしとしては、日本人選手との絡みを見たかったのですが、

キムヨナ枠がデカすぎて、ほとんど扱われていませんでした。

スケートの選手って、わりとみんな仲良しなんですよ。

ブログの写真では、みんなで楽しそうにしている様子が伺えますし、

真央ちゃんは、あっこさんと佳菜子ちゃんとも仲良しなんです。

でも、そのあたりには全く触れず、

唯一インタビューがあったのは織田君だけという。

みどりさんや、スルツカヤのインタビューはよかったと思うけど、

キムヨナ尺長すぎ。

そして真央ちゃんにアナウンサーがしつこく、

「キムヨナ選手とはどんな関係でしたか?」

って聞くもんだから、真央ちゃん、

「試合以外では普通におしゃべりするし、プリクラ取ったり~」

真央ちゃんが絶対に悪く言わないのわかってて質問してるな・・・。


車を運転する真央ちゃんを見ることが出来たり、

コーチとの練習風景を見ることが出来たのはよかったですが、

番組内で同じ映像の使い回しが多く(ここ数年、どの局も多い)

一時間で十分な内容だと思いました。

録画する予定でしたが、内容がスカスカだったし、

ソチのフリーのノーカット版も放送されなかったので、

録画してなくてよかったです。


ソチではメダルのなかった真央ちゃんは国民にあたたかく迎えられ、

メダルを持って帰ったのに「色が違う」と不満爆発のあの国。

なんかロシアに喧嘩売ってるみたいだけど、大丈夫?

「ソチオリンピックはプーチンの町内運動会だった」って。

プーチンのツイッターまで荒らしてるらしいけど、

プーチンに言っても仕方ないし、プーチンはウクライナで忙しいからね。

それにしても次開催国は大丈夫なのかね?

日本人は参加しないほうがいいのでは・・・。



拍手お返事は、下の記事にて返しています。

ソチオリンピック |


2014/02/25 (Tue) HOT,COOL,YOURS!


ソチオリンピックが閉幕しました。

閉会式での「四輪のリベンジ」に笑いました。

これを思いついたスタッフ、いい仕事してます。


今回のオリンピックはなんだか不思議な大会でした。

メダルがあってもなくても感動!

「参加することに意義がある」

この言葉を思い出させてくれたような気がします。

そして、

競技のあとに相手を讃え合う選手たちの姿を見て、

いいな~って思いました。

ああ、ほんとにスポーツに国境はないんだなって思いました。


時差の関係で、日本では深夜帯の競技が多かったですね。

見ようと思っても睡魔に負けて、

リアルタイムで見ることが出来なかった競技がたくさんありました。

ちゃんと夜中に起きて見ることができたのは、

女子ノーマルヒル、男子団体ラージヒル、フィギュア女子シングル。

昼間行われていたスノボ女子パラレル大回転は、

最初から最後まで見ることができた上に、

竹内選手が銀メダル獲得。

ハラハラしたけど、本当によかったです。


オリンピックが終わってしまうと、

いつも心にぽっかり穴があいたようになります。

今はテレビで名場面集をよく放送しているけど、

次第に減っていくんだろうな、仕方ないけど。

これって「ソチロス」ってやつですかね(笑)


17日間、あっという間でした。

長~~~~い良質の映画を見せてもらった気分。

冬季オリンピックの醍醐味は、採点競技の揉め事と、

雪原の美しい景色かな。

ソチオリンピック |


2014/02/23 (Sun) 0メートル地帯に一体何が。


スピードスケートで日本はメダルが獲れませんでした。

バンクーバーで銀と銅を獲って、

さあ、ソチでは金だ!と、

スピスケチームは強い気持ちで臨んだと思うのですよ。

ところが結果は・・・。

ちょっと調べてみたんですけど、


男子500m

金 オランダ
銀 オランダ
銅 オランダ

男子1000m

金 オランダ
銀 カナダ
銅 オランダ

男子1500m

金 ポーランド
銀 オランダ
銅 カナダ

男子5000m

金 オランダ
銀 オランダ
銅 オランダ

男子10000m

金 オランダ
銀 オランダ
銅 オランダ

団体 男子チームパシュート

金 オランダ


「スピスケ ソチの蘭祭り」でした。

ありがとうございました。



う~ん、これは・・・・。

解説の黒岩さんが、

ソチのリンクとオランダのスケート靴の相性がいいからだ、

こうフォローしていましたけど、

オランダ人の「朝起きて湖に氷がはっていたらスケートしようぜ」

といった国民性がここで活きているのでは・・・。

でもここまで「オランダ無双状態」だと、

これから国際競技として成り立って行くのでしょうかね?


とにかく今はオレンジ色を見ると、

スピスケのオランダレーシングスーツを思い浮かべてしまいます。

ソチオリンピック |


2014/02/22 (Sat) 愛すべき奴ら。


ソチオリンピック・スキーフリースタイルの解説者、

三浦豪太さんの解説がおもしろすぎて困っています。

テレビではモーグルの解説のおもしろさがよく取り上げられていますが、

わたしはスキークロスの解説を押したい。

この競技は「雪上のモトクロス」と呼ばれ、

四人のスキーヤーが様々なアイテムを交わしながら順位を競う競技です。

かなりエキサイティングでおもしろいのですが、

これに三浦解説が付くとなると鬼に金棒。

スキークロスは20日昼間~夜にかけて行われ、

わたしは最初から最後まで見ていましたが、

録画すればよかったと大後悔。

三浦さんだけではなく相棒の島田アナもハイテンションMAX!

こんなに笑い転げたオリンピック競技は今までにない(笑)

特に準々決勝の第一組のレースがヤバいです。

三浦さんはスイスのニーデラー選手がお気に入り。

小柄なニーデラー選手を「忍者的」と呼んでいます。

この選手が問題の準々決勝第一組に出場。

レースは順位が激しく入れ替わるエキサイティングな展開に。

終盤、ニーデラー選手は三番手。

ゴール直前の大ジャンプポイントで一位、二位の選手がまさかの転倒。

ついでに四位の選手も転倒。

その隙をついて三位のニーデラー選手が一位に。


三浦&島田アナ「ああっとーーー!!転倒ーーーー!!」

三浦「ニ、ニーデラーがよけて来たーー!」

島田アナ「抜き足差し足忍び足

 まさに忍者ーーー!!!」

三浦「何か撒いたんですかね?!」


もうなんなのこの人たちwwww

「撒いた」って、まきびしのことですかwww


さらにゴール時のスローモーション映像を見ながら三浦さん、

「こーんなレース、めったにないですよーーー!」

三浦さんはしゃぎすぎ!

はしゃぎすぎて声枯れてるし^^;


このおかしさは文章では到底伝わらないので、

動画が見られるサイトのリンク貼っておきますね。

↓クリックでサイトに飛びます。

ソチオリンピック男子スキークロス


このスキークロスには日本選手は出場していないのに、

三浦さんのおかげで楽しく見ることが出来ました。

あと、コンビの島田アナもナイス実況でしたよ。

だって、島田さんのアナウンス力に三浦さん、

「いや~、何がすごいって、島田さんがちゃんと(実況を)言えてることですよ!

あまりにもレースが早すぎて僕も何がなんだか^^;」

いやいや、三浦さんの解説も素晴らしかったですよ。

そして各選手の小ネタもよく知っていらっしゃる。

このコンビともうすぐお別れかと思うと、さみしいです。


恥ずかしながら、三浦さんがオリンピックのモーグル選手だったことを知りませんでした。

リレハンメルと長野に出場されていたそうです。

知っていたのは三浦雄一郎さんの息子さんということだけ。

ソチオリンピックのスキースロープスタイルで三浦さんの解説を初めて聞きました。

競技自体には正直あまり興味がなかったのですが、

分かりやすくておもしろい解説に引き込まれ、

時間が許す限り競技を見ました。


ソチオリンピックをより一層楽しめたのは、

間違いなく三浦さんのおかげです^^

もしよければ動画をご覧下さい。

さぁ、あなたも三浦ワールドにまっしぐら・・・!(笑)

ソチオリンピック |


2014/02/21 (Fri) トリプルアクセル。

今回のフィギュアの試合を見て、

難しいプログラムに挑戦して成功させることよりも、

無難なプログラムをそつなくこなすほうが点数が稼げるんだなって、

改めて思いました。

つまんねーなーと思いました。

スポーツって、記録を塗り替えるために進化し続けるものですよね?

だからレコードを塗り替えることが評価されるし、

それを目標にアスリートのみなさんは頑張っておられるんだと思います。

フィギュアスケートもスポーツなんだから、

そうあって欲しいのですが、

どうやらそうではなさそうです。

今の採点方式では、

最も難易度の高いとされているトリプルアクセルを飛ぶには、

かなりのリスクがあるみたいです。

失敗すると大きな減点、

成功してもそこそこな点数。

アクセル以外のトリプル×2のコンビネーションの方が高得点。

だからチャレンジする人が少ない・・・

っていうか、今の時点でチャレンジしているのが浅田選手だけだという。

ソチ五輪のFPでトリプルアクセルを成功させて、

なおかつ全種のジャンプを飛びきった浅田選手。

回転不足などの細かいミスがあったとはいえ、

あの演技がFPで三位なんてアホかと思いました。

上位陣の加点てんこ盛り高得点を見て、

「はい、わかりました」と思いました。

演技構成、曲の解釈、出来栄え・・・。

上位陣に比べて浅田選手の点数は、かなり抑えられていました。

そんなに違っていました?

贔屓目に、素人目に見ても、

浅田選手の演技は上位陣には全く劣っていませんでしたけど。

この点数の比較は、ネットや新聞で見ることが出来ます。

結局はジャッジ陣の好みの演技が出来ればいいってことでしょうか?

そして今回金メダルを獲った選手の点数はあまりにも高すぎだと思いました。

トリプルアクセルもないし、ミスもあったのに。

「自国開催だから仕方ない」では済まされないほどの盛り点に目が点。

これだから採点競技はモヤモヤするんですよ・・・。


浅田選手がもし引退したならば、

女子フィギュア界からトリプルアクセルが消えます。

それでいいのでしょうか?

「今度こそ飛んで!」

「やった!飛んだ!!」

というワクワク感がないフィギュアなんて・・・。


拍手お返事は下の記事にて返しています。

ソチオリンピック |


2014/02/21 (Fri) ドラマティックな展開。

真央ーーーーー!!!!

こ、こいつめーーーー!!!!(号泣)


SP後はどうなることかと思いましたが、

浅田選手の心震える素晴らしいFPに感動しました。

トリプルアクセルを飛んだ瞬間、

鳥海アナの「・・・降りた!!」は、

浅田選手を見守っている全ての人の気持ちだったのではないでしょうか。

いやあ、よく一日で盛り返したなぁ、すげーなぁ。

リアルタイムで見ることが出来て、本当によかった。

泣いた。

そして、今テレビで繰り返し流されているFPを見るたびに、

やっぱり泣いてしまうんだぜちくしょう。


今回ほど「メダルなんてどうでもいいや」って思ったことはない。

逆に、点数がおかしなインフレ起こしていたメダル争い圏とは別の次元で、

素晴らしい演技をやってのけたことが嬉しくて仕方がない。

今回メダルを獲った選手の中に、

浅田選手のプログラムを滑ることが出来る選手はいない。

トリプルアクセルも、

一つのプログラムで6種類のジャンプを全て飛ぶことも、

浅田選手にしか出来ない。


SPの出来栄えがもっとよければって思わない不思議。

この散々な結果のSPがあったからこそ、

本人が目指していた「スケート人生の集大成」が叶ったのではなかろうか。


なんだろう、

あれだけ「メダルメダル」って騒いでいて、

でも一つも獲れなかったのに、

日本国中、なんだか幸せな気分になっています・・・。


真央ちゃん、ありがとう。

エキシビション楽しみにしています。


☆拍手お返事です↓

ソチオリンピック |


2014/02/20 (Thu) ショック・・・。

今朝2時からフィギュアSP見ていましたが・・・。

浅田選手、あっこ選手、村上選手、

それぞれにジャンプのミスがありました。

え?!なんでここで?!というところで。

浅田選手の3A、練習では成功していたのになぁ。

でも、これは成功率が低いので仕方ないのですが、

次のコンビネーションジャンプのミスは痛かったですね。

三人とも、かなりメダルは厳しくなってきました。

特に引退を表明している浅田、あっこ選手には、

フリーで自分の納得のいく演技をして欲しいです。

それにしても「真央ちゃんが16位」だなんて、

一体だれが予想出来ただろうか・・・。

ソチオリンピック |


2014/02/17 (Mon) もっとやってくれ。

モーニングバードとひるおびに稔出てた。

落ち込んでいる時にこの人を見るとほっこりするなぁ。


そうそう、フィギュアスケーターの村主章枝さん。

村主さんはコメンテーターとしてよく見かけるようになったけど、

カナダでまだ現役選手として活動していることを知ってびっくりした。

トリノオリンピックイヤーのときは、

「ちょっと変わった人」とかなんとか言われていたけど、

コメンテーターとして今見てみると、普通の人というか、

わたしは結構好きなんだけど。

安藤さんもテレビでよく見かけるようになりました。

彼女も現役時代は色々言われていましたね。

あのとき四回転サルコウを成功していなかったら・・・。

もっと落ち着いた選手生活が送れたろうて。

昨日、安藤さんがフィギュア特集を組んだ番組に出演していました。

マスコミって「ライバル」好きだよね~?

フィギュア女子に関しては特に。

そこではわざわざヨナとリプニツカヤの等身大パネルまで用意して、

安藤さんに意見を求めていたけど、安藤さん、

「浅田選手のライバルは自分自身だと思います」

「たくさんの選手の演技を見て、楽しんでください」

ほんとそうだよ、マスコミざまあ。


さて、ソチオリンピックの実況&解説の話です。

今回から新たに登場した種目、

スキーフリースタイルの「スロープスタイル」。

男子の解説は、三浦豪太さん。

エベレスト登頂のあの三浦さんの息子さん。

丁寧な解説で「聞きやすいな~」と思っていたら、

やはり彼も次第にエキサイト。

☆「この選手は性格もいいし、アメリカでは中心的な存在なんですよ」

 ↓

 この選手が転倒し、予選落ち。

 ↓

 「うわぁ、残念!(決勝で)見たかったなぁ」


☆三つのうち、最初のジャンプ台で大技が出る。

 ↓

 「ええええ?!ここで出しますか!いやあ、ちょっと待ってください?!」


この競技は技の名前が長い上に、

よく見ていないと技の区別がつきにくいのですが、

三浦さんはしっかり解説。

実況アナ、完全においてけぼり。

三浦さんの熱弁に遂に言っちゃった。

「ちょっと私には難しすぎて分かりませんが・・・」


もうすぐスキージャンプの団体戦がありますが・・・

解説の原田さんが、どこまで飛ばしてくれるかが楽しみで仕方がない。

あ、「飛ぶ」といえば、

フィギュア男子ショートPで、羽生くんが演技を終えた瞬間、

ブライアン・オーサーコーチが歓喜の大ジャンプ!!

ちょっとおかしくて笑ったw


☆拍手お返事です↓

ソチオリンピック |


2014/02/16 (Sun) 「おっさん凄すぎワロタw」。

逆バレンタイン受け取ったぞー!!

あぁ、もう、何から書いていいのかわかんねーや。

ひとまず(わたしの中では)前半の山場、

男子フィギュアが盛り上がって仕方がないです。

銅メダルはまさかのカザフスタンに「え~~??!」

でしたが、銅メダルは誰が取ってもおかしくないダンゴ状態。

町田くん、本当に、本当に惜しかった。

四年後の逆バレンタイン、期待しています。


ロシアの新聞では「勝者なき勝利」など好き勝手書かれていますが、

羽生くんは文句なしの金メダルだと思います。

確かにフリーではミスがありました。

パトリック・チャンの「まさかの自滅」もありました。

でもショートの完成度の高さはもうあなたどうしましょうレベルですよ。

なっかなか五輪初出場であの表情はできませんよ、スゲー。

尊敬しているプルシェンコと同じリンクで戦えなかったのは残念でしたが、

プルシェンコはずっと羽生くんを見守り続けてくれると思います。


そして高橋大輔選手。

ケガとの闘いだけでも大変なのに、

最後の最後で「佐村河内問題」に巻き込まれて気の毒すぎる;;

フリーを終えた直後のあの表情、あれはいかんよ。

あの笑顔で思わず涙したファン、たくさんいたと思います。

ステップと表現力はやっぱり高橋選手が一枚うわてだなぁ。

バンクーバーで銅メダルを取ったフリープログラム、

もう一度どこかでやってほしいなぁ。

今日、VTRで久しぶりに見たけど、やっぱりいいなと思いました。

「ソチで最後」と言っていたから、

これからの大会で彼の演技を見ることが出来ないかと思うと、

うーん・・・寂しい;;

「メダルを取れないやつは税金泥棒」

そういう意見もありますが、

高橋選手にそう言える人っているのでしょうかね?


そしてスキー・ジャンプラージヒルでも銀メダルが出ましたね!

レジェンド葛西、ここにあり、でしたね。

スコアを見れば、限りなく金に近い銀だと思います。

本人は悔しさと嬉しさ6:4て言ってたけど、

本音は悔しさ10なのでは・・・。

だって、あの点差は本当に悔しかろうて。


二回目を飛び終えたあと、

すぐに後輩三人が”レジェンド”に駆け寄ったシーン。

日本とポーランドのコーチが身を寄せ合ってスコアが出るのを待つシーン。

応援に駆けつけていたスピードスケートの選手たち。

心がほっこりしました^^


今回のオリンピックは若手ばかりが話題になっていましたが、

41歳のレジェンドが全部持っていった気がしてならないw

ソチオリンピック |


2014/02/14 (Fri) フィギュア男子ショートP。

しまったああああ!!

寝過ごしたあああ!!

なんでこんなに難しい時間帯にあるんだフィギュア!!


羽生くんが100点以上の高得点を叩き出して1位。

ロシアの皇帝・プルシェンコのまさかの棄権。

ジェレミー・アボットの大転倒→驚異の立て直し。


話題てんこ盛りのショートPをみすみす見逃してしまったわたしはバカだ。

いやあの、ちゃんとアラームで起きたんですよ。

そしたらいつの間にか二度寝してしまって。

気がついたらもう夜中の3時。

羽生くんの次の選手が滑っていた・・・;;

暗闇でテレビをつけて見ていたんですけど、

寝起きのわたしは再び睡魔に襲われることに。

あぁ、なんかおっさんが滑ってるぞ・・・

実はそのおっさんがパトリック・チャンだった件。


パトリック・チャンだったのか。

彼が解らないほどわたしは寝ぼけている・・・。

眠い、もう寝よう。

再放送を見よう・・・zzz。


で、

あさ8時すぎからの再放送を見ました。

ハイライトだから全部は見られなかったです。

うーん、やっぱりちゃんと起きてライブで見るべきでした。


プルシェンコ・・・残念です。

さっきネットのニュースで「引退」という文字を見ました。

彼は以前から「攻める滑り」を提唱していました。

だから他の選手のレベルがどんどん上がっていったのではないでしょうか。


町田くん、3回転が2回転になってしまいました。

痛恨のミスに得点が伸びず11位。

インタビューでもかなり悔しそうでした。

ああ、もう「町田語録」は出ないだろうな、

それどころじゃないだろうな・・・

すると彼は最後にこう言った。

「日本ではバレンタインデーですよね?

明日はみなさんに逆バレンタインが出来るように頑張ります

語録が出てひとまず安心。


よーし!

明日のフリーはぜったい、

ぜったいに見るぞ、見てやるぞ、見てやがれ!!←(?)



ソチオリンピック |


| TOP | next >>

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する