2012・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/07/31 (Tue) どこ行きたい?


海外旅行したいなーーー!!!

冒頭から願望垂れ流しですみません。

パスポートも随分昔に切れているので、

まずそれからですね・・・その前にお金ですね・・・orz

いや、その前に、

国内でさえ、ろくに旅行などしておりません。

行ったことがない県がまだまだたくさんあります。

鹿児島県にさえ行ったことがないのですから(笑)

今まで行ったことがなくて、

今一番行きたいところは、神奈川県です。

特に、横浜と鎌倉は憧れの地です。

お正月に箱根駅伝を見ていると、

江ノ電が走っているところがコースになっていますよね。

ああいうところ、行ってみたいです。

鎌倉の大仏があるあたりとか、山下公園とか、

テレビでしか見たことがないので、

一度は行ってみたいですね。

海外で「一か所だけ行っていいよ」って言われたら(誰に?)

すごく迷いますが・・・、

フランスのアヌシーという町に行ってみたいです。

アルプスの麓にある地域で、

水がとっても綺麗なんですよ。

「世界ふれあい街歩き」という番組が好きで、よく見るのですが、

どの町もとってもすてきだけど、

アヌシーが一番印象に残りました。

山と湖と街があまりにも美しすぎて!

翌日、職場で熱く語りすぎて「変な人」になりましたもん(笑)

「アヌシーはマジやばいですって!!」←お前がやばい。


東京押しのメガネをなんとか丸め込んで、

神奈川旅行したいなぁ。


☆拍手お返事です↓

スポンサーサイト

思想 |


2012/07/30 (Mon) 優待席。


オリンピックの体操競技を見ていたら、

やたら空席があるのに違和感を覚えました。

なかなかチケットが取れないというのに、なんでだろう?って。

そしたらそれが問題になっていたようです。

空席になっているエリアは、

スポンサーや関係者等のVIP席だったのです。

この席は一般発売されません。

なのにどうだろう、この酷い空席状態はw

もちろん一般人からは大ブーイングですよ。

「見に来ねーなら私らに譲れや!!」って。

ほんとだよ。


で、

いつもライブに行くときに思うのですが、

いったい最前列って、どんな人が取れるんだろう、と。

軽くネットで調べたら、いろいろ出てきました。

やっぱり関係者やスポンサーの優待席のようです。

全てがそうだとは言い切れませんが、

だいたいそういうことになっているようです。

つまりは、ファンクラブに入って、

どんなに運がよくても、

コネがないなら一列目はないってことですか。

知り合いにそういう人がいないわたしは、

絶対に最前列はありえないってことだね;;

11月末にアムロちゃんのライブに行く予定ですが、

こういうの聞くと、いくらCM特別先行でチケットを取ったとはいえ、

どうせ豆粒、いや、米粒くらいにしか見えない末席なんだろうな~。

そのあと、アルバム購入者対象予約というのがあったのですが、

アルバム購入=金払ってくれた=CM先行よりも優待

という図が浮かび、「しまった!」と思いました。

ファンクラブ枠も「まさかの二階席」の例があったので、

いったいどうやって席順を決めているのか謎です。

チケット代を払った時点で席が決まると聞きましたが、

早く払ったからいい席、とは限らないみたいです。

歌が聞ければ場所はどこだっていいと割り切ればいいのですが、

最前列=最後列=同額っていうのを考えると、

やっぱり少しでも前で見たいですよね。

特に、歌も容姿も売りにしている人だったら、

前のほうで見たいですよね。


☆拍手お返事です↓


思想 |


2012/07/29 (Sun) 堂々と。


オリンピックなどの、国際イベント事には、

テロ対策などのセキュリティが強化されるはずですが、

このニュースを見て「そうではないのかも・・・」と思いました。

↓クリックで記事に飛びます。


ロンドン五輪開会式に謎の女性、インド選手団と行進

わたしは二回もインドの行進を見たのに、

まっっったく気が付きませんでしたww

先頭で明らかに浮いているのに、

しかも服装がアレなのに、

堂々としているせいか、うまく溶け込んでいる!

動画を見ると、客席に向かって手も振ってます。

開会式後、「あの女は誰だ」って騒ぎになっていますが、

どうして誰も気づかなかったのでしょうね?

そして何のためのIDカード???

IDがないと入場できないはずなのに、

一体どうやって忍び込んだんでしょうね?

「ただの目立ちたがり屋の女性」で済んだからよかったものの、

これがテロ実行犯だったら、大変なことになってますよ~!

インド側は「我が国の恥だ」と言っていますが、

むしろ恥ずべきはイギリスなのでは・・・(笑)

スルーした警備員、絶対怒られていますよ。

そして、インドの人たちも、

「誰やねん」って、ずっと思っていたに違いないw

噂では「マハラジャの女」だとかなんとか言われていますが、

「ロンドン在住のインド系一般人」説が有力なようです。

さっき、録画した開会式をもう一度見返しましたが、

本当に笑顔で堂々と行進していて、

メガネと笑い転げました。

今日の出来事 |


2012/07/29 (Sun) 開会式。


早朝5時からのオリンピック開会式をライブで見てやろうと、

昨夜は居間のソファを寝床にしていたのですが、

ネコが噛みつく髪ひっぱる乗ってくる!

ああもう!!!!

どこで寝ても叩き起こされます(号泣)

ぺろ

↑こいつッ!

中途半端な時間に起こされてしまったせいで、

二度寝の結果、寝坊。

慌ててテレビをつけたら、

もう始まってた・・・。

開会式のコンセプトは、「UKの歴史」。

CGとアクロバティックを融合させた、

映画を観ているような展開に釘付けでした。

エリザベス女王の登場シーンと、

ミスタービーンの出演シーンがおもしろかったです。

演出を考えた人たち、本当に凄いなぁ。

開会式に出演した人たち、一生の思い出だろうなぁ。

いいな~。

選手入場は6時すぎから始まりました。

正直、「こんな国があったんだ」という国も(スイマセン)。

改めて驚かされたのが、元・UK植民地が多いこと。

オーストラリアにニュージーランドにフィジー、

ツバル、パプワニューギニア、カナダ、ジャマイカ、

バハマ、セントルシア、ソロモン諸島、バルバドス・・・

まだまだあると思います。

それに、元々はアメリカも開拓地ですよね。

世界を凌駕した大英帝国おそろしや・・・。


開会式があまりにもよかったので、

録画したものをまた観てしまいました。


今、柔道の試合が放送されています。

「柔道」が「JYUDO」というスポーツになって久しいです。

帯をわざとゆるく結んだり、姑息な手段を連発したり、

なんだかつまらないな~と思っていたところ、

平岡選手の目の覚めるような一本が出ました!

さすがです。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2012/07/27 (Fri) さし歯倫敦。


仕事帰りに歯医者へ行ってきました。

きれいで清潔感のある建物だし、

スタッフさんも感じがいいのでお気に入りの歯医者です。

おとといは定期検診を兼ねて、

下の歯の歯石を取ってもらいました。

虫歯はなかったので、

今日の歯石取りで終了となります。

歯石取りが苦手な人が多いですが、

わたしはかなり好きです。

前歯はちょっと痛いけど、奥歯はイタキモでいい感じです。

血もあまり出ません。

そんな感じなので、今日もわくわくしながら歯医者へ向かったのですが、

まさかの激痛。

刺青よりも痛いとされる15年前の永久脱毛にも耐えた、

鋼の精神と根性を持ったこのわたしが泣きそうになった。

痛い時は手を挙げてって言われていましたが、

「負けてたまるか」と無駄に意地を張り続けました。

こんなに痛いのは初めて歯石を取って以来でしたが、

よほど深いところまで歯石がたまっていたのでしょうね。

半年でけっこうたまるんですね。

で、家に帰って、夕ご飯のサムゲタンスープを食べていたら、

さし歯が取れた。

キャラメルなら分かるけど、なぜスープで・・・?

歯石取りが原因かなー?と思いましたが、

あれって超音波で歯石を破壊してるんでしたっけ?

ガリガリ削っているわけでもなさそうなので、

たまたまそういうタイミングで取れちゃったのかなぁ。

犬歯の奥だから目立ちませんが、

また歯医者に行くのか・・・。


話は変わって、夜が明けたらオリンピック開幕ですね。

早起きして開会式を見るのが楽しみです^^

昨夜、男子サッカーを見ていて、

途中で髪を乾かしにテレビの前から離れたのですが、

戻ったら一点入っていました。

・・・タイミングが悪すぎる・・・(笑)


☆拍手お返事です、と行きたいところですが、

マウスの電池が切れますた(泣)

一応、ペン型マウスがあるのですが、

ものすごく使いづらくて、

みなさんのコメントを見ながらのお返事が書けません;;

明日、電池を換えてお返事しますね。

コメント、ありがとうございます。

そして、このブログを見てくださっている人が、

一体どれだけの数なのか分かりませんが、

いつも訪問してくださって、ありがとうございます。

今日の出来事 |


2012/07/26 (Thu) 被害者の泣き寝入り。


も~、今夜は熱く語らせてください。

ただでさえ暑いのに、

これ以上暑くはなりたくないんですがw

「いじめ事件」についてです。

知れば知るほど痛ましい事件です。

被害者の生徒がされていたことが、あまりにも酷すぎる。

彼は一体、なんのために生まれて死んでいったのでしょうか。

今、ネットでかなり熱い論争を巻き起こしていますが、

彼は命を賭けて、

皆に問題提起を投げかけたのでは・・・と思わずにはいられません。

これはほんの氷山の一角で、

まだまだこの類の酷いいじめが存在しているでしょう。


そして加害者サイド。

親子そろって被害者サイドに謝りに行ったのでしょうか。

あくまで噂レベルなのですが、

自殺翌日も加害者たちは平然としていた、とか、

「子供の名前を晒されたら、今度はうちの子が自殺するかもしれない」

と、加害者の親が訴えている、とか、

まったく罪の意識がないように思えます。

じゃあ名前を晒されたら困るようなことするなよって言いたくなりますよね。

しかも、加害者はまだ未成年なので、

少年法で守られています。

それに、プライバシーうんぬんでも守られています。

ダブルバリア状態です。

他の生徒の証言をも丸め込んで、

学校も教育委員会も必死に隠そうとしています。

徐々に明るみにはなってきていますが、

まだまだ隠していることは山ほどあると思います。

隠そうとすればするほど、みんな真実を知りたがりますよね。

今はネット社会なので、加害者情報を晒したり、

学校や教育委員会を叩いたりしています。

すると、プライバシーだのなんだので、

そういうのに詳しい専門家がネット叩きを批判します。

昨日のヤフーコラムでも、専門家が、

実名晒しの問題点を指摘していました。


いろんな意見があるかもしれませんが、

そこまでして加害者を守る必要はあるのでしょうか?

確かにまだ子供で、更生の余地はあるかもしれませんが、

わたしには彼らが更生するとは思えないのです。

あれだけ酷いことを長期に渡ってやりつづけ、

自殺をきっかけに猛省して償い、社会に貢献する・・・

とは思えないな!


それに、こういう論争をするよりももっと、

どうやったらいじめをなくせるかを、

みんなで考えたほうがいいと思います。

なんかもう世間は「いじめはあって当たり前」な風潮になってます。

子供が産まれたらいじめられない名前にしよう、とか、

標的にされないための処世術、とか。

ええい!ちがうちがう!

そういうのじゃないんだ!

そしておちつけわたし(笑)


ケンカや、ちょっとした誤解がきっかけで、

軋轢が生じるのは仕方ないし、

そういうのをまったく無くせるとは思えません。

人の感情は人の数だけあるもの。

意見がぶつかるも多々あるでしょう。

でも、

犯罪レベルの酷すぎるいじめは無くせると思うのです。

自分がされたら嫌なことを人にもやってはいけないのだとか、

この一線は超えてはならない、だとか、

大人たちがうまく子供たちに伝えられたらなぁと思います。

過激なゲームやマンガが子供に悪い影響を与えるとか言う大人がいますが、

わたしもそういう文化は見てきたけれど、

それを生活に取り入れようとかは思ったこと、ありません。


でも、先日テレビ番組でちょっとコワイことを知りました。

世の中には、人を傷つけても平気な人とか、

傷つけることを楽しく感じる人がいるのだそうです。

それ系の人ならではの脳の仕組みがそうさせていると言っていました。

ああ、だから信じられないような事件が起きるんだ、と納得しました。


話があっち飛び、こっち飛びで申し訳ないのですが、

学校が辛くなったら、思い切って休んでいいと思います。

わたしは詳しくはありませんが、

フリースクールとか通信教育という手もあると思います。

「弱虫」とか言う人たちもいますが、

命を奪われては本末転倒です。

被害者の彼は、どうして学校へ行っていたのだろう?

どうにかならなかったのだろうか・・・と思ってしまいます。

でも、自宅にも加害者たちが乗り込んでいじめていたみたいですね。

もう引っ越ししかないですよね・・・。

そんなに酷いことになってるのに、学校や教育委員会の、

「いじめは認識できなかった」は、アホかと思いますが。


論点が一点に定まっておらず、

あんたは一体なにが言いたいんだと突っ込まれそうですが、

わたしが思っていることは、まあ、こんなところです。


☆拍手お返事です↓

思想 |


2012/07/25 (Wed) 無気力状態。


先週の月曜からずっと35℃超えの猛暑です。

全国ネットの猛暑ニュースで、

気温トップ5の常連とかもうね;;

ちょっと外に出ただけでサンビームに肌がやられそうです。

ほんとうに暑い!!

駅から職場まで歩くだけで汗だくで、

それから仕事とか、やる気が出ないです。

通勤のときだけしか着ないカーディガンも汗くさいし><

今日は平日休みだったのですが、

いつもどおり早朝にネコに叩き起こされました。

午前中は歯医者の予約をしていたので、

家事が終わったら支度しなくちゃと思っていたのですが、

いつの間にか居間でうたたねしていました。

目が覚めても起き上がる気力がない。

眠い、だるい、なんにもしたくな~~い;;

わたしは20年以上エアコンのない生活をしていたので、

クーラーの冷気に弱いのです。

でも暑さにも弱いからどうしようもない。

早く涼しくなってほしいのですが、

ここ10年くらい、お盆過ぎても全然涼しくなりませんよね。

以前はお盆があけたら朝晩は涼しくなっていましたけど。

暑いと草の伸びもハンパないです。

ヘンな虫も寄ってきてる・・・。

こわくて庭を見ることができないw

今から夕ご飯を作らないといけないけど、

作る気がしない・・・。

若い時は夏が一番好きだったのですが、

今はすっかり秋が一番好きになりました。

これもネンレイってやつだろうか・・・。


不満垂れ流しの日記で申し訳ないです。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2012/07/24 (Tue) 東京。


もし行けたら、なんですけど、

9月に東京旅行を思案中です。

メガネが「またゲームショーに行きたい」んだって・・・。

去年の9月、メガネは仕事で東京へ出張しました。

仕事っていっても、取引先の人たちと、

業界の展示会見学&はとバス観光だったんですけどね。

配偶者同伴OKだったので、わたしも行きたかったんですけど、

配偶者は自腹だし、秋の山陰旅行が決まっていたので、

わたしは行けませんでした。

ヤングなメガネが微妙だったと評していた浅草の寄席。

わたしこそが行きたかった・・・!


メガネが行きたがっているゲームショーなんですけど、

ちょうど幕張で開催されていた時期だったので、

自由時間に一人で電車で向かったのだそうです。

メガネはゲームオタクではないのですが、

予想外に楽しかったらしく、また行ってみたい!と。

一緒に行こうって言われたけど、

どうせ行くんならわたしはディズニーに行きたいし、

その前に下水道工事も予約してるし;;

旅って、あれこれ考えてたらなかなか実行出来ないじゃないですか。

えいや!って行かないと。

だから今回も「えいや!」って行きたいんですけど、

ちょっと難しいかも、です。

宿泊は社員割で泊まれるあてがあるからいいものの、

二人分の東京往復の交通費ウン万が痛いです。

ネコもわたしの実家に面倒を見てもらわないといけないし。

それに、これはどうしたもんかと思うのですが、

どんなに楽しみな計画でも、

予定が近づくと急に不安になって眠れないんですよ。

行きたくない、家にいたいって思うんですよ。

昔はこんなことなかったのに、

ウツってほんと厄介な病気ですよね><


格安で行ける飛行機もあるけど、

なかなかチケットが取れないって職場の人が言っていました。

それに、格安系って、ターミナルがマニアックだったりするので、

年に一度飛行機に乗るか乗らないかの身としては、

初心者に易しい大手航空会社が安心なのです。


行きたい、けどどうしよう。

三鷹方面にも行ってみたいし、

一度はアキバへ行ってみたい・・・。

何度も繰り返しますが下水道工事が憎い!

それに財布なんて買ってる場合じゃなかった(笑)

思想 |


2012/07/23 (Mon) 祭り。


さっきまでオールスターを見ていました。

西武の岸がイケメンすぎて困る・・・。

年に一度のお祭りに、

選手たちの楽しそうな笑顔、いいですね。


祭りといえば・・・

ヤンキーってどうしてお祭りが好きなのかなー?

全国的にはどうか分かりませんが、

こっちのヤンキーは、わりとお祭りが好きなようです。

昔、ヤンキー彼氏に、やたら祭りに行かされていた気がw

彼は携帯で「祭り行かん?」と仲間を集めて、

わたしは二人でデートのつもりが、

彼が呼んだ知らない人まで大勢集まって、

しょっちゅうワケがわかんないことになっていました。

基本的には、ヤンキーは寂しがり屋さんなので、

人がたくさん集まるにぎやかな場所が好きなのでしょうね。

ヤンキーはちょっと性格が悪い人が多い感じがしますが、

仲間にはすっごく親切です。

そしてなぜか深夜のゲーセンに集まりたがります。

男女関係なくキャッキャ盛り上がって、

毎晩お祭りさわぎですよ。

ヲタな上にテンションの低いわたしは、

その様子を一歩引いて見ていました。

そのたんびに「きょこちゃん元気~?」と、

目の前で手をヒラヒラして声を掛けられるのですが、

決して「あんたらについて行けないんだよ」とは言えませんでした。


ヤンキーの進化系、893屋さんも、

相当な祭り好きでした。

昔住んでいた県営団地は、

なぜか893屋さんのシマでして(なんでだろう・・・)

団地の夏祭りはその人たちが必ず仕切って、

飾りつけとか、ものっすごく張り切っておられました。

それはいいんだけど、

小学校のPTA集会に、何かに対して不服を持って

毎回怒鳴り込んでくるのはいただけなかったです・・・。

名物でした。

というか、どんな地域だ。


このあたりでも、ぼちぼちと夏祭りが開催されています。

行きたいんだけど、夜は一人でいることが多いので、

行けないことが多いですね。

なんどか近所の大きなお祭りに一人で行ってみたけど、

祭りに一人で乗り込む虚しさといったら・・・。

思想 |


2012/07/22 (Sun) 時間割表。


実家に置いたままの「思いでダンボール」を整理していたら、

こんなものが出てきました。

じかんわり

高校の時間割表。

よく残っていたなー。

じかんわり2


じかんわり3

実業科には、ほぼ五教科がありません。

英語も一種類だけ。

しかも中学レベルのぺらっぺらテキスト。

普通科の子たちがリーダーだのグラマーだの言ってたのに、

ちょっと憧れもありました。

地理や日本史も習っていません。


選択科目は二つ。

国語表現or計算事務。

音楽or美術or書道。

わたしは計事と書道を選択していました。

美術は好きなのに、美術を選択してなかったのはなぜだろう?

美術部にも入ったことがないし・・・。

計算も大嫌いなのになぜ・・・。

当時のわたしは、あえて「いばらの道」を選択していたとみた。

「総合実践」というのは、

商業棟の特別室で、隣のクラスとの合同授業。

物産、商事、メーカー、ユーザー、

そして市場管理の5グループに分かれて、

仮想物流みたいなことをしました。

会社と同じで出勤簿もあるし、手形や小切手もあります。

株もやっていました。

「こども銀行ごっこ」の高校生バージョン?(笑)


「情報処理Ⅰ」というのは、

今はもう古くてアレなんですけど、

表計算ソフト「ロータス123」を使ったPC授業。

わたしが一番苦手だったのはプログラムを組む「ベーシック」。

ついていけなかったです;;


「OA事務」は、これも古いんですけど、

「一太郎」を使っての文書作成。


このほかに1、2年では、

マーケティングや工業簿記を習いました。

古典や政治経済、ダンスも一応。

まだほかに商業的な授業があったけど、忘れたw


課外の「就国」とは「就職国語」のことです。

採用試験用の国語の授業です。


普通科卒業のメガネにこの時間割を見せたら、

「なんだこれ」とビックリされました。

弟たちも実業科だったし、

普通科の授業には全く縁のない一家でした(涙)

今日の出来事 |


2012/07/21 (Sat) 故郷凱旋。


どうしても故郷のことが気になって、

今朝、一人で車を走らせてきました。

救援活動の邪魔にならないように、抜け道を使って。

道中、川によって破壊された結婚式場を目にしました。

ニュースで何度も取り上げられ、

このあたりでは話題になった場所です。

車を停めて撮影するのがはばかられたので、

報道写真をお借りして載せることにしました。

やべがわじょう

このまんまの状態でした。

左側にあったはずのチャペルが跡形もなく消えていました。

氾濫したY川は、今も茶色い濁流が渦巻いています。

それと並行した道を進んでいくと、

あちらこちらで土砂崩れが起きており、

片側通行になっていました。

土砂崩れっていうより、盛った土の山に、

大木をでらために挿しているような感じでしょうか。

国道沿いのガードレールには未だ、

上流から流されてきた木々などが大量に巻き付いたままです。

わたしが通っていた中学校が見えはじめたころ、

国道は通行止めになっていて、迂回しなければなりませんでした。

ここは、二つの川の合流ポイントです。

Y川の支流・K川が氾濫して、橋の欄干は破壊。

支流が運んできた土石流に埋もれていました。

その支流沿いの、山奥の集落は死者もでています。

ニュースや伝聞によると、相当酷いことになっています。

その地区へは、わたしはいろんな意味で行ってはいけないと思いました。

その後、国道へ戻り、今度は通っていた小学校区へ。

するとここでも通行止めにより、迂回を促されました。

迂回道路は、小学校のマラソンコースでした。

本当に久しぶりでなつかしかったのですが、

杉の木が根こそぎ茶畑に滑り落ちてきていたり、

山からの土砂があちらこちらにたまっていました。

元々狭い道が、崩落でさらに狭くなっており、

対向車と離合するときは本当に怖かったです。

少しまちがえればタイヤは道からそれて、

Y川にまっ逆さま!

車がガクンと揺れたときは、

「落ちた、しんだ」と思いました。

その道と並行して走る国道。

小学校が見えます。

その小学校の下を通る国道が陥没しているのが見えました。

陥没して、完全破壊です。

通行止めになるはずです。

迂回後、国道へ戻り、さらに進んでいくと、

わたしが昔住んでいた集落が見えてきました。

このあたりは目だった被害はなかったけど、

Y川をはさんだ向かいの山が崩落していました。


はる

わたしが昔住んでいた家の真上にある、

お寺の境内より撮影。

見えにくいですが土砂崩れがおきています。

それの左にある住宅は、わたしの初恋の人の実家です。

大人になって告ったら振られました。

なので同窓会には行けないのです。

言わなければよかった。


ついでなので、祖父母が入っている納骨堂へお参りに。

その後、例の「山が落ちてきた山」へ行きたかったのですが、

車で一人で行くには大変危険な気がしたので断念しました。

山小屋までは国道から5、6kmくらいはあると思います。


故郷をあとにし、元来た道とは違う、国道ルートを戻りました。

支援の車とは逆流するかたちになるので、

邪魔にはならないと判断したからです。

故郷を抜けるトンネルに掲げられている看板。


ゆべた

今これを見るとせつなくなってくる・・・。

また行くけんね~;;


国道を道なりに進むと、

Y川のもうひとつの支流・H川が氾濫した地区を通ります。

ここは、郡部の市町村の分かれ道ポイントとなっており、

大渋滞が起きていました。

ここはお祭りの時期にはよく渋滞していました。

ようやく三叉路をぬけ、H川が見えてきました。

さすがに「とくダネ!」のリポーターが来ていただけあって、

ものすごいことになっていました。

この地区はあまりにも水位があがったので、

救助はヘリで行われました。

二つの支流が大氾濫したせいで、

本流のY川が川下で決壊したのもうなずけます。

H川沿いの、山奥の町と村では死者も出ています。

ライフラインも寸断。

この町村へ向かう県道は崩れ落ちて川へ流されています。

よって、林道を迂回しなければ行き来できません。

ヘリも乗車人数が限られているので、

ほとんどの人が林道を歩いて山を下りたそうです。

ざっと30km以上はあると思います。


しばらく車を走らせると、

すっかり普段の街並みになっていました。

Y川はこのあたりでいったん市街地から離れるからです。


記録用としてカメラを持って行ったんです。

でも、撮る気にはなれませんでした。

わざわざ路肩に車を停めて、

走り寄ってカメラを構える気にはなれなかったなぁ。

それに、自分ひとりで運転して行ったので、

被害状況もほとんどがチラ見程度です。


昨日、総理が現地に来て、視察を行っていました。

一日も早く、復旧・復興することを願います。


長い文章をここまで読んでいただき、ありがとうございました。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2012/07/20 (Fri) アイアイ。



タイトル、すみません・・・。

眼科に行ってきたもので(寒)

一昨日から右目の下まぶたが赤く腫れて、

痛いし痒かったのです。

左にくらべて右は視力が弱いのですが、

さらに弱くなってしまい、

昨日はひさびさにメガネを掛けて仕事をしました。

わたしは「放っておけば治るやろ派」なので(どんな派)、

病院に行く気はさらさらなかったのですが、

あまりにもみんなが行け行けと言うので、

今日の平日休みを利用して行ってきました。

ついでに面倒な予定を全部片付けてしまおうってことで、

ガソリンスタンド、眼科、銀行などを順番で回ることに。

その目的地が皮肉なことに自宅から放射線状に。

導線がバラバラなので、どこを先に回ろうと悩みましたが、

一番最初にガソリンスタンドへ行きました。

次は眼科。

わたしは眼科にお世話になったことがないので、

どの病院がいいのかわかりません。

たしか国道沿いにあったよね~?と車を走らせ、

深く考えずに突撃しましたところ、

待合室に人だかり。

す、座るところがない・・・。

しかも、じいばあ率高し。

行きつけの内科と皮膚科は30分で終了するので、

この混みようには正直驚きました。

受付して、しばらくしたらまた受付に呼ばれて簡易問診。

そしてかなり待たされて視力検査。

奥の検査の部屋に入ると、

うっ・・・・!!

ここにも椅子がいっぱい人いっぱい。

検査が終わるとそこの待合椅子で待って、

呼ばれたら診察室へ入れるのですが、

わたしよりもずっと前に待っている人たちが動かない・・・

ってことは、相当待つってことだね?

看護師さんや受付スタッフの動きはそれはそれは機敏なもので、

それでもはけないだなんて、どんだけ人気店なんだよ(店って)。

結局わたしが診察室に入ったのが受付から二時間後。

予想通り「ものもらい」でした。

しかも診察はわずか2、3分。

人生ってこういうもんだよね。


みんな待ち時間が長いので、

自然と「診察→トイレ」というルートになっていましたw

飲み薬と点眼薬と診察料で¥3,410でした。

建前・・・大きな病気じゃなくてよかった。

本音・・・お金と時間が勿体なかった。


病院を出て、さあぼやぼやしていられません。

次は銀行。

銀行は三時までだよ!

遠いし渋滞に巻き込まれましたがなんとか間に合いました。

まさか眼科でこんなに時間を取られるとは・・・。

来週も診察に行かないといけないんですけど、

また並ぶのか・・・。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2012/07/19 (Thu) 足かけ6年。


ねんがんの雇用保険をてにいれたぞー。

やっと雇用保険に加入させてもらいました。

嬉しい反面、今更感も拭えません。

それに、まだ未加入の人がたくさんいるので、

職場ではオフレコ状態です。


きっかけはロッカールームの雑談ですよ。

それに偶然巻き込まれて、

「えー?!きょこさん入れてもらってないの?」

「絶対言ったほうがいいよ!しつこく言い続けなよ!」

と背中を押してもらったから今がある。


本当によかったです。

これがあるのとないのじゃ、

全然違いますからね。

今日の出来事 |


2012/07/18 (Wed) 惜しい女。


街や駅を歩いていると、

残念な女性をたまに見かけます。

それは「ガニ股」!

どんなに美人でお洒落でも、

ガニ股だとすべてが一気に崩れます・・・。

病気など、どうしようもない状態なら仕方ないけど、

癖でガニ股になっているのであれば、

それはぜひ直してほしいです。

最近よく見かけるのですよ、美人ガニ股を。

つま先をまっすぐ出して、

一本のラインの上を歩くように意識するだけで全然違うと思います。

そんなわたしも、ふいに鏡を見ると、

落ちたマスカラが頬についていることがよくありますがw


☆拍手お返事です↓

思想 |


2012/07/17 (Tue) 山が山で。



災害の詳細が次々と明るみになってきました。

テレビのニュースでの情報もですが、

伝聞で「どこどこの地区がこうだった」とか。

わたしの実家は山を一つ持っていたのですが、

諸事情で父方の叔父名義になっています。

叔父情報によると、

山道に、大規模な土砂崩れが起きているもよう。

「山に山が一つ落ちてきた」って言ってました、

って、どんな状態だ。

それだけ凄かったってことでしょうね。


ニュース映像を見ていると鬱になる・・・。

夏バテなのかなんなのか、めずらしく食欲がありません。

山の友達の様子を見に行こうと思っていたら、

大渋滞でなかなか先へ進めないんだそうです。

復旧とかボランティアの車にマスコミの車。

それに普段使っている人でしょ?

さらに、迂回する人たち。

週末様子を見に行けたらいいな。


もう全国ネットは猛暑や原発のニュースに移行してますね。

辺鄙な地方の扱いって、まあ、こういうもんか。

こっちが猛暑で関東圏が災害だったらずっと災害やってそう。


とにかく猛烈な暑さですね。

みなさん熱中症には気をつけてくださいね。

草むしりに夢中になって熱中症になる人の気持ち、

すごく分かる。

今日の出来事 |


2012/07/16 (Mon) 海の日だった。


三連休も今日でおしまい。

明日から通常業務です。

また先ほどからどしゃ降りになりました。

本当によく降ります。

わたしの故郷の山は道路が寸断されて、

孤立状態になっている集落があります。

今朝は「とくダネ!」のカメラが駆けつけていたので、

こんな地方のマイナーな山奥にも一応来るんだな~と、

感心しました。

おとといの夜のニュースで、

母校の中学校付近がテレビに映し出されましたが、

国道が流木だらけで車が通れなくなっていました。

わたしとしてはこれが一番のショック事項なのですが、

それっきり映像が流れることはありませんでした。

こういうニュースって、同じところばかり流すもんねー。


そんなこんなであっという間に三連休が過ぎて行きました。

すっかり忘れていたのですが、

昨日7月15日は、博多祇園山笠のフィナーレだったんですよ。

朝テレビをなんとなくつけたら中継やってて、

「あー!!そうだったーー!!><」

もう最後の山がゴールしている場面でした・・・。

いつも早起きして見ていたのに、残念です。


あーもう、明日仕事に行きたくないなぁ。

なんだろう、この倦怠感は・・・。

でも明日はきっと災害の話題で持ちきりです。

相棒さんとか他のパート仲間から状況を聞かれそうです。

一番やばい地域に住んでいるのはわたしだけなので。

うちより北の地域は被害が少ないんですよね。

うっ、

カミナリが鳴り出しました。

この辺で。

今日の出来事 |


2012/07/16 (Mon) マイベスト。


暗い日記が続いたので、

気分を上げるために楽しい記事を。

「わたしが作るとしたらコレだ

安室奈美恵ベスト13曲

(ちょっと迷惑な解説付き)」。

自分だけがウキウキする企画ですみません。

発売順に並べていきます。


① 太陽のSEASON(1995年)

「TRYME~私を信じて~」からファンになり、

次のシングルのこの曲でやられました。

当時、カラオケではよく歌っていました。

ダンスの振り付けがすごくカッコイイのです。


② You're my sunshine(1997年)

小室プロデュース時代の曲。

夏らしくて、聞くと元気になります。

「思春期は控えめな私だったけど、

大人になった今はこの夏を超満喫して、

ハッピーな恋をゲットするわよ」的な歌(←?)


③ LOOKING FOR YOU(2000年)

アルバム「break the rules」に収録。

このアルバムは小室とダラスのWプロデュースなのですが、

てっきりダラス曲かと思ったら意外や意外、小室曲でした。

小室にはめずらしい全英詞の洋楽チックな曲です。

個人的には「蒸し暑い雨上がりのL.Aの夜」なイメージ(どんなだ)。


④ Say the word(2001年)

小室プロデュースから離れた後の第一弾シングル。

初めて自身で作詞を手掛けています。

発売時、わたしはとても辛い失恋のど真ん中で、

この歌に、とても励まされました。

ミディアムテンポな曲で、Aメロの控えめな歌唱が好きです。


⑤ shine more(2003年)

「アムロが変な曲歌いだした」と、

従来のファンから落ち目扱いされた時期のシングル。

JPOPから今の路線に変更した初期の曲で、

大衆ウケはしませんが、じわじわくるカッコイイ曲です。

サビよりAメロ~Bメロが好きです。


⑥ ALL FOR YOU(2004年)

辛口テイストのシングルが続いた後に出た、

久しぶりのバラードシングル。

バラードではこれが一番好きです。

自前小説のイメージソングに、

脳内で勝手に起用していました(痛い&アホ)


⑦ I Wanna Show You My Love(2005年)

アルバム「Queen of Hip-Pop」に収録。

早口で辛口でマニアックな曲で、

カラオケでは絶対にまともに歌えません。

でもこのアルバムの中では一番好きな曲です。

キラキラだけどトゲトゲした雰囲気(意味不明)


⑧ FUNKY TOWN(2007年)

これぞ安室奈美恵なダンスチューンシングル。

ファンキーなタウン(?)を舞台に、

アバンチュールを愉しむ男女を軽快に歌った曲。

ミュージックビデオがものっすごくカッコイイです。

巻き髪と黒のフリフリミニスカートとダンスがもう!

イヤフォンで聞くと面白い仕掛けがあるんですよ。


⑨ it's all about you(2007年)

アルバム「PLAY」に収録されたアップテンポな曲。

この曲からFUNKY TOWNの流れが気に入っています。

新しいのだけど、どこか懐かしさも感じるメロディラインがあり、

それでいて全体的に電車が脱線しそうな不安定なノリです。

この曲を作った人はGood-jobだな~とつくづく思います。



⑩ What A Feeling(2008年)

プレミアムヴィダルサスーンとのコラボ企画のシングル。

’80の映画「フラッシュダンス」の主題歌・

アイリーン・キャラの「What A Feeling」を、

大胆にアレンジしたカバー曲。

小学生の頃この曲が大好きでよくデタラメな歌詞で歌っていました。

アムロちゃんがカバーすると聞いたとき「よっしゃ!」と思いました。

ミュージックビデオがかっこよすぎてしびれます。

通勤中、この曲を聞くと「がんばろう」という気になれます。


⑪ FAST CAR(2009年)

アルバム「PAST<FUTURE」収録曲。

アルバム一曲目なのですが、イントロで心を鷲掴みにされました。

その名の通り、車に撥ねられそうなスピード感があります。

ミュージックビデオでは、ロココ調の豪奢な衣装に身を包み、

いつものノリで踊る様子はさすがとしか言いようがありません。


⑫ MY LOVE(2009年)

同じく「PAST<FUTURE」に収録。

初めてCMでこの曲を聞いた瞬間好きになりました。

歌詞は男女の恋愛を綴った「あっま~い」内容なのに、

少しそっけないスペーシーなアレンジとのギャップがいいです。

車の中ではヘビーローテーション要員です。


⑬ Go Round(2012年)

エレクトリカル路線の最新シングル。

Aメロ~Bメロはマイナー進行なのですが、

サビで「あらー!」と空が晴れたかのように転調します。

わたしの中ではサビでは虹も出ています(←?)

ミュージックビデオのカッコかわいさは反則です。

ミディアムボブのウィッグを被ったアムロちゃんと、

サビの振り付けにハートがズキュン☆で大変困ります。



これにてベスト13の紹介を終わります。

この記事についての拍手コメはどうかスルーでお願いします(笑)



☆拍手コメントです↓

趣味 |


2012/07/15 (Sun) 濁流の爪痕。


晴れた。

まさか快晴になるとは思ってもみませんでした。

昨日のアレが、ほんと、ウソのよう。

早朝からさっそく召集がかかりました。

叔父の家の片づけです。

叔父の家は、氾濫した川を渡った向こう側。

車でいつもの道路を走っていたら、

橋の手前で通行止めになっていました。

あとで聞いた話ですが、

そのあたりは家屋が流されてしまったのだそうです。

迂回して、ゆっくりと車を走らせました。

う~ん、

すごい。

木のクズみたいなのが道路のあちこちに固まっていて、

「ここまで水がきたんだな」って分かりました。

川に架かる大きな橋を渡るときに、

信じられないほどの流木が引っかかっているのが見えました。

見物人も大勢いました。

叔父の家付近も例にもれず水が引いた痕跡が。

このあたりの集落は、田んぼにポツリポツリと家があるので、

他の家がどうなっているのかすぐには分かりません。

運転しながら思いました。

・・・おかしいぞ。

どの家も掃除をやっている風情じゃない。

でも、道は泥で白くなっていて、

田畑の農作物がなぎ倒されている。

そして叔父の家もフローリングが水でふやけて剥がれたり、

ガレージに泥が上がって物が散乱。

掃除をしていると、道行く人たちがジロジロ見ていきます。

みんなやってるんじゃないの~?と思ったら、

様子を見に来た自治会長のおっちゃん、

「床上はお前んとこだけ」

なん・・・だと?

このあたりは昔から水害に悩まされてきて、

何度もこうやって後片付けに駆り出されました。

そのたびにリフォーム。

家の基礎はそのまま。

でも他のお家は基礎からやり直して家を高くしていました。

20年前に水路が整備されてから水害がなくなったので、

叔父の家は油断していたのです。


なんというか・・・

こうもぐちゃぐちゃになると、

どこから手を付けていいか分かりません。

とにかく泥を外にだそうと、弟と水を撒いていたら、

叔父とわたしの母がなにやら話し込んでいます。

わたし「なんしよっとー?」

母「もう家壊して新築することにしたって^^」

は?

片付けるのもめんどくさいし、またどうせ水に浸かるだろうから、

家をぶっ壊してまた建てることに決定していました。

おっちゃん、あんた、

去年は仏間をリフォームしたじゃん、外壁も塗ったじゃん。

ふりかえると家が一軒建つくらいのお金使ってたじゃん!

昔から不思議だったんだけど、

リフォームを繰り返した中途半端な風情の家に住んだ、

大衆食堂が似合いすぎるおっちゃんたちの一体どこに、

そんな膨大な金が。

というわけで、

しばらく寝泊りできるスペースのみを掃除したあと、

わたしの車に5人乗って、家を見学に行きました。

梅雨があけたら大工さんに見積もりをだしてもらい、

決まったら片づけを手伝ってほしいとのことでした。

このお家は浸水以前からガラクタがいっぱい。

捨てるのが大好きなわたしと弟は、

「呼んで呼んでー!なんでも捨てちゃるけん!」

そして母が部屋の間取りのアイディアを出していました。

まるで予測出来なかったこの流れww

叔父は三人いるのですが、

精神的な病気とかいろんな事情で全員未婚の独身。

お嫁さんもどうせこないよねってことで、

三人で暮らす小さな家を建てるのだそうです。

夢があるのかないのか・・・よくわからないんだぜ。


うちの場合はこんな感じですが、

他の地域はすごく大変なことになっています。

早く梅雨があけていつもの生活が戻りますように。

今日の出来事 |


2012/07/14 (Sat) 続報その2。


大雨の続報その2です。

午後から雨が上がったので、

買い物がてら、付近の様子を見て回りました。

例の川付近は、一面茶色の水で近づけず。

川の様子を見ることは出来ませんでした。

すぐそばの新幹線の駅も浸水していました。

あちこちで通行止め規制がされていたので、

詳しい様子は分かりませんでした。

帰ってからテレビをつけると、

その川の堤防が決壊していました。

川の水がどんどん住宅街へ・・・。

今も流れ込んでいるようで、

いたたまれない気持ちになりました;;

かなりの範囲で床上浸水しているもよう。

話は戻りますが、

買い物をしようとスーパーへ向かったのですが、

国道が閉鎖されて迂回しなければなりませんでした。

街の中心を流れる小規模な川が氾濫して、

国道が冠水していたのです。

川は、もう、黒に近い茶色で、

ものっすごい勢いで流れていました。

それに沿った形で作られた公園も冠水していました。


雨があがって数時間が経ちました。

電車もぼちぼち動き始めたようです。

もうこれで終わり・・・?

でも、気温が下がると雨が降りやすくなるので、

また夜から降り始めるかも。


大震災に比べたら小さいものだけど、

自分の住んでいるところがこうなると、気持ちが沈みます。

特に、氾濫して堤防が決壊した川は、

子供のころよく泳いでいた川なので、

なんともいえない気持ちに。

ふーっ。

今日の出来事 |


2012/07/14 (Sat) 続報。


大雨の続報です。

けっこう大変なことになっています。

お隣さん情報によると、

家にいたほうが安全とのことで、自宅待機中です。

例の川が氾濫してしまい、

近辺の集落が床上浸水しています。

わたしの叔父の家(母の実家)も床上浸水しました。

隣の市では停電もおきています。

一時間に210ミリも降ればこうなるのは当たり前ですね。

日が差してきて「もう雨があがったかな?」

と思った瞬間に、急に降ったりします。


そんな状況です。

今日の出来事 |


2012/07/14 (Sat) 避難勧告。


ついに避難勧告が出ましたー!

ブログを更新している場合じゃないけど。

うちは川から離れている場所にありますが、

この市と隣市の間を流れる川が氾濫しそうです。

山に住む友達のところも避難勧告が出たってメールがきました。

今も猛烈に降ってます。

ネコもいるし、避難所に行くか迷います。

外に出るのもこわいです。

最新情報によると、川、

あと2メートルで決壊するもよう。

山に住んでいた時、この川がすぐ近くを流れていたけど、

まさかこんなに増水する日がこようとは・・・。

今日から三連休だから、

旅行の計画を立てていた人、たくさんいたことでしょうね。

山の友達も家族旅行が中止になったそうです。

わたしは特に計画は立てていなかったけど。

なに書いたらいいかわかんないな。

とにかく着替えてお化粧します。

今日の出来事 |


2012/07/13 (Fri) 雨の土壌。


もう雨はおなかいっぱい。


雨雲さんたちの働きには驚かされっぱなしです。

今朝も朝からどしゃ降り。

車のワイパーがまったく追いつかない。

ほぼ勘で運転。

電車も予想通りダイヤが乱れていました。

やっと来たと思ったら徐行運転です。

途中で大分からの列車と並走になったのですが、

大分の2両ディーゼルに抜かれるとは心外。

昼間も雨が弱まる気配がまったくありませんでした。

外から帰ってきた人は、

「道路が川になっていた」と興奮気味です。

なんとか仕事先から帰ってきて、

今こうして無事に更新できていますが、

なんかもう、連日の悪天候ですごく疲れました。

うちの裏の用水路ですが、

水かさが増して宅地にあふれ出ていたようです。

立ち入り禁止になっています。

様子を見に行くと、泥が道路に上がっていました。

用水路と我が家との間に家が二軒あるので、

直接の被害はなかったけど、

用水路のそばのお宅は気が気じゃなかったでしょうね。


二日前は熊本と大分が大変な被害に遭っていますが、

今日は佐賀が一番の被害だったようです。

わたしの市は山も大きな川もないし、

海も遠いので災害は比較的少ないです。

今回もニュースになるほどの被害はなかったけど、

また明日も大雨警報が出ているので安心はできません。


話は戻りますが、悪天候時の出勤は、

行き来するだけで物凄く疲れます。

雨の中、買い物のために車を乗り降りするのも面倒。

本当は駅から直帰して床にゴロンと寝たかった。

なんでこんな日に限って米が無くなるのだ。

5キロの米と夕食の食材を抱えて帰宅すると、

さっそくネコが買い物袋に入っておイタ。

ああ、もう、ああっ。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2012/07/12 (Thu) 恐怖体験はお好き?


夏と言えば「心霊特集」ですね。

わたしは怖がりなので、この手の話はダメです。

でも、興味はあるのです。

怖がりの見たがり。

一番タチの悪いパターンですね。

わたしが小学生のころは、

心霊写真特集の雑誌とか、

「あなたの知らない世界」とか流行っていました。

怖がりなくせに、つい見てしまうので、

夜中にトイレに行けなくて困ったものです。


科学的には証明されてはいませんが、

知らない人のお墓に近づくことは、

本当に、マジで、やめたほうがいいです。

わたしの周囲の人々が、

もうそれしか原因がないやろと言えるほど、

それで体調を崩したり怖い目に遭っているからです。


わたしは小さいころ、

田んぼにポツンと建っているお墓が好きで、

よくお花を供えたりしていました。

まあ変わった子供ですね。

よかれと思ってやっていたけど、

よくなかったんだろうなぁ。


それと、

10代後半から20代前半のころ、

心霊スポットに夜行ってみるってことが流行ったのです。

わたしも何度か行きましたが、

本当に怖くて腰が抜けそうになりました。

そういう場所は、悲しい想いが渦巻いている可能性が高いので、

興味本位で行く場所ではないですよね。

バカだったなと思います。

今だったら絶対に行きません。


もうすぐ8月。

なぜだかよくわからないけど、

気が重い月です。

子供のころは楽しい時期だったのに・・・。

30過ぎてからなんですよね、

8月が憂鬱になったのは。


みなさん、怖い話、大丈夫ですか?

わたしはこの日記を書いている時点で、

怖くなってきました(涙)

早くメガネ帰ってきて。


☆拍手お返事です↓

思想 |


2012/07/11 (Wed) 三区間物語。


大急ぎで駅へ向かって、

電車に間に合った!と思ったら、

ダイヤが乱れていて呆然としたこと、ありませんか?

今日がそれでした。

前駅で回送列車が故障し立ち往生。

そのため、後続車両が進めなくなっていたのです。

その運の悪い後続列車がわたしが乗るべき電車でした。

こういうときにipodがあると暇つぶしになります。

でも、放送案内も聞かなければならないので、

悠長に音楽を聴くってわけにもいきません。

30分ほど経った頃に下り列車がようやく見えてきました。

あ~、やっと来たぁ、と思ったら大分行き。

熊本行きプリーズ!!

結局乗るべき電車が来たのが、

予定から1時間遅れてのことでした。

ふ~、やっと帰れると思った矢先のアナウンス。

「当列車は次の駅で終点となります」

え?

「その後、折り返しで博多行きとなります」

は?

「申し訳ございませんが、

次の駅で後続列車へのお乗換えをお願いいたします」

はあーーー?!

こんなところで折り返さなくても!

あと少し進んでみようよ!

そんな訳で次の駅で降ろされたのでした。

横殴りの雨になってきたので、

乗ってきた電車で待機を勧められました。

博多へ折り返すのは20分後とのこと。

その間に後続がくればいいのに・・・と思っていたら。

「後続列車が入ります。お乗換えお願いします」

思ったよりも早くきました。

みんながワ~っと電車から電車へ移ります。

すると、こんなアナウンスが。

「これは回送列車です。

熊本へは参りません。」

は?

ブーブー言いながらみんな元の電車へ戻りました。

するとこの電車の車掌さんが、

「間違えました、すみません!」

ドンマイ。


しばらく座席に座っていましたが、

もうホームに立って待っていようと電車を降りたら、

屋根つきの場所が黒山のひとだかり。

雨を避けようと、群衆が屋根の下に集まっていたのです。

わたしもそこへ身を置くことにし、

音楽を聴きながら待っていました。

そして、待つこと30分、

やっと後続列車が入ってきました・・・


が、


それと同時に群衆からため息と怒号が。

なんで2両編成が来るのかね。

9両編成相当の大人数に2両を送り込むとは、

JR九州さんもなかなかいい度胸をしている。

2両に全員が乗ることは不可能だったようで、

無念にも乗車を諦める人もいました。

わたしは運良く乗れはしたものの、

超満員。

つ、つかむところがないっ。

ぎゃあっ、わたしの背中にオヤジの腹が!

苦しい、汗臭い、たすけて~~~><

あとたったの二区間なのに、

ものすご~~く長く感じました。

やっと目的の駅へ着くと、

乗客の半分以上が電車からあふれるように出てきました。

そうそう、ここを過ぎると落ち着くんだよね。

振り返って電車を見ると、さっきの満員がウソのようです。


とにかく疲れた・・・。

いつもは乗車して10分で着くのに、

今日は何時間かかった?

玄関まで出迎えてくれたネコを見たとたん、

ふっと体の力が抜けて行きました。

疲れすぎて、ね、眠い・・・。




今日の出来事 |


2012/07/10 (Tue) 財布。


~前回までのあらすじ~

独身の頃からの拠りどころである「虎の子預金」。

生活費のためにやむなく崩すはめになったきょこ。

ある日、

9年使い込んだ財布を見ながら思ったのだった。

余ったお金で新調しようかな?

どうせなら海外ブランドものがいいな。

よーし、さっそくお店に見に行こう!


と百貨店に向かったわたしはダメ人間ですね。


本命は、憧れの「ボッ○テガ・ヴェネタ」。

お店の前まで来てみました。

でも恐くなって逃げました。

ここの商品は値段もずいぶんコワイ・・・。


慣れない海外ブランドショップに入るのは勇気が要ります。

平日で人もまばらだから特にです。

挙動不審でいくつかお店を回りましたが、

平常心を保てず逃げ腰に。

どうしようかとウロついていたらヴィ○ンの前。

あら不思議。

ここにはフラっと立ち寄れましたよ。

それもそのはず。

クリスマスシーズンで盛り上がっている時期に、

買えもしないのにどさくさに紛れて何度か入店した過去が(笑)

長財布を探していることを伝えると、

感じのいい店員さんが親切に対応してくれました。

長財布を買うのは初めてだと伝えたら、

もう全種類出してくれて。

今やほとんどの人が持っているこのブランド。

子供も持ってるし・・・。

かぶるのが嫌なので、ここのは極力避けてきたのですが、

なんかもう、ここのでいいや。

本当は青や緑の寒色系が好きなのですが、

今度の財布は明るい色にしようと決めていたので、

かなりわたしのイメージとはかけ離れた色を選びました。

サービスでイニシアルを刻印してくれるというので、

商品引き渡しが一時間後になりました。

その時間を使って今日のお楽しみである、

ヲタの御用達「まんだらけ」へ(笑)

探していた本があったので購入。

・・・ちょっと待って?

となると、

まんだらけの袋をさげてヴィ○ンのお店に行くことになるね。

ど、どうしよう、と少し悩みましたが、

もう知らんぷりして行きましたw

お財布の内側に留め具と同じシルバーで「KK」の刻印が。

「K=金持 K=金子」

いいじゃん!(違う)。


というわけで、

ヴィ○ンのショップバッグと、

まんだらけの黒いビニール袋をさげて帰りました。


さいふ


今まで使っていたお財布、ありがとう。

小銭入れやカード収納が充実していて、

とっても使いやすかったです。

新しいお財布、大事に使います。

早く慣れるといいな。

海外の財布はちょっと勝手が悪いからな・・・。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2012/07/09 (Mon) 迷惑ヒロイン(?)。


昨日、ショッピングモールにて。

メガネ「きょこちゃん!うしろっうしろ!!」

わたし「は?!なん?!なん?!」

メガネ「見て!見て!!」

わたし「!!」


派手なピンクのノースリーブにショーパン姿で、

ゆるいパーマがかかったロングヘア、

おっぱいがボイ~~ン☆の


おやじがいました。


最初はごっつい女性かと思いましたが、

ヒゲが。


わ~・・・。

すれ違う人、みんな二度見してる・・・。

呆然とたたずむわたしたちを尻目に、

ピンクのボインおやじは雑踏に消えてゆきました。

ロリータファッションおばさんとか、

全身オレンジコーデのお姉さんとか、

旧日本軍のコスプレで生活しているおじさんとか、

「魔沙斗」タトゥーを腕に入れたおばさんとか、

ちょっと変わった姿の人を幾度か見かけていましたが、

女装おやじを生で見たのは初めてでした。


メガネの同僚の話によると、

その街では名の通った女装おやじで、

「ピンクおじさん」と陰で呼ばれているのだとか。

そのピンクおじさんは、

サン○オの、有名な白ネコちゃんが大好きで、

ショッピングモールをうろうろしているそうです。

わたし、そのモールにはよく行くけど初めて見た・・・。


女装癖を否定するわけではありませんが、

せっかく女装するならもっと美しくは出来まいか?

あまりにも、あんまりだ;;


そのことを職場で話したら、

みんな喰いつく喰いつく。

別のショッピングモールには、

女子高生の恰好をしたおやじも出現するみたいです。

年々スカートの丈が短くなってるんだってよ・・・見てみたい。


そのピンクおやじに一時期かき消されていましたが、

実はその前日もちょっとアレな人を目撃しました。

繁華街の交差点で車で信号待ち中。

つばの広い白いハットに、白のドレス。

髪は明るい緑で、

赤ちゃんの人形を大事に抱いたおばあちゃんが、

目の前の横断歩道を横切って行きました。

赤ちゃんの人形は・・・まあ、

子供に縁がない人に授けられる「子供」というケースがあるのでおいといて、

やはり白の衣装に緑の髪は、

人通りの多い交差点で物凄く浮いていました。

最初「わたしだけに見えている?!」

と焦りましたが、すれ違う人たちが二度見(笑)。

人に迷惑をかけなければ、

服装は自由だとは思いますが、

ピンクおやじは「ない」と思いました。


睡魔が襲ってきたので、

拍手お返事は明日しますね。

いつもコメントありがとうございます。

とっても励みになります。

今日の出来事 |


2012/07/08 (Sun) 服の墓場。


今日は、ほんと~~に久しぶりの快晴です。

洗濯物もカラッと乾きました。

そして、いつかやらねば・・・と、

先延ばしにしていた押入れの整理をしました。

相も変わらずワケの分かんないモノがたくさんでウンザリ。

でも捨てていいものか悩むものばかりです。

イラストが気に入っている過去のカレンダーとか、

今まで招待された結婚式の招待状と座席表、それに年賀状。

クレジットカードが入っていた封筒と約款、

過去使っていたお気に入りのカーテン(窓サイズが合わない)、

貰ったぬいぐるみ系、ネコがいるから表に出せないフロアライト。

でも一番場所を占めているのが、やっぱり服。

着ない、この先絶対着ないだろう。

だがしかし、金額と思い出が・・・。

断捨離のたびにギリギリのラインで生き延びている絶対に着ない服たち。

しかし今日はその生き延びてきたモノの中で、

なんだコレ、まだあったんか、と思えるのが数着出てきて処分。

一度にやろうとするから心が痛むのです。

幾度かふるいにかけると、あら不思議。

だんだんと愛着がなくなっていくのです。

もちろん、潜り抜けている重鎮も多々ありますが(汗)

捨てられないものは、金額が高くてとても気に入っているモノ。

でも流行を考えたら今更着れないものばかり。

何度か着て出かけてみたけど、気持ちは微妙・・・。

それを考えると、高い服を買うことは、

わたしにとってどうなんだろう?って思います。

長期間大事に着るけど、やっぱり数年経てば古臭くなります。

でも捨てにくい・・・。

それなら安い服を短いサイクルで着たほうがいいのかな?

でも、捨てる前提で買うのもなんだかな~。


「いままでありがとう!ごめんなさい!」って、

高い服でも潔く捨てられるのなら問題ないんですけどね。

服の断捨離って、永遠のテーマです><

今日の出来事 |


2012/07/07 (Sat) 七夕。


わたしが子供時代を過ごした地域は、

8月7日に七夕の飾りつけをやっていました。

7月7日は完全スルーで!

テレビや学校行事で、

7月7日が七夕だってことは知っていましたが、

それは「にせもの」だと思っていました。

8月7日こそが「ほんもの」!

また時期がいいんですよ。

夏休み中盤の脂ののったころでしょ?(例えが的外れ)

近所の友達と競うように飾りを作っていました。

前日の6日は、家族総出で飾り作成。

自分ちの山から切ってきた笹に飾りつけ、

7日の早朝に庭に立てます。

あちこちの家で、短冊や飾りのついた笹が立てられ、

あー、これが終わったらお盆が来るな~という雰囲気でした。

風が吹いて短冊や飾りが飛び、

他のお宅の庭に落下します。

よそからの短冊が自分ちの庭に落ちていると、

なんて書いてあるのかな~?とワクワクしながら見ていました。

今、あの地域は子供が少なそうだから、

もうこんなことはやってないだろうな。


今の西洋暦(グレゴリオ暦)が明治の初めに導入されて、

当時の日本は一か月のズレが出ました。

本当はお盆も7月15日ですが、

全国的には8月15日ですよね。

「七夕はお盆の入口」という思想があったようで、

わたしが住んでいた地域は、

それが色濃く残っていたんでしょうね。

梅雨時期の七夕よりも、

8月のほうが盛り上がると思うんですけど、どうでしょう?

今日の出来事 |


2012/07/06 (Fri) 来世、男希望。


やっぱり金曜日は忙しい。

今日も一人でわたわたしてました。

でも家事よりもずっといい。

忙しいけどアドレナリン全開で楽しい。

会社員だったころ、残業で深夜帰宅するわたしに周囲が、

「よくそんな会社、続けられるね。信じられん」

って呆れかえっていました。

でも全然平気だったのです。

そこには9年もいたし。

そのかわり部屋はぐちゃぐちゃで、

家事もまったくしなかったけど。

時々様子を見に来ていた母からよく叱られていました。

「あんた!炊飯器に赤と青のカビご飯が入っとるよ!!」

「へへっ^^;」

当時、アパートを借りて弟と暮らしていたんですけど、

今考えると、酷い姉ですよね~。


そんなわたしが中途半端に仕事をして家事をする。

家事がまともに出来るわけないじゃないですか。

人並みに(それ以下?)に頑張ってやってるけど、

本当に疲れるし、心の底から本当に嫌!!

ちょっとでも気を抜いたら、

瞬く間にゴミ屋敷になって、

メガネが出て行きそうだから頑張ってますけどね。

今の仕事の前は、フルタイム勤務だったのですが、

家事に気が回らなくて、

家は散らかり放題、食事もアレだし、

家事をメガネに半分くらいさせていました(恥)

おまけにうつ病になっちゃったし!


男性が仕事を優先して家事をやらなくても、

誰も批判しないのに、

女性が同じことをやったら、

まぁ、いい顔はされませんよね。

逆に、男性が家事をこなしたり、

嫁の手伝いをしたりすると大絶賛ですよ。


生まれ変われるとしたら、

今度は男がいいなー。

でも、男も大変そうですよね。


☆拍手お返事です↓

思想 |


2012/07/05 (Thu) 今頃契約書。


本年度の雇用契約書を、

この時期になって、やっと貰いました。

これはまだいいほうですよ。

去年は貰わなかった。

確かその前も。

もっと前は、年度が終わるか終らないかのときに、

「ごめん!忘れてた~」って渡された・・・(怒)

内容に間違いがないかを確認してたら、

今回は三か所もありました。

『月~木・週3回・9時~16時まで』

↑コレ、全然違うから。

訂正して提出するときに、

再び雇用保険加入の催促をしました。

ほんとにしつこく言い続けないとやってくれないんだな!

で、あとで上司に呼ばれたので行ってみると。

「事務局がね、もっと時間と日数を減らして欲しいって」

は?

「そうしないと健康保険に加入させないといけないからって」

なんだって?

働き始めたときは、週5で1日5時間の契約で、

そうなると法律上、有給をたくさんあげないといけなくなるから、

去年から、週4で1日7時間に変更させられて、

年収100万とか全っ然届かない上に雇用保険もなくて、

さらに労働時間を減らせと。

バカにするのもたいがいにしてくださいよ~。

それってなんかおかしくない?と、

以前貰っていた「非常勤雇用条件」というプリントを上司に見せました。

事務局の言い分は、支離滅裂だったのです。

おかしなことを口走る事務局を、

電話で上司が言いくるめて、現状維持になりました!

あーーっびっくりしたーー!!

これ以上制限されたらバカらしくてやってられません。

もう辞めてたかもしれません。

上司が話の分かる人で本当によかった本当に!!


職員の給料が高額なため、

末端の使用人的存在からどうにかして削減しようと目論む事務局め。

確かに職員と比べたらラクな仕事だけどさー。

もっと人間らしく扱ってほしいものです。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


| TOP | next >>

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。