2013・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/10/31 (Thu) 思い出の整理。


まだ実家にいるわたし。

一応来週の初めに自宅へ戻る予定です。


実家の二階は、わたしと弟の部屋でしたが、

今はほぼ物置状態。

弟夫婦が帰省したときの控え室として使われる以外、

まぁ、物置(笑)

そんな「物置」に、昔の写真が眠っていて、

先日久しぶりに見てみることにしました。

母の離婚時、時間がなくて、慌てて掴んできた写真たち。

本当はもっとたくさんあったのですが、

今ここにあるのは、残念ながらほんの一部です。

わたしたちが赤ちゃんだった頃の写真や、

運動会、親戚との旅行、なにげない日常。

ピンボケやセンターずれの写真もいくつかあります。

昔は現像して初めてどんな風に写っているかが分かりましたね。

デジタルの今は、気に入らない画像はその場で消去できますが、

昔は、気に入るも気に入らないも、

現像から出来上がってきたものをすべて

受け入れなければなりませんでした。

端に指が写っていたり、目を閉じていたり・・・。

フラッシュをたくのを忘れて仕上がりが残念だったり。

焼きまし時はネガに枚数を書いて注文していましたね。

今は撮るだけ撮って、データはいっぱいでも現像は後回し。

わたしはほとんど現像していません。

昨日、SDカードを確認したら、

ねこの画像がビックリするほどたくさんありました^^;

今は自分で撮った画像を簡単に安く「本」にするサービスがありますね。

SDカードをカメラ屋さんへ持ち込んで選ぶか、

ネット注文もできるようです。

ソフトカバーの文庫本サイズ24Pだったら、

960円で出来上がります。

最多の96Pでも1980円。

ハードカバーや教科書サイズだと、少し高くなりますが、

現像してアルバムで保存する手間を考えたら、

わたしは本を選ぶかも。

ねこ本や旅行本、子供の本、いろいろ作ろうかな^^


こうやって今は写真のサービスは便利になっていますが、

昔の方が写真を大事にしていたかも。


☆拍手お返事です↓



スポンサーサイト

思想 |


2013/10/28 (Mon) もうどーしましょ~><


やっと子供が寝てくれました。

日に日に寝つきが悪くなり、

昨晩は何度も寝かしつけに失敗;;

夜7時からグズグズ言い続け、

眠ってくれたのが夜の11時半。

やっとわたしも眠れる~と横になったら、

気づいてみれば隣で子供が泣いていた。

時計を見たら12時。

たったの30分しか寝ていません。

おっぱいもミルクもあげて、おむつも替えた。

きっと眠るタイミング逃してしまって、

眠れなくて泣いているのでしょう。

だからおくるみに包んで立ってあやし続けるんですけど、

とにかく顔を真っ赤にして、

死ぬぞの勢いで泣き続ける子供。

足をバタつかせて、首を後ろにそらして、

しかも体重も重くなってるから抱っこがキツイ><

でも、しっかり眠ってから布団におろさないと、

すぐ目が覚めて「ふりだしに戻る」になるので、

手がしびれようが自分が眠くなろうが、

子供が完全に眠りに落ちるまで立ったまま抱っこ。

寝たかな~?と思っても、

グズグズ言い出して、またギャン泣き。

わたしを追い詰める泣き方に心が折れそう;;

今は実家にいるから(まだいる)

どうしようもないときは親が手伝ってくれるけど、

来週、自宅に戻ったら、ちゃんと出来るか不安。

ねこの相手もしつつ、

ねこの爪から子供を守らなければならないし・・・。

お風呂とか、その他いろいろ、

考えだしたら眠れない;;

のんびり屋のメガネは「どうにかなるさ」の楽観視。

絶対にこうなる!ってこと、たくさんあるのに、

その不安を相談すると、

「まだ何も起こってないのに心配ばかりして」

と相手にしてくれません。

困ったときに対処すればいいと言っていますけども、

子供がねこに引っ掻かれてケガしたらどうすんのさ~;;

まだ小さな子供は無抵抗なんですけど。

ケガする前に策を練るのが本当なんじゃないの?

この「のんびり」がわたしの両親をイラつかせるポイントになってます^^;

しかも仕事で帰りが遅いので、

もう「働いてお金を入れてくれる係」だと割り切るしかないですね。

残念ながら、夫婦で一緒に育児は出来そうにありません。

ああ、こうやって「旦那、邪魔」ってなってくるんだろうなぁ。

せっかく仲良くやってきたのに、

わたしたちもそうなってしまうのかなぁ。


今から子供をお風呂に入れます。

今夜はちゃんと寝てくれるか不安・・・。



☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/10/24 (Thu) 「待ってま~す」。


先日、自宅へ戻った時に郵便受けを見てみると、

わたしの職場から封書が届いていました。

給与明細書は緑色の圧着ハガキ。

その封書は茶色。

なんだろう・・・と、少し怯えながら開封。

白い紙が一枚だけ入っていました。

『契約内容変更のお知らせ』

え・・・?

もしかしてオイラ契約切られた??

ビクビクしながら読み進めると、

福岡県の最低賃金引き上げに伴い、

時給が上がりましたよ、というお知らせでした。

び、びっくりした・・・。

マジでびっくりした・・・。

わたし、職場から忘れられてなくてよかった・・・。

でも、この時給アップ方法、

わたしの収入がどんだけ安いか一目瞭然ですね・・・(涙)

下手すると、セ○ホ受給者よりも安いんだぜ?


それから数日後、お祝いのお礼渡しと、

子供の顔見せに職場を訪れました。

場合によっては人が出払っていてフロアがすっからかん、

という日もあるのですが、

その日はたまたま大所帯だったため、

子供を抱っこしてドアを開けた瞬間、

「わああああ・・・!!」

いっぱい人が寄ってきた!

芸能人になった気分!(アホ)

身動きが取れないほど、わたしと子供は囲まれ、

頭が軽くパニックになり、上司への挨拶も後手後手に^^;

母世代の看護師さんたちは「おばあちゃんですよ~」

子供がいる人たちは「抱っこしていい?」

子供がいない人たちは、取り敢えず見守る。

↑ この気持ち、すごく解る。

こわくて抱っこ出来ないのもあるし、

その他の「複雑な気持ち」が交錯するであろう心境。



たくさんの人に次々に抱っこされるうちに、

とうとう泣き出してしまった子供。

こうなってしまったら手がつけられないんだぜ。

「お母さんのところに戻ろうね~」

って戻されたところでお母さんもどうにも出来ない;;

取り敢えず廊下へ出てみる。

でも、前の職場のビルならよかったけれど、

今は他の企業さんも入っているから泣き声は迷惑な騒音。

ご迷惑おかけしました~><と予定より早々に退散してきました。

でも、仲の良い人たちが仕事ほっぽりだして、

ロビーまで付いてきてくれました。

その頃には泣き止んでいたので、

少しですがお話することが出来てよかったです。


フロアを出るときに上司から、

「待ってますよ」と声をかけられたのは嬉しかったです。

時給は安いけど、働ける場所があるというのはありがたいことですね。



☆拍手お返事は下の記事にて返しています↓

今日の出来事 |


2013/10/23 (Wed) 包装紙の威力。


若い世代に言わせるならば、

「包装紙とか関係ないんじゃね?」

なのかもしれませんが、

一定の世代やデパート好きな人間にしてみれば、

けっこう重要なことだと思うのです。


妊娠~産後の期間中、

アホかっていうほどたくさんの「内祝いカタログ」を貰いました。

お店でおむつやミルクのサンプルをくれるのは嬉しいけど、

抱合せで必ずカタログがついてくる(呆)

産後すぐは外出がほぼ出来ないので、

カタログを使ってネット注文することにしたのですが、

たくさんのカタログの中から一本に絞るのは難しかったです。

あ、これいいな~と思っても、

別の価格帯になるとイマイチのラインナップだったり。

そしたらこの価格帯なら別のカタログがいいのに、とか。

まぁ、商品ラインナップやサービスは、

どのカタログもほぼ横並びで、どれにしようか凄く悩みました。

そして「これにしよう」と決定づけたのが包装紙。

大手デパートの包装紙で、なおかつそこの手提げもついてくる。

先日、手渡し分の商品が届いたのですが、

低価格のささやかな品物でも、

包装紙効果で見栄えがいいというマジック^^

各社オリジナル包装紙よりも「きちんと感」「高級感」が出ています。

特に目上の人には効果が絶大!とまではいかないにしろ、

「お、○○デパートだわ」と、好印象は間違いない(と思う)。

母の勤務先やお友達からもお祝いを頂いていたので、

母も「この包装紙がいいよね~^^」

と笑顔で内祝いを持って行きました。

まぁ「見栄」「自己満足」と言われればそれまでですが^^;


逆にどんなにいい品でも、欲しかった品でも、

そこらへんの紙で適当に包んだね?

と思わせる雑な包装だとテンションが下がります・・・。



☆拍手お返事です↓

思想 |


2013/10/21 (Mon) お宮参り。


日曜日のお宮参り、

おかげさまで 無事に 終わりました。

わたしの策略(笑)どおり、

実家の両親とわたしたち夫婦と子供の五人で参拝。

結局あっちからはも何も言ってこなかったし、

メガネもわたしたちに流された形に。

お天気にも恵まれ、絶好のお宮参り日和でした。

ちょうど混み合った時間帯だったため、

4家族まとめての祈願。

神殿は人でごった返していました。

しかもお宮参りと七五三が混在状態。

タイミングによっては1組だけでゆっくり祈願できるので、

なんだかちょっと損した気分。

初穂料も一緒だってところがなんだかなぁ。

祈願中、赤ちゃんの前で獅子の口をカチカチっとさせる儀式があるのですが、

なぜかわたしの子供だけスルー。

え?!なんで??

子供を抱っこしていたわたしの母が思わず、

「すみませ~~ん!」

後ろに座っていたわたしも思わず立ち上がりました。

「なんで??」

と思ったのはわたしたち家族だけではなかったようで、

一緒に居合わせた参拝者から、

「この子、まだですよー!」

と次々に声があがり、現場は一時騒然。

すると宮司さんは色違いのもうひとつの獅子を抱え、

宮司「男の子はこっちの獅子でやります」

一同「・・・!(汗)」

あ~、男の子は色が違うのか~。

知らなかった~。

などと感心する声、アハハ早とちりだったワという笑い声。

わたしたちも「な~んだぁ」と笑っていたけど、

最初に一言説明しろや。

びっくりしたやんか。

なんだかんだで無事にお宮参り終了。

ぞろぞろと神殿をあとにする団体。

すると宮司さんが「神殿内で撮影OKですよ~」と。

え?こんなところで撮影していいの??

これは撮ってもらわな!と思い、

宮司さんにカメラを渡し、撮影してもらいました。

「一緒に写ってもらってもいいですか?」

と声をかけると、

宮司「いやー!ひっさびさに声をかけられましたァ!」

宮司のアニキ、めっちゃ嬉しそう。

最後に和気あいあいと、いい思いをしたので、

獅子の件は水に流してやろう。


その後、予約していた実家近くの写真館へ向かったのですが、

満車で車が停められませんでした。

路肩に車を停めて、写真館へ問い合わせに行くと、

順番が来たら電話するので、

自宅で待機しておくように言われました。

なので一度実家へ戻り、

「おむつ替えたりおっぱいあげたり出来てよかったね~^^」

だとか、

「お赤飯、みんなでつまもうか~^^」

だとか、

あと、神社でもらったでんでん太鼓で遊んだりと盛り上がっていたのですが、

お宮参りは直帰せずにどこかへ立ち寄る

という風習を、そのときはすっかり忘れていました。



☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/10/18 (Fri) ものわすれ@50代。


久しぶりに「母ちゃんネタ」。

母がわたしの子供の名前をいつも間違えます。

わたしの甥の名前で呼ぶのです。

甥はもうすぐ一歳。

わたしの子供が生まれるまで、

我が家のアイドルは甥だったので仕方ないっちゃあ仕方ない。

だけど間違えすぎ。

一歳五ヶ月の姪もいるけど、

女の子だからか、この子とは間違えないのですが、

同じ男の子だと、どうしても間違えてしまうのでしょうか・・・。

名前の雰囲気、全然違うのになぁ。

母が間違えるたびに「また間違えた!」と逐一突っ込んでいたのですが、

今はもう、めんどくさくて放置(笑)

すると、そうこうしているうちに、

先日、自分の息子(わたしの弟)の名前で呼んでいました^^;

そのときはさすがにわたしと父から盛大に突っ込まれましたけど。

さらに事態は深刻化し、

母が子供の洗濯物をたたみながらわたしに、

母 「はい、モモの分」

ついに犬になった。


でも、母の気持ち、ちょっとは解る気がします。

だって、ときどき自分の子供とねこがかぶるww

まだ口には出していないけれど、

うっかりねこの名前で呼びそうになる自分がいます・・・。



☆拍手お返事は、下の記事にて返しています。



かあちゃん |


2013/10/18 (Fri) 漆黒のレールウェイ。


豪華観光列車「ななつ星In九州」。

初便が今週の火曜日に博多駅を出発し、

三泊四日の旅を終えて、本日博多駅に戻ります。

火曜日、出発の様子をテレビ中継で見て、

家族で「線路脇に見物に行こうか」と悩みましたが、

雨が降っていたので、また今度、ということに。

明日は一泊二日の長崎~阿蘇コースが出発するみたいで、

「じゃあそれを見物に行こう」ということになりました・・・

が、

なんと、実家の近所を通るのが、どうやら夜中のようで、

せっかく見に行ったとしても、暗くてよく解らない・・・。

しかも、寒い中凍えながら、

暖かで絢爛豪華な空間に包まれているセレブが乗る列車を見るなんて、

けっこう虚しい気がする。


初めてこの豪華列車の発表があったとき、

わりとみんな冷たい反応でした。

こんな不況に一体誰が大金出して乗るんだ、と。

一泊二日で一人15万円でしたっけ?

デラックススイートの三泊四日コースだと、

一人あたり55万以上だったと思います。

こんなお金出すんだったら、

わたしはヨーロッパ旅行するよ・・・。

でも、世間にはいるんですよね、お金持ちさんが。

応募倍率が8倍?10倍以上?

とにかく応募が殺到したようですね。

かなり先まで予約がうまっているとか。

これはあくまでもわたしのイメージなんですけど、

古くから代々続く本物の裕福な人ではなく、

なんていうかなぁ、

成金系っていうか、パーっと儲けましたー!系っていうの?

そういうお金持ちさんが自分のために景気よくお金を使いそうなので、

応募する人たちは、そういう系列のような気がする。

全部がそうじゃないでしょうけどね。


とにかくお金持ちさんたちにはどんどんお金を使ってもらって、

世にお金を回して欲しいですね。

不況で財布の紐が堅いだとかなんだとか言ってますけども、

高級おせち予約に長蛇の列が出来るくらいなんだから、

やっぱ、持ってる人は持ってるのよ、お金。


あ、列車の話のはずが、

途中からお金の話になっちゃったw


☆拍手お返事です↓

思想 |


2013/10/17 (Thu) 男の一人暮らし。


お産で実家にお世話になったあと、

自宅に戻ってみたら、そこはゴミ屋敷だった。

という話をよく聞いていましたが、

我が家の場合は大丈夫^^

ねこのお世話のために、週4日は自宅へ行っているのですが、

家の中はわりと綺麗に保たれていて感心。

高かったけど、引越しを機に掃除機をダ○ソンにしていてよかったです。

ねこの毛はよく取れるし、お手入れもラクラク。

重くて音がうるさいのが難だけど、

メガネがこの掃除機を気に入っているので、

毎日掃除機をかけてくれています。

ねこのイタズラから物を守るために、

普段から床やテーブルに物を置かない習慣が根付いているのもよかった。

というものの、やはり詰めが甘いところがあります。

メガネの労働時間を考えたら仕方ないけど、

「もうちょっとどうにかならんの?」って思いますね。

ゴミ関係は特に。

そういう詰めの甘いところを、

ねこのお世話のついでにフォローして帰ります。

親に子供を見てもらっているとはいえ、

長時間は無理だから、目に付いたところをササっと。

昨日は子供を親に見てもらっている間に、

銀行巡りと食材の調達をして、自宅へ向かいました。

着いて一番にすることは、窓を開けて空気の入れ替え。

ねこのトイレはどうしても臭いますからね。

冷蔵庫の怪しいモノを破棄し、

買ってきた食材(すぐに食べられる系)や、

切ってタッパに入れた生野菜や焼いたシャケを補充。

帰るときにメールで連絡事項を伝えます。

食品の賞味期限に気をつけろだとか、

明日は燃やすゴミの日だぜ、だとか。


本当はわたし、もうそろそろ自宅へ戻るべきなんですけど、

尻が治らないので、もうちょっと実家にお世話になります。

たぶん、今月いっぱいは実家にいそうな予感^^;

目安は産後一ヶ月らしいですが、

みんなどれくらいの期間、実家にお世話になっているのかなぁ。

友達に聞いたら、一人目だと、一ヶ月半が目安らしいですね。


☆拍手お返事は、下の記事にて返しています。

今日の出来事 |


2013/10/17 (Thu) カタログショッピング。


自由に外出できない今、

空いた時間にカタログで商品を物色する毎日です。

服が欲しくて某大手通販のカタログを、

ヨレヨレになるほど見続けています^^;

「あ、これいいな」と思った商品のページに付箋をつけ、

ネットでレビューを見ているのですが・・・。

確かにレビューはためになるけれど、

そのおかげでなかなか注文が出来ない。

☆が五つの好評商品でも、やはり不評の少数意見に目が行きます。

買う気満々でも、評価の低いレビューを見てしまうと、

買うのやめようかな・・・と二の足を踏みます。

写真では解らない「ボタンが取れやすい」「毛玉が出来やすい」

という意見は特に敏感になります。

ここの通販はよく利用していますが、

当たりハズレがけっこうあるんですよね。

当たりだと、何年も着続けるし、

ハズレだったら、一度しか着ないことだってあります。

生地がイメージ通りではなかったり、

試着が出来ないから、サイズが合わなくて返品したことも。

ブーツがイマイチだったので返品したことがあるのですが、

ブーツの代金よりも、返品の送料の方が高かったという(笑)

基本的にはシューズ類は通販で買わないのですが、

一度だけ満足のいくパンプスと出会うことが出来ました^^

ベッドパットなどの寝具類も、今のところハズレなしです。

居間のメインテーブルもここの通販で買ったのですが、

これは大当たりでしたね。


今回の注文は、決まるまで10日ほどかかりました。

到着するのが楽しみですが、

ここは在庫切れが多く、商品がずれずれで届くのが面倒。

今は在宅が多いからいいけれど、

仕事をしているときは不在票だらけ、梱包材だらけでした。



☆拍手お返事です↓


今日の出来事 |


2013/10/13 (Sun) かぼちゃ祭。


ミスドのCMで知った、期間限定のハロウィンドーナツ。

気になって、キティちゃん型のやつを買って食べてみたら、

けっこうおいしかったです^^

今月末はハロウィン。

クリスマスなどに比べたら、日本での認知度はまだまだですが、

グッズの可愛さはピカイチだと思います。

ディズニーランド&シーは、ハロウィン一色になっているでしょうね。

季節もいいし、ハロウィンイベントの頃の来場者が、

一番多いと聞いたことがあります。

無謀にも、母とそのお友達のおばちゃんたちとで行ったことがあるのですが、

その日の来場者数はなんと7万5千人!

午後からは入場制限がかかったそうです。

おばちゃんの一人が、ランドキャストのお嬢さんと知り合いでして、

閉園後に、そのキャストさんとの会話で判明。

レストランは予約していたからよかったけど、

飛び込みの場合は待ち時間がすごく長かったようです。

ちょうど三年前の今頃でしたね。

来場者が多い理由の一つに、グッズの可愛さがあると聞きました。

あ~、わかる、確かにあの色合いといい雰囲気といい、

クリスマスとはまた違った可愛さがあると思います。

ジャックランタンやおばけみたいなキャラがまた可愛い^^


わたしがハロウィンを初めて知ったのは小学生の頃。

サンリオショップでもらったスケジュール帳。

10月31日のところに「ハロウィン」と書いてあり、

親に聞くけど「知らない」の一点張り。

高校の学祭のときに、

英語科の教室にジャックランタンがたくさん飾ってあり、

そこで初めて「ハロウィン」の意味を知りました。


友達が通っていた英会話教室では31日にパーティーが開催されていたけど、

日本の家庭では、クリスマスイベントほどは確立されていませんね。


今度ディズニーランド&シーに行くのは何年後でしょうね~^^;

子供が小学生になったくらいかなぁ。

学校が休みの日=高額な日なので、

ディズニー旅行専用の通帳を作って、しっかり貯金したいです。

思想 |


2013/10/10 (Thu) 高額な「お守り」。


10年以上掛け続けた生命保険を解約しました。

理由 → 払っていけない。

しばらく収入がないのに月に1万近くの支払いは無理。

しかも、この保険は「貯金・保険マニア」の母が、

強制的に入れさせたんです。

保険会社も営利団体だから!

と、何度も母に話を持ちかけても、

「あんたは婦人系の病気になりそう」だとか、

「お産のときに何かあったらいかんから」だとかで、

聞く耳持たず。

無職の時も、この保険の支払いに悩まされてきました。

解約も考えたけど、そしたら今までのが無駄になってしまう・・・。

でも、無事に出産が終わったのを機に、

もう思い切って解約することにしました。

支払った金額のことを考えたら眠れなくなってしまうので、

「セレブなお守りだった」と、なんとか割り切っています。

お金も少しだけ戻ってくるので、

これでしばらくは車の支払いはどうにかなりそうです。

仕事に復帰して、収入が安定してきたら、

県民共済のやっすいやつに加入しようかと考え中。


病気をしないにこしたことはないけど、

うつ病になったり、婦人科系の病院に通ったりと、

つらい思いをした時期があったのに、

セレブな保険は一度もわたしを守ってはくれませんでした。

保険の契約内容がそうなんだから仕方ないんだけど。


昨日の夕方、担当者がうちに来て、解約の手続きをしました。

子供も見てくれました。

そして予想通り、

「お子さんの学資保険の見積もりです^^」

ほら来た。

さすがセールスマン、ぬかりなし・・・。


今日の出来事 |


2013/10/08 (Tue) 年の功。


昨日の出来事。

子供の沐浴時のエピソード。


昔はベビーバスってプラ製でしたが、

今はビニールプール式の空気を入れて膨らますやつ。

それを台所の流しに置いて沐浴させるのが多いみたいです。

我が家もその方式。


昨日はわたしと母の二人で子供をお風呂に入れました。

子供をベビーバスから上げて、

濡れた身体をバスタオルで拭いているとき。

あれ?紙おむつがない。

母に持ってくるようにお願いしたら、

母「とにかくバスタオルにくるんだまま寝室へ連れて行って!」

わたし「えー?!すぐおむつせんと、オシッコするやん!」

母「いいからはよ!」

わたしはブツブツ言いながら大急ぎで寝室へ。

おむつを着けようと子供を布団の上にのせた瞬間。

わぁ、

小便小僧だぁ^^

なんて笑ってる場合じゃなくて!

小さなイチモツから飛び出した尿は、

美しい放物線を描き・・・。

などと鑑賞している場合でもなく!


え~ん;;

さっき着たばかりのわたしのパジャマがぬれた・・・。

しかもバスタオルも寝具も全部オシッコ地獄じゃねーか・・・。

さ、さらに、

追い討ちをかけるようにウンチまで出した・・・。


わたし「おかあさんのバカ!昨日と同じやん」←実は前日もだった。

わたしがギャンギャン騒いでいると、

駆けつけた母、

「○○くん、オシッコしてスッキリしたね~~^^

わ~あ、ウンチもしたね。よかったね~、気持ちよかったね~^^

ふきふきしましょ~ね~^^」

わたし「・・・(チッ)」

まぁ、毎日こんな感じです。

子供に手を妬いて不機嫌にしているわたしの横で、

寛大な気持ちで孫に接する母。

だてに子供を三人育てていませんね。

強すぎる・・・。


育児書なんかによく書いてある、

赤ちゃんにおっぱいやミルクをあげたり抱っこするときは、

優しく話しかけてあげましょうねってやつ。

そうするときに母は必ず孫に話しかけています。

「おいしいですか~?」「ねむたいですか~?」

的な。

わたし → 常時無言。

え?なんか、ガラじゃないっていうか、

こっぱずかしくて言えんわ。

わたしに似たような「ガラじゃない友達」らが、

我が子に赤ちゃん言葉で話しかけている様を見て、

「母親になったら誰でもああなるんだ・・・」

と思っていたけれど、

赤ちゃん言葉どころか、

普通にも話しかけられないダメ母(笑)

わたしは普段から独り言は言わないタチなので、

話を聞いているかどうか解らない子供に話しかけると、

なんだか独り言みたいでイヤ・・・(笑)


こんなことを書いてると、

「え?あんた、育児大丈夫?」

って突っ込まれそうですね。

突っ込まれても仕方ないわ(笑)


でも、先日母から意外なことを言われたんです。

「どうなることかと心配しよったけど、

あんたが楽しそうに子供のお世話してて安心した」って。


え?

楽しそうに、いつしてた??


でも第三者からはそう見えてるってことなので、

大丈夫ですよ!(ほんとかよ)


☆拍手お返事は、下の記事にて返しています。

思想 |


2013/10/08 (Tue) 尻について。


尻が未だに痛いんですけど。

例の「尾てい骨ねんざ」です。

今、座布団に座ってタイプしているんですけど、

じんわり痛いです。

笑うだけでも痛いって、盲腸か(笑)

いやほんと、上手に笑わないと、尻に響く(笑)

わたしの「時間の薬」って効っかね~なぁ。

昨日、出産後初めて車を運転しました。

どうしても自宅のねこのことが気になって。

親に頼んで時々様子は見に行っていたのですが、

メガネの帰宅が遅い日が多いので、本当は毎日行きたいのが本音。

でも、親にしてみれば「されど猫」。

わたしにとっては「大事な家族」。

もう親に送迎を頼むのがめんどくさくなって、

両親と子供が昼寝している間に、こっそり母の車を拝借。

あ、もちろん置き手紙は必須。

久々の運転席。

自分の車じゃないってのもあるでしょうけど、

取り敢えずブレーキとアクセルの位置を確認。

しばらく乗ってないと、緊張します。

が、

わたしの場合、問題はそれだけではありません。

尻よ。

平坦な道では、まあ我慢できる範囲の痛さでしたが、

ガクン!

いっってぇぇぇぇ~~~~!!!

あー><やっぱり無理。

少しの段差も尻には超負担><

陣痛とはまた違ったおもむきの激痛だわ。

ハンドルにしがみつきながら、なんとか運転しましたが、

一体いつになったら本格的に運転再開できるんだろう・・・。

出産後一ヶ月経てば運転OKなんですけど、

わたしは、わたしは・・・;;

車の窓の上に、取っ手があるじゃないですか。

じいばあが乗車中によくそれを利用してますけど。

「ハイヤーに乗るばあちゃんのマネ~^^」

とか言って冗談半分で取っ手を掴んでいましたけど、

今はシートから立ち上がるとき必須。

そうでもしなければ車外に出られん。


というわけで、

「出産したら身軽になるからラクだよ。

それまでつわりとか色々、頑張って乗り越えようね!」

みんなそう言ってたけど・・・。

言ってたけど・・・ブツブツ


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/10/05 (Sat) 「古い日記」あの頃は~♪


昔からわたしは手帳は買えど、日記をつける習慣はナシ。

だって、すっかり忘れていた嫌なことも、

読み返した時に思い出さないといけないから。


でも、数年前からなんとなく始めたブログ。

最初に開設したブログはもうないけど、

ここはなんだかんだで三年くらい続いています。

たま~に昔の日記を読み返すと、なかなか面白い。

「へ~、こんな風に考えてたんだ、わたし」

って思うことがけっこうあります。


最近のでは、傑作?が9月12日の日記。

入院当日の日記。

「お店の中でうずくまるほどお腹が痛いです」

「この10分おきにくるズーンとする痛みって、

一体いつまで続くのでしょうか??」

って、

それ陣痛やん。

あんたもう、その日の夜には子供産んどるし。


さらに、9月に入っても「まだ仕事続けられたかも」って。

いやいやいや、

今となっては8月末でも無理があったと思います。

結果、休職して二週間も経たないうちに出産してるし^^;

9月最初の日記は、やたら「暇」だとか「自由人」だとか綴ってるけど、

今のわたしから殴られても仕方ない。


さらに遡ると、職場の昼休みなんかに、

「みんな子供の話ばっかりしてツマンナ~イ」

ってことをよく書いてますが、

今思えば、こんなに大変な目に遭って育ててるんだから、

そらぁ話したくもなるよな(笑)

自分がその立場になってくると、

相手の気持ちがわかりますね。

わたしもそのうち、そうなるのだろうか??

でも、話題の引き出しは、たくさん持っていたいな。


今は育児ブログになっちゃってますが、

もうしばらくしたら、以前のテイストに戻していくつもりです。

外出が格段に減ったから、ネタはあまりありませんが・・・。

今日の出来事 |


2013/10/04 (Fri) 来なくていいです。


今日、会社員時代の友達が子供を見に来てくれました。

市内在住なので、

このあたりの小児科情報などを色々教えてくれました。

そして子供のお祝いもいただきました。

節約生活で、なかなか物が買えないので本当にありがたいです^^

こんな風に、わたしの友達や親族、

わたしと面識のない、母の会社関係者のかたまでお祝いをくださる中、

メガネ親族サイドからは、今のところ何もない件。

以前からここで、あちらの親族がちょっとアレなことは書いてきました。

でもなんとか我慢できる範囲でしたが、

今回はちょっとどうしたものか、と。

あっちが何もくれないのは今に始まったことではありませんが、

なんていうか、態度がね・・・。

わたしの両親(特に父)が、相当頭に来ているようで、

「あっちが来るならお宮参りは行かない」

とまで言い出す始末。

なので、密かにこっちサイドだけでの参拝を計画中なのですが、

メガネが自分の両親を誘うとか言いだしたら、

本当はイヤだけど、メガネ両親としぶしぶ参るしかありません。

参拝の帰りに、写真館→外食という流れが普通みたいですが、

参って直帰。

あの人らの食事代、出したくない。

なんで出さないかんのや。

というわけで、

それとは別にわたしの実家サイドだけでお参りしようと考えています。


それにしても・・・。

こんな状況をメガネは一体どう思っているのでしょうか。

わたしが「○○さんからお祝いいただいたよ」と報告すると、

「ありがたいね」とだけ言うメガネ。

「俺んち、何にもなくてごめん・・・」くらい言って欲しいのだが・・・。

わたしがモヤモヤしているのは、むしろメガネのフォロー力のなさ。

自分がメガネの立場だったら、かたみが狭くて仕方ないんだけど。

あっちからはお祝いがどんどん届くのに、

自分サイドがゼロだなんて恥ずかしすぎます。

「もうほんと、ごめん」

って、わたしは言わずにはいられないんだけどなぁ。

メガネは子供がかわいそうって思わないのかなぁ。

わたしのことは別にいいんだけど、

自分の子供の誕生を軽く扱われているような気がして、なんだかなぁ。

独身のきょうだいは仕方ないとして、

結婚しているきょうだいから何もないのと、

あの親の態度。

自宅に戻って育児や生活に追われる最中、

イライラついでにメガネに文句言っちゃいそうです。

「あなた、一体どう思ってるわけ?」って。

繰り返しますが、

わたしが怒っているのはお祝いをくれないとかそういうことではなく、

メガネのフォローが何もないことです。

この上にお宮参りに両親を、なんて言われたら><

節句に一歳のお誕生などのイベントがこれから続きますが、

こんな感じなので、先が思いやられます。

もうこっちだけで済ませたいのが本音。

弟たちが羨ましいです。

お嫁さんのご実家からとてもよくしてもらっているみたいです。

親戚づきあいも良好なので、

各種イベントももめることなくクリア。

それに引き換え・・・。ハァ。



☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2013/10/02 (Wed) スケジュール満載。


疲れてます。←ここ、笑うところ。

はっきり言って、

仕事とねこのお世話をしてた頃の方がマシ。

人間を育てるって、ほんと、

大変ですね・・・(遠い目)

産院を退院して二日後は、

低体重出生時の体重チェックのために産院へ。

その五日後は、一週間健診in産院。

今月の第二土曜日は、一ヶ月健診。

これにて産院との縁が切れてしまいます。

入院時の居心地の良さが忘れられず、

縁が切れてしまうのを寂しく思います。

母乳の相談やトラブルがあれば、

母乳外来受診なんかもありますが・・・。

二人目?

無理(笑)

これからは小児科を探さなければなりません。


今日は市役所に行き、

乳児医療証の発行手続きを済ませてきました。

と同時に、予防接種のスケジュールや、

今後の健診についての説明がありました。

予防接種は早いものは生後二ヶ月からあります。

それから怒涛のように予防接種がある・・・。

こんなに受けないといけないんだ~。

と、その前に、お宮参りがあります。

お宮参り・・・すごく気が重いです。

地域によって違うようですが、

夫と、夫の両親と一緒に参拝するのが基本みたいですね。

絶対に嫌ですね。

この件については後日改めて記事にするとして。


今週の火曜日、尾てい骨があまりにも痛いために、

整形外科へ行ってきました。

結果 → 尾てい骨捻挫。

出産の時に、子供の頭に押されての捻挫^^;

「時間だけが薬」ということで、

x線写真の説明だけで、薬の処方はナシ。

母乳に影響があるから、産院処方以外の薬は飲めません。

通常だと産後二週間でだいたい痛みが取れるとのこと。

もう三週間経とうとしているんですけど・・・。

診察代1670円。

ちょっと勿体無かった・・・。


実はこの日記、火曜日から書いてるのですが、

なかなか完成できずにいました。

今日の午前中も「よし、続きを」と思ってネットに繋いだら、

子供「ぎゃ~~~っ><」

母「ほらーっおっぱいやろー!」

おっぱい係「あ~~・・・、は~~~い・・・。」


こんな感じなのでまったく進みませんでした。



☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。