2013・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/29 (Wed) 今更ながら。


今日は産院での、二回目のマザークラスでした。


今度はちゃんと自己紹介できました。

↑とにかくコレを一番にお伝えしたかった件。


今回のマザークラスの内容は、

この産院が推奨している「ソフロロジー分娩」について。

入院の手続きについて。

最後に陣痛室、分娩室、病室の見学でした。

「ソフロロジー分娩」というのは、

簡単に言えば「いきまない、叫ばない分娩」?(笑)

陣痛を乗り切ろう!という考えじゃなくて、

痛みを受け入れて、赤ちゃんの気持ちを優先するという考え。

妊娠中に専用の音楽を聴いてイメトレをし、

その音楽を流しながら分娩するんだそうです。

わたしは毎晩、病院から借りているそのCDを聴きながら寝ています。

心を穏やかにする作用があるためか、

ねこがよく寝てくれて重宝してます。


最後に病院内を見学させてもらったのですが、

「ホテルですか?」と突っ込みたくなるような病棟。

一般病室は、洋室と和室のどちらかを選べ、

一般病室よりも豪華な「特別病室」には、

金さえ出せば入れます。

特別病室は、家族で宿泊ができるらしいですよ。

今日は使用中だったので見学出来なくて残念でした。

見学する前は「絶対洋室がいい」と思っていたのですが、

和室のほうがモダンでおしゃれだったので、和室希望。

沐浴室の浴槽にアヒルのおもちゃが浮かんでいたのが笑えました^^

その隣の部屋に、保育器に入った新生児が!

生まれたてほやほやでした!

ほやほやの赤ちゃん、生で初めて見ました^^

犯罪で人に迷惑をかけているロクデナシも、

最初はみんなこんな風に可愛かったんだと思うと、

なんだか切なくなってしまった。


実は今回のマザークラスも行くまでは憂鬱で仕方ありませんでした。

特に友達が出来るわけでもないし・・・。

土地柄、みんな車でサッサと帰っちゃうし。

わたし自身も友達作りは苦手だから、

それはそれでラクだけど。

それに今は仕事や家事などに追われたり、

マジでお金がなかったりして、

加えてつわりも終わらないし腰も痛いしで、

かなりマイナス思考に陥っていたのですが・・・。

今日の講習で少しだけ気持ちが前向きになってきました。

「早くお腹の子に会いたい!!♥」

とか、

「靴下とかケープ編んじゃおう!♥」

とまでは程遠いですが^^;


もうあと4ヶ月経つか経たないかで母親になるわたしですが、

まったく自覚がありませんでした。

ご飯を食べ過ぎたあと、腹をさすって、

「食べ過ぎてこんなに腹が出たー!!

あ、そういえば中に人がいるんだった

↑この程度よ(呆)

最近は、お腹の中で動いているのがわかるし、

昨日の健診や今日のクラスのおかげでようやく自覚が出てきました。

分娩に対しても、特に恐怖とか不安とかないし(痛いのは任せろ)、

あとは身体に気をつけつつもしっかり稼いで

出産にのぞみたいと思います。


☆拍手お返事です↓

スポンサーサイト

今日の出来事 |


2013/05/27 (Mon) 息子とは。


母は「子供は平等に扱っている」というけど、

違う。

娘のわたしには遠慮なしだけど、

息子(わたしの弟たち)にはどこか遠慮してるもん!

息子って母親から見ると、

「永遠の小さな恋人」って感じなんだろうなぁ。

母には色々助けてもらっているけど、

それなりの「奉仕」もしなければならない。

例えば母の服を見立てるための買い物の付き合いや、

パソコン、ケータイ、各種SOSへの対応。

少しでも反発したり業務内容を怠ると、

容赦ないバッシング。

息子にはそれが出来るか?ええ?

「あいつも同じ子供なんだから頼んでよ!」

とわたしが悪態をつくと、

「だってお嫁さんに悪いし~」

って、

娘のお婿さんには悪くないのかいええ??

ほんっと、息子って母親にとっては特別な存在なのです。

ウェル○ーズオリジナルかっての(分かる人には分かるw)


でも母は言います。

女の子を産んでてよかったって。

大きくなってもランチしたり買い物したりと一緒にいても、

自然なことですからね。

しかも色々便利だし。

ところが息子となるとそうはいきません。

一緒に行動出来るのはせいぜい中学生まで。

ん~、それでも厳しいかな。

寂しいけれど息子には早く自立してもらいたいんです。

本当はいつまも甘えて欲しいんだろうけど、

やっぱりそうはいきませんからね。

さらに結婚したらお嫁さん優先。

悔しいけど、淋しいけど、

「取られた!」

という気持ちを隠して陰で見守る存在へ。

だから娘のいないお友達からは、

「娘さんがいて羨ましいわ~」とよく言われるみたいです。

だから、

「あんた、どうせなら女の子がいいよ」

と母からずっと囁かれ続けてきました。

でもわたしは絶対に母のようにはならない!

なりたくない!

自分が成し得なかった夢を娘に託したり、

それに応えられなかったら投げやりになるし、

成人したら便利屋的存在。

でもわたしも母の子・・・。

そうなってしまうかもしれない。

わたしも娘に夢を託して、

がんじがらめにしてしまうかもしれない。

スマホに次ぐ新しい機器が扱えなくて、

逐一娘を召喚しているかもしれない。


でも大丈夫。

わたしの子供は男の子でした。

きっと神様が、

わたしが母のようにならないように、

男の子を授けてくれたのでしょうね・・・(笑)


これから生まれてくる息子よ、

東京に出ようが嫁に肩入れしようが、

お母さんはもう何も言いません;;

たぶん(笑)


☆拍手お返事です↓

かあちゃん |


2013/05/26 (Sun) だ~れ~か~。


金曜日は相棒さんのお休みの日だったので、

わたし一人の出勤でした。

も~、忙しいったらありゃしない><

一つのことをやっていると、

あいだで雑用が入ったり呼ばれたりして、

なんかもう、自分が何やってるか分からない状態。

「物を抱えたりするときは呼んでね」

って親切にしてもらっていますが、

現実は、みんなそれぞれ忙しいからなかなか声がかけづらい。

なのでもう自分でやったほうが早い。

帰宅後は取り敢えずねこの相手と家事をして布団にゴロリ。


土曜日。

いつもどおり五時半に起きてメガネを仕事へ送り出し、

一時間仮眠を取ったあと、

日焼け止めクリームだけ塗って、すっぴんでドラッグストアへ。

もちろん帽子は必須アイテムよ。

実は洗濯機の洗濯槽の汚れが浮き出てきてしまってて、

そのクリーナーを買いに急いだのです。

早くしないと、せっかく晴れているのに洗濯が遅れてしまう><

この日は洗濯機、いったい何回回しただろう^^;

洗濯機が回っているあいだに、全部屋に掃除機をかけ、

ダニをよせつけない「ダニクリーン」というスプレーを畳に噴きかけました。

これ、晴れた湿気の少ない日に噴きつけないとダメなんです。

月曜から天気が崩れるし、ヘタするとそのまま梅雨に入ってしまうので、

もうやるのは土日のどちらか。

ねこが縁側で昼寝をしているあいだにスプレーしました。

その後、花壇からのびのびに伸びまくっている変な花を退治。

形状はコスモスに似ているけど、それほど綺麗じゃない。

見て見ぬふりをしていたのですが、

玄関から勝手口へ向かう通路を花が覆い始めたので歩行に支障が。

わたしの膝上まで伸びていました^^;

しかも大量に><

抜いたらスッキリしたけど、

ダニスプレーとこの花の退治で腰痛が悪化!

「だれかたすけて~~;;」

布団に倒れ込んだのは言うまでもない(笑)


この週は、メガネの帰宅が23時とか24時だったので、

ねこの相手に疲れてイライラしました。

もちろんメガネも好きで残業をやってるわけではないし、

メガネが頑張ってくれているから生活が出来てるんだけど、

これが10年も慢性化している状態なので、

この先もずっとこうだと思うといろいろ不安になります。

逆に定時帰宅が多くなると収入が大幅に減るのでそれもそれで困るけどw


なので日曜日。

布団干しやねこの相手などフルに手伝ってもらいました。

わたしは久しぶりにつわりで気持ち悪くて、

午後からは動けませんでした。

お相撲見てたけど、途中でちょっと居眠りしてた^^;

明日からまた仕事の日々なので、充電です。


職員の妊婦さんたちは産休と育休制度があるので、

出産予定日の6週前からお休みに入っています。

でもわたしはパート。

予定日の3週間前まで働く予定。

そして1年も休めないという;;

大丈夫だろうか、わたし・・・(汗)

それにしてもねこ、元気すぎ・・・。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/05/22 (Wed) ちょっと顔出し。


こ、

こんばんは~~・・・・。

仕事がめちゃくちゃ忙しくて、

腰痛をはじめとして、身体が非常につらいでございます;;

今週は平日休みなしです。

家に帰って家事をしたりお風呂に入ったりしてたら、

パソコンを開く前に布団へゴロン。


というわけで、

今夜はここらへんで失礼します。


コメントありがとうございます^^

お返事はしばしおまちくださいね。


今日の出来事 |


2013/05/19 (Sun) 物産展命。


今日はわたしが大好きな百貨店のイベント、

「夏の北海道物産展」に行ってきました。

あんた、行って大丈夫なの?

という声が聞こえてきそうですが、

這ってでも行ってきました。

だってこれを逃すと、

遠出して買い物とかしばらく行けなくなるし;;

福岡市の百貨店ではいろんな地域の物産展が催されますが、

「北海道」はダントツ人気!

わたしも過去に何度も行きました。

いつもひと足お先に開催の博多大丸へ行くのですが、

身体的・金銭的に余裕がなくて断念。

小規模だけど、後発の地元百貨店のイベントへ行ってきました。

自治会の一斉清掃が終わって、

大急ぎで電車に乗り込みました。

天気が悪かったからか、

いつもほどの人ごみではありませんでした。

なので、一番の目的のロイズのブースは並ばずに購入。

ロイズ

ロイズの人気商品「チョコレートポテトチップ」。

三種入り♪

これはたま~に食べるからいいんですよね~。

常食してたら大変なことになるカロリー^^;


あとは、コロッケやプリンを買ってはベンチでいただき、

もちろん試食もたくさんいただきました。

これが昼食替わり(笑)

そんなことをしていた矢先、

メガネ「あ、部長!」

なんとメガネの職場の部長ファミリーが向かいのベンチにいたww

なので二人で挨拶に向かいました。

10年ぶりに会った部長、

確実にお年を召して・・・。

と、あっちもわたしを見て思ったハズ^^;

20代の若い娘の姿は、もうどこにも・・・(悲)

それにしてもこんな人ごみで偶然会うなんて、

凄い確率ですよね。


それからファッションビルのショップをうろうろ。

今、若い男性のあいだで流行っている、

小ぶりのナントカバッグ(名前知らない)をメガネが欲しがっていて、

気にいるのが見つかるまで漂流。

そしてやっとメガネのハートをガッチリキャッチ♥したのは、

「SHIPS」に置いてあったバッグ。

でも待って~!

「SHIPS」って、けっこう高いよ~(汗)

わたしもなかなか手が出ないのだが・・・。

う・・・っと思ったのですが、

これで仕事を頑張ってもらおう。

仕事のモチベーションを上げるために、

こういうのは必要ですね。

う~、わたしも頑張って働かなくちゃ!


それにしても北海道物産展は、

毎回おいしいものが勢揃いで、本当に楽しいです。

家が百貨店のそばだったら毎日行くのになー。

次回はたぶん、晩秋頃に開催だと思いますが、

もうわたしは行けないと思います。

数年は行けないだろうな。

なので、今日は行けて本当によかったです^^

今日の出来事 |


2013/05/18 (Sat) 最悪の展開!


つわりがやっと落ち着いてきたかと思ったら、

今度は腰痛に悩まされています;;

わたし、思春期~20代半ばまでは肩こりに悩まされてきましたが、

腰痛にはまったく縁がありませんでした。

ところが、二ヶ月ほど前から「腰がおかしいな~」と思うことがあり、

ついに夕べ、激痛で眠れなくなってしまいました、えーん;;

もうズッキンズッキン痛みます;;

ベッドで寝るのを諦めて、

畳に布団を敷いて寝てみたら、少し落ち着いてきました。

ベッドは身体に合わなかったら腰に負担がかかっていけないらしいですね。

今までベッドで寝ても、まったく問題なかったのに・・・。

原因は、ソファーに長時間座っていたためだと思います。

ずっと体調が悪かったので、

ソファーに腰掛けてじっとしていることが多かったのです。

姿勢の角度が悪かったのでしょうね。

布団に寝ていればよかったのですが、

これがまた、横になったらなかなか起きられないタチで。

「あ~、掃除しなきゃ~」「ご飯作らなきゃ~」と、

ソファーでスタンバイ?していた結果がコレ。

ちょっと前から夜中に激痛で目が覚めることがあり、

でも毎日じゃないし、昼間は気にならない痛さだからと、

いつか自然に治まるだろうと思っていました。

が、

今はどんな姿勢でいても、痛いです><

背骨じゃなくて、右側の腰が痛いので、

筋が変なことになってるんだと予想してます。

本当は整骨院で診てもらいたいけど、

お腹がコレなので、病院に行っても施術ができませんよね;;

痛み止めも飲めないし、本当に困っています。

夜中に目が覚めて眠れないのは別に平気です。

だって毎晩ねこちゃんに3時間置きに起こされているから(笑)

翌日の朝が辛いけど。

心配なのは、出産への影響です。

なので、今度の健診のときに病院に相談してみます。

相談したところでどうってなるわけでもないけど、

なにかアドバイスが貰えれば、と期待しています。


この文章をタイプしているあいだも痛いです。

なのに今朝も草取りをしてしまいました^^;

草取り中は全然痛くないから不思議。

痛みの場所からして、草取りが影響しそうじゃないけど、

これからは控えたほうがいいかもしれません。

まだまだ草が伸びている一角があるけど。

って、どんだけ気になる一角があるんですか、我が家は。

明日の朝は自治会の草取りですが、

メガネが休みで家にいるので、代わりに出てくれるそうです。


それにしても本当に困ったな~。

腹は出てくるし腰は痛いし、仕事は忙しいし、

これから草もさらに伸びてくる。

あ~、もう、あ~><



※追記

少しネットで調べてみたら、

妊娠中期に起こりやすい腰痛があるみたいで、

わたしもそれの可能性があります。

原因はお腹が大きくなることによる骨の移動で、

ベルトを付けることによって痛みが和らぐみたいです。

幸い通院している産婦人科がそのベルトを取り扱っているので、

相談してみますね。

産後、すぐ痛みが引く人もいれば、

数ヶ月続く人、慢性になってしまう人もいるようです。

今日の出来事 |


2013/05/17 (Fri) スタミナ切れ。


今仕事がもの凄く忙しいです。

やることがいっぱいで、一日があっという間。

定時に絶対帰りたいわたしは、

始業時間より30分ほど早く職場に入っています。

夕方、ちょっとでも職場を出るのが遅れると、

帰宅ラッシュに巻き込まれて面倒なことになるからです。

それにしても今の職場、

非常勤(パート)ばかりで常勤職員が少ないこと!

数年前はもっと常勤と契約が多かったのに、

経費削減のために非常勤がほとんどを占めています。

なので、わたしたちの仕事が微増中・・・。

安時給なのに、フルに使おうとしやがって><

昇給制度なんてないから、

県の最低賃金が更新される時だけ上がる程度。

「男のくせに」なんて言葉は使いたくないけど、

重い荷物をドンと置いて、

「あとはよろしく~」的に去っていく野郎、最低><

しかも職員のくせに。


ハァ~、来週は平日休みはないな~。

再来週は産婦人科関係でで二日も休まないといけないので、

来週は今週以上に頑張らないといけません。

相棒さんは「無理して出勤しなくていいよ」

と気遣ってくれますが、

わたしにも生活があるので、そう休んでもいられません。


仕事帰りの買い物は、やっぱりフラフラ~でした。

家に帰り着いて、買い忘れがたくさんあることに気づきました^^;

明日は休みだけど、また草取りをしようと思っています。

だって日曜から梅雨が始まるからです。

その前にミツバが密集している一角をなんとかせねば><

あ~、でもやりたくな~い。

きつ~い;;


ドラゴンボールの仙豆みたいに、

一個食べるだけで元気になれるアイテムがあればいいのに・・・。



今日の出来事 |


2013/05/16 (Thu) 赤い靴の結末。


最近よくラジオで流れる曲「赤い靴」。

有名な ♪あかいくつ~は~いてた~

お~ん~な~の~こ~

じゃなくて、

サリーという新人ユニットのデビュー曲です。

それで、

「”赤い靴”といえば・・・」

と、子供の頃読んだ童話を思い出しました。

この曲を聞かなければおそらくこの先思い出すことはなかっただろう、

それほどわたしの記憶から抜け落ちていた童話でした。

が、

じわじわ思い出してくると、

もの凄く怖いお話でした。


その本は学校の図書館から借りてきたものでした。

当時小学一年か二年生だったと思います。

アンデルセン童話が好きで、よく読んでいました。

その「赤い靴」もアンデルセンの童話でした。

まさかそれが恐ろしい話だと気づきもせず、

わたしはそのアニメチックな可愛い挿絵に惹かれて借りたのでした。


先ほど、ネットで「赤い靴」のあらすじを調べてみたのですが、

翻訳者によって微妙に内容が違いますが、

ざっとまとめたらこんなお話でした。


貧しい家に生まれたカーレンは裸足で生活していましたが、

同情した靴屋の女主人に赤い靴を作ってもらいました。

カーレンの看病も虚しく病気で亡くなった母親の葬儀にも、

その赤い靴を履いて参列しました。

それを見た裕福な老夫婦は、カーレンを養女に迎え、

やがてカーレンは町一番の美しい女性へ成長しました。

ある日カーレンは、靴屋で赤い靴を見かけ、

老夫婦に内緒で買ってしまいます。

それを履いて教会のミサへ出席し続ける彼女を、

周りの人はよく思いませんでした。

すっかり赤い靴の虜になったカーレンは、

病に伏した老夫婦の看病もせず、舞踏会へ遊びに行ってしまいます。

するとカーレンはやめたくても踊りをやめることが出来ません。

赤い靴には呪いがかけられていて、

カーレンは死ぬまで踊り続けなければならない運命になってしまったのです。

晴れの日も雨の日も、茨の中でさえ踊り続けるカーレン。

衰弱するカーレンとは裏腹に、

赤い靴は踊りをやめません。

カーレンは今まで自分がやってきたことを酷く反省しました。

カーレンは心を入れ替えたのです。

そしてカーレンは天使によって天に召されたのでありました。

おしまい。


・・・。


違う。

わたしが読んだのはこんな穏やかな結末ではありません。


カーレンが心を入れ替えたあとが違うのです。

わたしが読んだ話では、

森で首切り役人と出会い、

自分の足ごと斧で切って欲しいと頼みます。

「首は切らないでください。

そうしたら懺悔ができなくなるから、

足を切ってください」

そして首切り役人はカーレンの足を切ってしまったのです!

挿絵によると、足首の少し上から切っていました。

切られた足は赤い靴と共に踊りながらどこかへ行ってしまいました。

当時のわたしにはもの凄くショッキングな話と挿絵でしたよー!

特に切られても踊りながら行ってしまう両足の絵!

大人になった今でもなかなかショッキングだけど!

そのあとカーレンはその首切り役人に義足を作ってもらい、

松葉杖で生活をすることになりました。

そして教会で奉仕活動をする、というところで終わりました。


「えらいな話を読んでしまった・・・」

子供のわたしは読み終わったあと、呆然としました。

そして怖いなら読まなきゃいいのに、

なぜか繰り返し読んでしまった(笑)

怖がりの見たがりは当時からだったのですね。


あまりにも残酷な描写なので、

子供が怖がらないように「足切り描写」が無くなったのかもしれませんね。

たしかに凄く怖かったけど、

挿絵がお目目キラキラのお姫様風で可愛かったので、

わたしは運のいいほうだったのかも。

童話にありがちな美術的な挿絵だったら、

夜中にトイレに行けなかったレベルです。

当時のわたしは子供ながらにカーレンのことを、

「最初はいい子だったのにだんだんタカビシャになっていって、

バチがあたっても知らないよ~」

とハラハラしながら読みすすめていったのを覚えています。

まあ、まさかねぇ、

足が切られるなんてねぇ。


もうその挿絵の本は手に入らないとは思いますが、

今一度読んでみたい迷作じゃなかった、

名作ですね。

趣味 |


2013/05/15 (Wed) 二人仲良く。


わたしは車を運転するときに、

よくFMを聴くのですが、

先日、こんなお便りが紹介されました。

「連休中の旦那がずっと家にいて邪魔です。

家にいてもな~んにもしないし、ほんと邪魔!!」

それに対する女性ナビゲーター(既婚)も、

「うわ~~、邪魔でしょうね~、嫌だな~」

って。


・・・か、悲しい・・・。

あんた、自分が選んで結婚した相手じゃん。

確かに生活に追われて最初のトキメキは消えていくし、

結婚前には気づかなかった相手の嫌なところは見えてくるけど、

「邪魔」だなんてあまりにも、あんまりだ。


わたしは一度も旦那が家にいて邪魔だなんて思ったこと、ありません。

仕事で家をあけていることがほとんどだからでしょうけど、

家にいてくれると、とても安心します。

詰めは甘いけど、家事をやってくれるから楽になれるし、

ねこのパワーも二人に分散。

夜、わたし一人でいるときなんか、

入浴前、家の戸締りに気を遣わなければなりませんが、

二人だと、そういう気遣いからも解放されます。


今日はわたしは平日休みで、

メガネは夜勤中だから昼間は家にいる日でした。

いるって言っても、午後1時までは寝てましたけど、

起きたら面倒な家事を色々やってくれました。

寝具をコインランドリーに持って行って洗って、

それを持ち帰って自宅に干す、という一連の面倒な作業。

一枚ずつは軽いけど、それが数枚ともなると、

取り扱いがとっても大変になります。

身が軽い時はわたしが一人でやっていましたが、

今は簡単に出来ないので「やらなきゃ」と思いつつ後回しに。

今日はそれを二人ですることが出来たので、

とっても助かりました。

大型の洗濯機を買ったら、このムダもなくなりますけど^^;


それから、普段から家のことを旦那にさせていると、

諸事情で旦那一人で家事をしなければならなくなったときに、

困らなくていいと思うのです。

実際、妻が病気になったり先立たれたりして、

「家事が何一つ出来なくて本当に困った」

という男性がかなり多いと聞きます。


旦那が家事を手伝ってくれるから助かる、というと、

「きょこさん、ラッキーだったね、うちなんか・・・」

とよく言われますが、

ラッキーなんかじゃなくて、

わたしの男の見る目が確かだったと言ってくれないか?(笑)

メガネの前にお付き合いしていた人たちは、

「この人、家事とかやんないだろうな~」

「頼んでも、文句ばっかり言いそう」

「げ!亭主関白めざしてやがる!」

イエローカード、もしくはレッドカード臭ぷんぷん。

そんな中メガネは「あ、この人は確かだ」とすぐ思えたのです。

当時のメガネは年収も2~~とかだったし、

金銭的に色々苦労がありましたが、

わたしがうつで苦しんでいた時は支えてくれたし、

今も変わらず思いやりを感じます。

「男はガラっと変わるから油断しちゃダメよ」

って、謎の助言をいろんな人からよくされますが、

メガネがガラっと悪い方に変わるとは思えません、今のところ。

わたしがもっと大着になったり嫌な奴になれば、

そりゃメガネもたまらずガラっと態度は変わるでしょうけど^^;

そうならないように気をつけます。


ゴールデンウィーク明けの平日は、

またまた一人の生活に戻って、さらに仕事も始まって、

心身ともに不安定になっていましたが、

今月のメガネは土曜日休みが二日もあるので、

とても安心しています。


わたしの両親も含め、

いろんな事情で夫婦関係が破綻してしまうケースはありますが、

この先ずっと一緒に暮らしていくパートナー。

仲良く、お互いを大事にしていけたらと思います。

思想 |


2013/05/13 (Mon) もう真夏?!


ちょっと前まで寒い日が続いていたのに、

突然暑くなりました><

仕事場がもの凄く暑くて、

ついにエアコンのスイッチオン。

帰ってテレビをつけたら、

全国ネットのニュースでこのあたり街並みが映りました。

32.8℃もあったんだって!!

7月下旬の夏日と同じ気温だそうで。

まだ湿度がそんなに高くないからいいですが、

この時期からこんなに暑いんじゃちょっとなぁ。

日本の春と秋はいったいどこへいった??


寒いのも嫌だけど、やっぱりわたしは暑いほうが嫌です。

汗臭くなるし、外出の際は日焼け対策の完全装備しないといけないし、

そして夏の紫外線は、女性から若さを奪う><

エアコンをつけるから電気代もアップアップ↑↑

山に住んでいた頃は、家にエアコンなんて付いていなかったのになぁ。

お盆を過ぎると急に寒くなっていたし。


とにかくこれからわたしにとっては憂鬱な季節です。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/05/12 (Sun) 梅雨が来る前に~♪


もう一度~

草取りを~♪

というわけで、

今日は雨上がりの二日目、晴天。

絶好の草取り日和。

ボウボウに伸びた草共を少しでもやっつけようと、

日焼け対策万全装備で臨みました。

この時期は、まだ蚊がいないのが嬉しいですよね。

いろんな草が生えているけど、

やっぱり頭を悩ませるのがミツバ系(カタバミ)。

いつ種がはじけてもおかしくない状態><

そして去年とはまた違った趣の草も新登場;;

コンクリートブロックを椅子がわりに作業していたら、

寝ていたはずのメガネが慌てて庭に飛び出してきました。

「そのお腹で草取りしよると?!」

「えー?だって、ボウボウやん」

そう、このお腹なので、前のようにアクティブに動けません。

無理のない態勢でやっていても、

やっぱりちょっと無理しないと進まない・・・。

しばらく二人でやっていましたが、

腰痛持ちのメガネは途中で脱落。

わたしもいい加減やめよう、やめようと思いつつ、

やめ時が分からない。

草取りする人は、この心理、解ると思います^^;

次いつやるか分からないし、

気分がノっている今のうちに、

ついでにこのあたりまで取っておくか、の心理。

とりあえず、種が弾ける寸前まで成長しているミツバと、

伸びたら大変なことになる、

セイタカアワダチソウ系を中心に退治しました。

雨上がりで土が柔らかかったので、抜くのがラクでした^^

まだ半分の広さしか退治出来ませんでしたが、

目立つところは取り敢えず、といった感じです。

今週の平日休みに、母が手伝いに来てくれるそうです。

でも母、ちょっと抜き方が雑なんですよね^^;

根っこがけっこう残ってる・・・。


そして明日にでもシルバー人材に連絡して、

庭木の剪定をお願いしようと思います。

もう、大変なことになっています!

春になると、木々の成長は本当に凄いですよ。

えぇ~~~?!という感じで伸びていきます。


そしてこれ以上お腹が出る前に、

少しでも草を減らしていければと思います。

梅雨に入ったら、もう手がつけられなくなるから><


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/05/10 (Fri) 1ドル100円也。


ってニュースで大騒ぎですね。

個人投資家も輸出企業もテンションアップ↑↑

庶民のわたくしは「ふ~ん・・・」って感じ。

その昔、海外旅行したときに、

そういえば当時1ドル100円で、

買い物時、計算が便利だったのを覚えています。

そう考えると、

今は当時からかなり情勢が変わっていたんですね。

株価上昇!ってことも大騒ぎですが、

その「株」がわたしにはよく分からない・・・。

高校では三年間マーケティングの勉強をして、

擬似市場を作って、株もやっていましたが、

今はもう、忘れてしまいました^^;

「ぎゃー!暴落したァァ!!」なんて騒いでいましたが・・・。


わたしのような小市民には、

円高よりも円安のほうが影響大だと思います。

原材料の輸入価格が上がるので、

生活必需品(食料)の店頭価格も上がります。

パンとかチーズとか油とか・・・。

わたしから一番遠い場所にあるスゴイ人たちや企業、

そういう「わたしの知らない世界」が潤って、

それからゆっくりとわたしのところに恩恵がくるのでしょうね。

ゆっくり来ている途中で不景気になりそうな気もするけど^^;


それよりも何よりも!

来年からの消費税増税!!

も~、これは本当に痛いですよ。

高くなる前になんとしてでも、

家電の買い替え、居間を畳からフローリングにしたいです><

これからダニ増殖の季節だし。


拍手お返事は下の記事にて返しています。

今日の出来事 |


2013/05/10 (Fri) 切れそうで切れない。


~前回までのあらすじ~


数年前に辞めていった、職場のパート仲間二人。

去年の冬、彼女たちからメールでアプローチがあった。

「みんなで久しぶりにランチしませんか?」

二人ともママになっている。

どうやら子連れランチのようだ。

メインはおそらく、いや、

おそらくどころか100発100中で「わが子お披露目会」。

わたしは子供がいないから気が進まない。

でも理由はそれだけではない。

元々その二人とはあまり相性がよくない(と、わたしは思っている)。

だから特に会わなくても問題ないのだ。

さらに彼女たちはこう言ってきた。

「子連れOKのお店を適当に探しといてください」

誰が行くもんか。

でも器の小さいわたしとは違い、

別のパート仲間は彼女たちの希望に添える店を探し出した。

いくつか候補をあげても、

「そこは行ったことがあるから別のお店がいいです」

絶対、行かない。

わたしは仕事の忙しさを理由にランチを断った。

でも、パート仲間はそんなわたしの本音を知る由もなく、

わたしがどうにかランチに参加できるように日程調整してくれた。

どうしても行きたくなかったわたしは、

「突発の仕事が入った」と嘘をつき、なんとか免れたのであった。


あれから一年以上経った今日のお昼休み。

事件は起こりました。

「きょこさん、あの二人からランチのお誘いが来たよ♪」

ごめん、わたしにとっては脅迫状だわ。

あ~、久しぶりですね、そうなんですね~。

と、適当に相槌。

二人のうち一人が、昨日女の子を出産したらしく、

その子の画像も添えられていました。

ランチしようにも産んだばかりじゃ出来ないじゃん。

このまま逃げ切りたい、そう思った矢先、

「あのね、こっちは○○さんからのメール」

と、もう一人からのメールの内容は、

『二人目が欲しくて「妊活中」。

そして通信制の大学に通っている「女子大生」でもあります^^』


ハァー、そうですか、

いいねぇ、生活に余裕のある人は(←完全な妬み)。


『近々みんなでランチしましょう』


・・・う・・・。


するとメールを受け取っているパート仲間が、

「でも二人とも忙しそうだし、

そのうちきょこさんも自由に動けなくなるし、

なかなか実現しないだろうね~」

ですよね~??^^

「あ、きょこさんがおめでたって知らせてもいい?」

Σ(゚Д゚;)え?!

それは嫌。

なんて言えるはずもなく、

わたしの情報はアチラ側に流れていきましたとさ・・・。

別に知らせてもいいけど、

万が一「ママ友」としての交流を求めてこられたら、

また理由を探して断り続けると思います。

まあ、それぞれ生活に追われてるし、

社交辞令として軽く受け流しますけどね。


人間的に嫌な人たちでは決してありませんが、

わたしはちょっと苦手な分類なんです。


なんというか・・・

忘れた頃にアプローチしてくるもんだなぁ。

切れそうでなかなか切れないご縁です。

グループってほどじゃないけど、

五人規模のお付き合いって、わたしはちょっと苦手です。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/05/09 (Thu) 野菜を食べれば。


日中はだんだん気温が上がってきましたね。

この時期はまだいいです。

問題は梅雨~真夏の季節。

でも、もうすでにわたしの体力は怪しいことに。

今日だって、仕事帰りにスーパーで買い物をしていたら、

フラフラで身体がすごく怠かったのです。

つわりの気持ち悪さと、毎年恒例の「フラフラダルダル」のダブルパンチ。

えーと、

これから帰って、ねこの相手してご飯作って片付けたりするんだ・・・

あぁ・・・↓↓

さっきやっとその一連の流れが終わったのですが、

もうダメ~~;;目が回る~;;

明日、仕事休みたいな~という思いがちらつきましたが、

お金も必要なので、這ってでも行かねば。


わたしがこんな風になるのって、

たぶん、食べ物に原因があると思うのです。

栄養指導されたら、ぜったい色々突っ込まれる><

わたしが通っている産院は、

料理家の浜内千波さんとコラボしていて、

時々料理教室があったり、待合室には浜内さんの本がたくさんあります。

浜内さん自身、40代で野菜の大切さに目覚め、

野菜生活の食事にシフトした結果、

ご主人は血糖値も下がり、ご本人は70kg→52kgに減量成功。

そして一番の変化は、二人揃って疲れにくい身体になったこと。

それまではわたしのように、すぐ疲れる状態だったそうです。


その本を読んで、「わたしも野菜中心の生活にしよう!」

と一念発起したのですが、なかなか続きません^^;

野菜をお腹いっぱい食べても、やっぱり他の嗜好品が欲しくなるのです。

もう、今日なんて酷い食生活ですよ。

朝→クリームチーズを塗ったベーグル・炒り卵・野菜ジュース

昼→お弁当(ごはん・炒り卵・ゆでブロッコリー・冷食の牛カルビとゴボウ)

夜→冷やし中華(トマト・キュウリ・半熟卵半分・焼豚)甘栗・ポリンキー

帰宅後に食べたポリンキーは極めて無駄(笑)


ああ、そうそう、

午後、仕事中に小腹がすいて、

売店で買ったウイダーインゼリーを飲みました。


本当は、野菜スープや蒸し野菜が欲しいところですが、

やる気がない日(ほとんどかw)なんて、作る気になれません。

食事係のばあやがいたら「野菜スープ作って頂戴」なんて言えるのに~。


明日も仕事な上に、九州は大雨です。

う~、行きたくないなぁ。

朝もやっと起きているし(ねこによる強制起床)、

仕事から帰ってきても家の仕事が待っているから本当に憂鬱です。

家の仕事は、仕事が休みの日でもめんどくさくてやりたくないけどw


とりあえず今日は、これからお風呂に入って、

あがったらすぐ寝ます。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/05/08 (Wed) 難しすぎるやめどき。


「ダメだってはっきり分かるまで通ってみたら?」

母がそう言い続けるのでわたしは不妊治療を始めたのでした。


さっき、テレビで高齢女性の不妊治療の特集がなされていました。

ある40代の女性は、20回以上の体外受精を経験したにもかかわらず、

それでも子供に恵まれていません。

体外受精は一回につき30~50万円の料金がかかります。

その女性はもう一千万円以上もかけていましたが、

「たとえ二千万かかったとしても、子供が欲しい」

「これでやめたら、じゃあ今まで何だったの?って思う」

「やめたら終わり、続けたら可能性がある」

そうインタビューに答えていました。


わたしの職場に、

わたしよりずっと前に不妊治療を始めているパート仲間がいました。

わたしと同い年です。

彼女は不妊治療の最終段階まで進んでいて、

かなりの治療費を払ってたようです。

それ以外にも、もう藁をもすがる思いで、

占いや縁起物に凝ったり、

体調を整えるためにジム通いや身体のメンテナンスなど、

それに掛ける思いは、職場の誰もが目を見張るほどでした。


「そこまでしなくても・・・」

「夫婦二人で仲良く暮らすのが一番だよ」

陰で口々に言うのは子持ちのパート仲間。

わたしも正直、彼女を痛々しく思っていたけど、

「(子供が)いる人たちには解らないだろうな」

と、なんとも言えない気持ちでした。


さっきの番組を見ていた人の多くは、

「そんなにしてまでも子供が欲しいの?」

って思ったでしょう。

わたしも実は思ってました。

でも、実際自分が治療に通ってみると、

番組内の女性も言っていたけど、

「やめどき」が本当に分からないのです。

中には「また頑張りましょう!次こそいけますよ」

と、45歳を過ぎると極めて妊娠が難しくなるにもかかわらず、

患者を金づるにする医者もいるとのことです。

治療中の女性たちも、

「私の頑張りが足りないからだ」

「子供が産めない自分には価値がない」

と、精神的にかなり追い詰められていました。


母は、わたしが本気で子供を欲しがっていなかったので、

冒頭のような言い方で勧めてきたんだと思います。

わたしは母と長いあいだそのことで口論を続けてきましたが、

わたしが折れるかたちで治療を始めました。

ところがいざ通い始めてみると、

「なんで自分には子供ができないんだろう?」

「あぁ、またダメだった」

「ずっとダメだったら、いつまで続けるんだろう?」

「ダメだったって報告したとき、母はどんな顔をするだろう」

「・・・またダメだった・・・」

お金はどんどん出て行くし、

薬の副作用で身体はだるいし、

小さい子を見るだけでイライラするし、

ママタレがテレビに出てきたらすぐ消すようになったし、

今まで知らなかった感情が次々と湧いてきました。

「お母さんが病院に行けとか余計なこと言うから!!」

と逆ギレして、母に八つ当たりをしたりしました。

職場にいた妊婦さんたちを避けたりもしていました。


結果、わたしは子供を授かることができましたが、

もしダメだったら、わたしは今頃どうしていただろう・・・。


話は番組に戻りますが、

そういった「女性を追い詰める治療」ではなく、

治療を始める前の段階で、

「治療したからといって、子供が出来るとは限らない」

「心身ともにボロボロになってやめるのではなく、

”やれるだけやった”と納得した上でやめることが大事」

などと、カウンセラーや心理士を巻き込んだケアも、

少しずつ始まっているそうです。

それによって心が解放された夫婦の紹介もありました。


わたしが通っていた婦人科は、

金銭面も方法も良心的ではあったのですが、

「ダメだったとき」のカウンセリングはまったくありませんでした。

わたしはダメかもしれない、と言うと、看護師さんが

「このクリニックでは46歳で妊娠されたんですよ」

と、自信を持って返答されましたが・・・。


女性をこれ以上追い詰めないためにも、

もっといろんな角度からのサポートがあればと思います。



☆拍手お返事です↓

思想 |


2013/05/07 (Tue) 慎ましくスタート。


昨日は、結婚したばかりの義弟夫婦の家に遊びに行きました。

一階・二階が一軒のメゾネットタイプのアパートでした。

玄関には披露宴の受付付近に飾られたウェルカムボードや、

友人からの寄せ書きの色紙、写真などがたくさん飾られていました。

「新婚~~♥」って感じ!

いいねー!いいねー!!(←オバチャン)


まだここに移って一ヶ月しか経ってないとのことで、

家具等がまだまだ落ち着いてない雰囲気。

そして思った。


「なんか、わたしたちの新婚当初と似てる・・・」


というのも、

家電や家具が一人暮らし時代の持ち寄りや、

きょうだいからのお下がりの品ばかり^^;

食器棚は、三段のカラーボックスみたいな棚に、

布で目隠しカーテンがしてある状態。

テレビ台は、きっとどちらかのパーソナルテーブルだった模様。

エアコンはまだ付いていませんでした。


本当にうちの新婚時代と一緒(汗)


新婚の友達の家に遊びに行くたびに、

わたしはいちいち落ち込んでいました。

狭いアパートにそぐわない大型冷蔵庫に大きめサイズの洗濯機。

収納力抜群の食器棚にレンジボード。

統一されたタンス、ドレッサーにベッド。

四人がけの食卓テーブル・・・。

みんな結納金で買ったものや親からのプレゼントだと言っていました。

「こんなにデカいタンス、いらんってねぇ」

と友達が謙遜していたけど、

わたしは羨ましかったですよ。


義弟夫婦にだけ結納があったら許さない!って最初は思っていましたが、

わたしと同様、なんにもなかったのを目の当たりにして、

お嫁さん、かわいそうだなぁと思ってしまいました。

価値観は人それぞれで、

お嫁さんは何とも思ってないかもしれないけど・・・。

一足先にお嫁に行ったお姉さんが、

もし義実家から良くしてもらえていたのなら、

すこしは不満があるんじゃないかなぁ。


でも、そんなスタートだったにも関わらず、

わたしたちは中古だけど一戸建てを買うことが出来たし、

家具や家電も少しずつパワーアップさせていくことが出来ました。

冷蔵庫、炊飯器、洗濯機、食器棚はシングル仕様のままですが(笑)

ん?

パワーアップしたのって、

テレビとレコーダーと掃除機とパソコンだけじゃん(笑)


最初から飛ばしすぎるよりも、

貧相から少しずつ良くしていったほうがいいような気がします。

最初は周りと比べてしまって凄く惨めな気持ちにはなるけど、

家具や家電を自分たちの力で良いものに買い換えたときの爽快感は、

ほんとうにたまらないです^^

義弟夫婦は職がしっかりしているから、

10年後にはわたしたちを余裕で超えているでしょう(笑)


どうでもいいけど・・・、

メガネはやっぱりコーヒーグッズ一式を持ち込んで、

コーヒートークを炸裂させていました。

便利グッズの押し売りセールスみたいだった・・・w



☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/05/05 (Sun) 佐賀その2。


カフェでランチをいただいたあとは、

そこから北へ車を走らせ1時間。

松林が見えてきます。

にじまつ

車を停めてしばらく歩くと・・・、

にじまつ2

にじまつ3


海です!

にじまつ5

ここは有名な海水浴場で、

夏になると海の家が出現したりとかなりの賑わい・・・、

だと思う。

春にしか訪れたことがないので、

夏の賑わいを知りません、すみません^^;

一度だけ夏の夜に遊びに行ったけど、

夜の海、夜の松林は雰囲気ありすぎて怖いです。

にじまつ6

波打ち際ギリギリまで行ったけど、

足元まで「日よけ完全装備」だったので、

素足で「アハハ、ウフフ♪」なんてことはしません。

特に30過ぎたらウォータープルーフ日焼け止めを塗ってないと、

そんなことは気軽にやってはいけません。

わたしも24まではやっていた、24までは。

にじまつ7

波打ち際ではしゃいでいる人たちが数人いました。

楽しそう・・・。

そんな楽しそうな人々の姿を、

タオルを首に巻いて遠巻きに眺めておりました。

農作業中の人が、どこでもドアで突然浜辺へやってきた感じ。

にじまつ11

途中でねこちゃんに遭遇!

まだ子猫でしたよ。

すっごく人懐っこい子でした。

にじまつ12

自分でねこを飼うまでは、出先でねこに遭遇すると、

「わ~!にゃんこだ~!」

と心底喜んでいましたが、

実際にねこと暮らしてみてからは、

「この子、ノラかな?ちゃんと生きていけるかな?」

と、身の上をもの凄く心配するようになりました。

飼い主さんがちゃんといればいいのですが・・・。

人馴れしてたから、誰かが可愛がってくれていると信じています。


ここの浜辺は20年間、ほぼ毎年訪れています。

20年・・・20年かぁ・・・ハァ・・・。

ここはわたしにとっても充電スポットです。

いつも「あぁ、来てよかったな」という気持ちになります。


にじまつ4


にじまつ13

今日は気分もよかったし、いい一日でした。



「Bサイド」は続きから↓


今日の出来事 |


2013/05/05 (Sun) 佐賀へ。


晴天続きのゴールデンウィーク。

わたしたちが向かったのは、

どんたくでも、海の中道でも、阿蘇でもありません。

やっぱ渋滞知らずの佐賀でしょ。

というわけで今日は、

メガネのフェイスブック仲間が経営しているカフェへ行ってきました。

女性が一人で経営されているのですが、

外観は100年以上の歴史がある蔵!

ちゃーみー7

ちゃーみー6

これは知らないと絶対に素通りしてしまいます。

二階建てっぽいですが、吹き抜けの平屋でした。

ちゃーみー

室内は暗めの照明だったので、

わたしのカメラは非対応;;

残念ながら店内の写真はありません。


日替わりランチ(ドリンク・ケーキつき)を注文しました。

ちゃーみー2

野菜たっぷりでおいしかったです。

男性はちょっと物足りない感じでしょうか?

ちゃーみー3

ケーキもだけど、久しぶりに飲んだ紅茶がすごく美味しかったです。


飲食店などのトイレがきれいなときは、

必ず撮影してしまいます^^;

白壁にガラスブロック+オブジェがかわいいです^^

ちゃーみー4

洗面台はこんな感じ。

ちゃーみー5

このお店、このあたりのママ友の中では有名店らしいです。

キッズスペースや、乳幼児用のイスやアイテムが揃っていたようです。

今ではこれ系のお店はちょっと避け気味でしたが、

こんなお店が家の近所にあるといいな~と思いました。

ちなみに我が家周辺には、カフェすらない有様;;


今度は違うメニューを目当てに訪れたいと思います。

今日の出来事 |


2013/05/02 (Thu) 日本人のモラル。


数年前からよく見かける張り紙。

スーパーやショッピングモールのトイレに、

「トイレットペーパーは持ち帰らないでください」

「おむつはゴミ箱に捨てないでください」

昔はこんな張り紙見たことなかったけど、

そういう人たちが増えったってことですね。

だから、トイレットペーパーには店名のスタンプが押してあったり、

簡単に外れないストックホルダーになっています。

ショッピングカート置き場にはこんな張り紙も。

「買い物かごは持ち帰らないでください」

買い物かご持ち帰ってどうすんの?って思っていたら、

電車で横に座ってきたおばちゃんが、

某スーパーの買い物かごをバッグ代わりにしてて驚きました。

アパート暮らしの頃は、

ある部屋の住人が、買い物かごを工具入れにして車に載せていました。

そしてスーパーのサッカー台下のゴミ箱にも注目。

肉や魚の白トレーやラップをはじめとして、

豆腐のプラ容器なんかも捨ててあるからビックリ。

品物だけ備え付けのビニール袋に入れて持って帰ってるみたい。

白トレーが邪魔なら、店内に入ってる肉屋さんで買えばいいのに。

コンビニのゴミ箱に、

わざわざ家庭ゴミを持ち込んで捨ててる人も見かけるし、

車椅子専用駐車場に、平気で車を停める人もたくさん。

道端も、タバコやペットボトル、お弁当のゴミでいっぱい。


日本人はモラルがいいなんて聞くけど、どこが?って思います。

自分のことばっかり考えている人が増えてしまった結果なのでしょうか?

悲しいなぁ。


拍手お返事は、下の記事にて返しています。

思想 |


2013/05/02 (Thu) 家電の買い替え。


うちの洗濯機5kgなんです。

小さいです。

「洗える布団」とか「洗える毛布」とか買っても洗えません。

普通のお宅だったらせめて7kgはないと。

この洗濯機を買ったのは、結婚する少し前でした。

引越しや結婚式の費用なんかでお金がかかる時期です。

メガネと量販店で家電のまとめ買いをしたのですが、

予算の都合上、洗濯機を安物にせざるを得ませんでした。

(どれも安物だったけどね・・・)

でもわたしは、どうしても洗濯機は大きなものが欲しかったのです。

弟とアパート暮らしをしていたときの話。

さあ洗濯しようと脱衣所に入ったら、

上の弟の作業服上下、下の弟の学校のジャージ上下がてんこ盛りよ!

「あんたたち!洗濯機からはみ出とるやん!><」

もう何度叫んだことか・・・。

一日で二度洗濯機を回すこともしばしばで、

大きな洗濯機に憧れていたのです。

なのにメガネはどうしても安さを優先したがります。

「不便になったら買いなおせばいい」

だ~か~ら~!

なんだかんだで買いなおせなくなるからそれはダメだって!

って、洗濯機売り場でケンカ、というか不穏な空気に。

結局わたしが折れる形になり、

結局不便を感じながらも10年目よ。

その間、何度もメガネは弟と同じことを・・・。

「なんで作業服上下とジャージ上下と、

さらにパーカーとジーパンを一緒に入れるワケ?!」

「えへへ、ごっめ~ん^^」

「もう!物理的に考えてよね、

これが同時に洗えるわけないやん!!」


あなたはわたしの弟ですか?


そんなわけで、ついに買い替えを決心した二人なのでした。

で、先日、量販店へ洗濯機を下見に行ったのですが、

はっきり言って、どれがいいのがさっぱり。

ドラム式かタテ型か、

乾燥機能が付いているかどうかも考慮しなければなりません。

店員さんの説明も100%信じてはいけません。

メーカーと自社のコラボ商品をやたらと押してきます。

そりゃ自社商品を売りたいでしょうからね。


ネットで購入者の声を調べてみましたが、

店員さんが「これが一番売れてます!」

と勧めてきた商品のレビューが、はやりイマイチ。

へ~、こんな問題点があるんだ。

そりゃ売る側もメーカーもマイナスポイントは言いたくないよね。

などなど、色々勉強になりました。

あと、わたしの周囲の人の意見で一番多かったのが、

「乾燥機能って、あんまり使わないよ」

どうしても!ってときだけ使って、ほとんど使わないみたいですね。

確かに乾燥機能が付いていたほうが便利でしょうけど、

干して乾くなら、みんな干すだろうな^^;

乾燥機能が欲しいなら、洗濯機と別に買ったほうがいいとも聞きました。

洗濯機と乾燥機が一緒になっていると、

メンテナンスがなかなか大変みたいです。


実は、最初はドラム式の乾燥機能付きを買うつもりでした。

でも、二人で話し合った結果、8kgのタテ型にすることにしました。

6月にボーナスが入ったらすぐ買いに行きます!


本当はわたしのお給料で食器洗い乾燥機を買う予定でしたが、

あれやこれやで出費があり、

食洗機購入は未定となりました、トホホ。



☆拍手お返事です&おまけ画像です↓

今日の出来事 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。