2014・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/01/31 (Fri) 歴女でござる。


歴史好きな女性を「歴女」と言い始めて久しいですが、

わたしもそんな「歴女」の一人と自負しております・・・

が、

肝心な戦国時代にはてんで弱い。

これは歴女としては致命的ではなかろうか・・・。

わたしが好きな時代は、

卑弥呼のあたりから室町時代。

三角縁神獣鏡が魔鏡だった、との報道がありましたが、

そうそう、わたしが好きなのはこんなの。

小学校の4年生くらいだったかな、

図書館の「漫画・日本の歴史」で卑弥呼を知り、

卑弥呼カッケーってなって、

さらに、六年生の社会の授業で源義経にハマりました。

義経の死にかたに納得がいかずモヤモヤしていたところ、

義経=チンギスハーン説があることを知り、

子供ながらに「変な名前だけど、とりあえずよかった!」

と安心したものです。


それはさておき、

戦国時代に弱いと、困ったことが起こります。

大河ドラマが本当に楽しめない。

今やってる官兵衛も、戦国真っ只中。

「三英傑(織田豊臣徳川)」を中心に、

いろんな武将が出てきますが、

わたしには人間関係が難しすぎてワカランワカラン;;

だいたい、黒田官兵衛という人物も知らなかったし、

官兵衛=如水ということも、

最近になって知ったという有様。

(福岡には「如水庵」という菓子メーカーがある)

今、「軍師官兵衛」に織田信長が出ていますが、

信長が明智光秀に裏切られて本能寺で死ぬ、

という基本的なことは分かりますが、

そのいきさつや、関わった人物などは全然解らん^^;

信長は幼少時から気性が荒すぎて、

なかなか乳母が見つからなかった、だとか、

秀吉は生まれつき手の指が六本あった、だとか、

そういう小ネタならなぜか知っているけど^^;


相棒さんの息子さんが、戦国時代に大変詳しいとのこと。

「息子さんはどうやって人物とか覚えたのですか?」

と尋ねたところ、

「旦那も好きだし、やっぱりゲームで興味をもったみたい」

なるほどねー。

三国志もだけど、

ゲームがきっかけで歴史に興味を持つ人も多いようですね。


大河ではありませんが、

以前、NHKがやってた時代劇「聖徳太子」が好きです。

このあたりの時代劇って、あんまりないですね。



☆拍手お返事です↓

スポンサーサイト

趣味 |


2014/01/29 (Wed) ほんとは話しかけて欲しい(笑)。


以前、ここで「ママ友いらない」と、

強気の発言をしてきたわたしですが・・・。

確かに「ママ友」は積極的に欲しいとは思わないけど、

育児の話が出来る相手は欲しなぁとは思ってます。

アハハ(照)

例えば昨日のスーパーでのひとコマ。

実家に子供を預けて買い物に行ったのですが、

レジの女性から「お子さん、大きくなられたでしょ?」

と声をかけられました。

「今日はお天気がいいからお散歩日和ですね~」

「そうですね~」

なんて他愛のない会話だったのですが、

それがけっこう嬉しかったり。

このお店には10年以上通っていて、

初めてレジの人に話しかけられたのは、

妊娠後期のお腹が大きくなったときでした。

話しかけずにはいられなかったんだろうなぁ。

それから子供をベビーカーにのせて、

実家の近くの公園へ散歩に行きました。

田舎の平日昼間の公園。

除草作業のおっちゃんと、

散歩しているじいちゃんしかいない(笑)

おばちゃんだと話しかけてくれるんですけど、

おっちゃんとじいちゃんはなぁ。

公園周辺をぐるっと回って帰宅するまで、

話しかけてきそうなおばちゃん系には遭遇しませんでした。


今、予防接種のために、頻繁に小児科へ言っているのですが、

たまたま隣に座ったお母さんとお話するようになりました。

話すキッカケは、子供同士がじ~っと見つめ合っていたから。

そして次の回の接種も偶然同じ時間帯になり、

お互いに「あら」ってなって、お話しました。

その親子は市外住まいで、

予防接種ももうすぐ終わると言っていたので、

もう会うことはなさそうです。

感じのいい人だったので、ちょっと寂しいです。


子育て支援施設でも色んなお母さんと話す機会があり、

それはそれで楽しいです。

でも、それ以上のお付き合いは、なんだか怖くて出来ないなー。

サークルやサロンがいくつも立ち上がっていて、興味はあるけど、

もし人間関係でめんどくさいことになったら辛いな・・・

なんて、わたしの持ち前の「マイナス思考」が働いて、

どうも一歩が踏み込めません。

職場では「仕事」という大きなモノがあって、

それを通して「気が合う人」がなんとなく見えてきて、

その延長でプライベートのお付き合いが少しずつ広がって行きます。

わたしの場合、そこに行き着くまで、

かなりの年数がかかりますけど^^;

でも、ママ友となるとそうはいきません。

いきなりプライベートから入るので、

その親子の暮らしぶりに、すぐ行き着いてしまいます。

そこから無意識に自分との比較が始まり・・・。

1対1のお付き合いならまだ大丈夫ですが、

グループになるとなぁ。

わたしの稚拙なコミニュケーションスキルではやっていける気がしない(笑)


なーんて、相変わらず一人会議で盛り上がっているわたしですが、

どうせ6月からは仕事で忙しくなります。

ママ友がどうのなんて、考えてらんねー(笑)

家にいてブラブラ出来る時期は、今だけです。

ならば、難しいこと考えずに、

色んなお母さんとおしゃべりしてもいいんじゃないかと、

最近思えてきたわけです。

今は寒くてなかなか子連れでお出かけ出来ませんが、

暖かくなってきたら、もっとフラットな気持ちで、

色んな人と接していけたらと思います。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2014/01/28 (Tue) 昭和が終わる。


声優の永井一郎さんが先日急逝されました。

永井さんといえば「サザエさん」の磯野波平。

日曜の夜「サザエさん」を見たばかりだったので、

本当にビックリしました。

波平さんはフネさんのことを「母さん」と呼んでいますが、

26日の話の中で、寝言で「フネ・・・おフネさん」と言いました。

微笑ましいな~と思いながら見ていたのですが・・・。

2月9日放送分まで収録ストックがあるそうですが、

その先は一体どなたが波平さんを演じるんだろう?

一般によく知られているのは波平役ですが、

わたしの中では「YAWARA!」のおじいちゃんと、

「うる星やつら」の錯乱坊(チェリー)のイメージが強いです。

特に「うる星やつら」は物心ついたときには好きなアニメだったので。

保育園で使っていたお箸とハンカチは「うる星やつら」でした。

母に「ラムちゃんのお箸が欲しい」とお願いしていたのを覚えています。


毎年、昭和のスター的存在の人が旅立っていかれますが、

年明け早々、偉大な方の訃報が続いていますね。

料理研究家の小林カツ代さんも76歳でお亡くなりに。

高校生の頃、小林さんの料理本を見て衝撃を受けたものです。

「わたしでも作れそう!」

って思った料理本、小林さんのが初めてだったからです。

簡単な手順で、しかも手に入りやすい材料で、

おいしい家庭料理が出来るって、すごいなー!と思いました。

「母さんオムレツ」はよく作ったものです。


話は戻りますが、

波平さんの新しい声優さんって、

一体誰になるんだろう??

声優にあまり詳しくないわたしはちょっと思いつきません。



☆拍手お返事です↓


思想 |


2014/01/26 (Sun) 「マリアの恩寵」。


先週は大変な一週間でした。

結論から言えば、

子供がRSウイルスに感染!

咳がメインの風邪です。

月曜の夜から兆候が出始め、

それから数日、本人はかなりきつかったと思います。

今は機嫌もよく、症状は落ち着いてきました。

あぁ、でも、本当に心配しました。


火曜日に小児科へ連れていき、

もらったお薬がなくなる金曜日に再診してもらったのですが、

胸に聴診器を当てたあと、

先生「これはマリアに連れて行ったほうがいいでしょうね」

マ、マリアだと・・・?

「マリア」というのは、この辺では有名な救急総合病院。

特に救急・重篤対応の小児科といえば、ココ。

ちなみにわたしの職場の「本社」(どうでもいい情報)。

すぐに先生が紹介状を作成してくれ、

先生「はい!これ持ってすぐ行ってくださいね」

わたし「は、はい(マリアかぁ・・・)」

子供の病状が、「この小児科では手に負えないほどのものだった」

という心配ももちろんありましたが、

ダメ母のわたしは「マリア」という「壁」にたじろいたのでありました。

マリアはとにかくデカイ、広い。

建て増しの連続でまるで迷路。

立体駐車場完備の大型ショッピングモールみたい。

誰かのお見舞いに行くたびに迷子になり、

めんどくさいのであまり行きたくない病院。

しかも、患者としてここにお世話になったのは、

20年前のバイク事故以来(よりにもよってクリスマスイブ)。

こんな病院に、子供を抱えて一人で行けるだろうか・・・(ヘタレ)。

まあ、とにかく行ってみましたけど、

まず駐車場がどこも満車で停められません;;

やっと停められたのは、病棟からかなり離れた位置にある立駐。

しかも、エレベーターがないのです。

子供を担いで外付きの階段を降りるのは怖かったです。

そしてひとえに小児科といっても、

内科、外科、歯科、新生児科とセクションも多い。

なんとか受付を済ませて待合室にいましたけど、

待ち時間、一時間半。

紹介状つきで、しかも「早めの診察」枠だったのにこの待ち時間は一体・・・。

これだから総合病院は・・・ブツブツ。

自分一人なら、一時間半は、まぁ、待てます。

判別のつかない子供と一緒だから辛いのです。

最初は大人しかった子供も、退屈して泣き始め、

縦抱きにして、廊下をウロウロ。

お、重い・・・座りたい、

座ろ・・・ダメ!座れない!

赤ちゃんって、なんで座ったら泣くんだろうね?

しかも、おっぱいの時間はとっくに過ぎてる。

お腹がすいたから泣いてるのかもしれない。

でも「診察前の飲食はお避け下さい」っていう張り紙が><

診察時に泣いて吐く=危険 だからなんだって。

こんなに待たなければならないって知っていたら、

おっぱい飲ませてきたのにー><

周りを見渡せば、赤ちゃんを連れたお母さんの横には、

ご主人や、じいばあなどのサポート要員が必ずいました。

やっぱり待ち時間の長いマリアに丸腰で来たらダメなんだ・・・。

わたしもサポート要員が欲しい・・・!


お母さ~ん!!(ドラえも~ん!!)


というわけで両親がすぐ来てくれました^^;

二人共仕事が休みの日でよかった。

一時間以上の抱っこでちぎれそうだったわたしの腕は、

両親の登場により、なんとかちぎれずに済んだ(笑)

しかも、じいばあに囲まれチヤホヤされた子供の機嫌はV字回復↑↑

でも、こんなに待たされるって知っていたら、

小児科から一度家に帰って抱っこひもを持ってきてたのに;;

両親が来てくれたときに、すぐ順番が回ってきましたが、

それから検査の結果待ちやら、吸引の処置やらなんやらで、

待合室と診察室の往復が続いたので、

やっぱり来てもらってよかったです。

案の定、受付からお薬をもらうまで、かなりの時間を要しました。

本当は午後から生後四ヶ月健診だったのですが、

欠席の連絡を入れました、残念。


翌日、またマリアに連れて行きました。

だって先生が「明日も連れてきてくださ~い」って軽く言うんだもん。

母と作戦を練り「スキマ時間」を狙ったところ、

それが功を奏してか、前日ほどの待ち時間ではありませんでした。

最悪「入院」と言われていた子供でしたが、

それは避けることができました。


それにしても本当に心配しました・・・。

特に木曜~金曜の夜中。

苦しがる子供を抱っこしながら、

マリアへ連れて行くべきか相当迷いました。

「子供の救急なんちゃら」という本のフローチャートを見る限りでは、

緊急性は低い・・・でもやっぱり不安。

しばらくすると子供が落ち着いてきて眠ってくれたので、

マリアではなく、朝一で近所の小児科へ連れて行くことに決めました。

しかしなんでだろう、

こんな時に限ってメガネ夜勤でいない。

夜、一人では不安だったので、

金曜の夜~日曜日の朝まで、実家にお世話になりました。


あ~、それにしても、

人間を育てるって、本当に大変ですね。

今のわたしが在るのも、

両親のおかげなんだなぁ。

今日の出来事 |


2014/01/22 (Wed) ケンベン。


お食事中の方、閲覧注意。

今、ためしてガッテンで「大腸がん」が取り上げられていて、

「検便」の話題に。

今日はその「検便」のおはなし。


健康診断の大腸がん検査対象者に配られる「検便キット」。

一日法と二日法がありますね。

ライター大の容器を開けるとブラシが。

そのブラシにちょこっとウンをつけて容器に戻すだけ。

わたしはそのキットを使ったことはありませんが、

今はこんなに便利になったんだ~って感心します。

というのも・・・。


わたしが小学生の頃。

梅雨時期になると、学校から検尿容器が渡され、

翌日学校へ持っていかなければなりませんでした。

全国の話はよく分かりませんが、

福岡県の公立学校は、今でも一学期は検尿が行われています。

わたしが通っていた小学校では検尿に加えて、

なんと検便もあったのです(泣)

それが特殊なことだとは、当時はまったく思っておらず、

どこの学校でも普通にやっていると思っていました。

なので、高校へ進学した時に、

なにげなく「え?検便はないの?」と友達に言ったら、

「そんなのやったことなーい!」

と、ものっすごく笑われたのです。

ちなみにその子は市街地住まいの子。

どうやら山間部の学校限定で検便が行われていたようで・・・。

たぶん、わたしが住んでいた地域の生活水準が低かったからだと思います。

水道の蛇口から出てくるのは、

隣近所と共同作業で山から引いた「山水」。

消毒なんてしてない(笑)

山から流れてきた水を一旦貯水タンクに貯めて、

綺麗だと思われる上澄みが管を通って各家庭へ流れるしくみ。

一応、町の浄水場から流れてくる水道的なものはありましたが、

「簡易水道」という名の、その名のとおり、簡易的なもの。

大人からは「水道料金がかかるから」という理由で、

あまり使うなと言われていました。

簡易水道は冬になったら凍結しにくかったけど、

山水の場合、冬場は必ず凍結して蛇口から出なかったので、

就寝前に少しだけ水を出しっぱなしにしていました。

そういや、農作業中に喉が渇いたら、

そこらへんを流れている山水を手ですくって飲んでた(笑)

水だけではなく、野菜はどの家も自給自足だったし、

家庭でも学校でも、水洗トイレなんてない。

庭先には、農業に使う堆肥(馬糞や鶏糞)が山積み(涙)

近所には散弾銃を持ったハンターのおっちゃん達もいたので、

裏山から捕まえてきたイノシシの肉を食べたり・・・

わぁ、書いててなんだか悲しくなったぞ;;

そんな生活環境だったので、

きっと子供たちも検便が実施されていたのだと思います。

でも、今のような便利なキットなんてありませんでした。

どんなのだったかは、ご想像におまかせします(笑)

わたしは赤ちゃんの時から便秘症だったので、

この時期になると、とても憂鬱だったのを覚えています。

今日の出来事 |


2014/01/21 (Tue) 「宇宙人」と私。


子供は今、生後4ヶ月と10日。

お正月に首が座り、社会的微笑が増え、

絵本にも反応するようになりました。

ごきげんの雲行きが怪しくなると、

「ほーらほらほら、絵本好きやんね~?」

と絵本を目の前に出して気を紛らわせたり、

捨て身のヘン顔で笑わせたりと、

そんな技が通用するようになって、

ちょっとだけ育児がラクになりました。

みんなが言うように、

キツイのはやっぱ最初の三ヶ月やな~。

先週の金曜日なんか、朝起きて夜寝るまで、

ほとんどグズリ泣きしませんでした。

布団に転がしていたら、

指しゃぶりしながらいつの間にかねんねしてるし。

遊びに来た友達がビックリしてた^^;

そうかと思えば、今日は午後からご機嫌斜め。

抱っこしてないとグズリ泣き;;

しかも夜のねんねの時間になってもなかなか寝ない><

こんな風に手のかかる日は「おさるさんの日」、

おりこうさんの日は「わんこの日」だそうな(母談)。

明日は予防接種の日。

今は定期接種が昔に比べて増えているようで、

生後2ヶ月~5ヶ月の間に、

約10回の予防接種を受けなければなりません。

今は、毎週接種しています。

産院へ母乳の相談に行ったり、

子育て支援施設のイベントへ行ったりと、

なかなか忙しい毎日です。

子供を連れて、パン屋さんへも行けるようになりました。

そのパン屋さんにはベビーベッドがあるし、

オーナーさんにも小さいお子さんがいるので、育児相談。

子供がいなかった頃は、

まさかそのお店のベビーベッドを自分が利用するとは、

思ってもみませんでした。

こんな感じでなんとかやっていますが、

ねこがね・・・。

メガネがいるときも、いないときも、

わたしにずっと「かまってちゃん」。

昼間は居間で一緒に過ごしていますが、

昼間のねこはほとんど寝ているし、

さらに子供をまだ警戒しているので、

わりと大人しい。

部屋と部屋をウロウロして、

扉を開けっ放しにしていくのはムカつくけど(寒い)。

問題は、メガネが夜勤でいない夜。

夜寝るときは、ねこが出入り禁止の部屋で子供と寝ているのですが、

夜中の2~3時に「開けろ、飯くれ」と騒ぎ出すのです。

扉を叩くの、やめてほしい><

子供が目を覚ますやんか~><

ご飯をあげて、再び就寝。

次は朝5時くらいにまた騒ぎ出します。

無視してたら、なんか音がする・・・。

普段は見向きもしない物をカジったり、

ひっくり返したりするからムカつく~><

今朝は今まで見向きもしなかった本棚の本を破っていました;;

寝る前にやられそうなアイテムは片付けるのですが、

今は何に興味を示すか予測がつかないから、ほんと困る;;

アイドルの座を子供に奪われて、

寂しい思いをさせてるな、とは思うのですが、

イライラする・・・。

そしてなかなか仕事から帰ってこないメガネにイラついたり、

申し訳ないけど「ねこ、飼ってなかったらどんなにラクか」

と思ってしまったり。

ねこと子供の板挟みになっている最中、

心の中でメガネに八つ当たりしています。

心の中でとどまらず、たまに態度に出るけど^^;

メガネは、ねこも飼いたい、子供も欲しいと前から言ってて、

それなのにメインでお世話するのはわたし。

もちろんわたしたちが暮らしていけるのは、

彼が頑張って働いてくれてるからなのですが、

追い詰められると、そこ、忘れてしまう^^;


ねこのお世話はまじで大変ですが、

子供がもう一人いると思って乗り越えるしかないですね。



☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2014/01/20 (Mon) ボス。

大分県の「高崎山自然動物園」。

そこのボスザル「ベンツ」が、先日「死亡」と認定されました。

700匹の仲間を従える、カリスマボスザルだったとのこと。

ボスといえば・・・。

人間界職場での「ボス」。

まあ、だいたいどの職場に存在するであろう、

「パートのおばちゃんのボス」。

このボスがね、ベンツのように皆から慕われる存在ならいいですよ。

大概やっかいな存在なんですよ。

最大の特徴は、仲間の悪口を言ったり、

徒党を組んだ陰湿なイジメですかね。

これが原因で、先日友達が職場を辞めました。

退職を知ったのは彼女からのメール。

「色々あってね~、今度会うときに話す」

色々・・・人間関係だろうなぁと予測していたのですが、

やっぱりその通りでした。

その職場にもパートのボス(おばちゃん)がいて、

その人が発するマイナスパワーに耐えられなかったとのこと。

例えば、Aさんという同僚がいたとして、

そのAさんがいない場面でAさんの悪口を言う。

よくあるパターンですね^^;

だから、

自分がいないところで悪口を言われているのではないかと考えるようになり、

自分は絶対に人の悪口を言いたくない、と決心しても、

ボスがパート内にそういう雰囲気を作り上げているので、

避けるのが困難だったそうで。

本当は辞めたくなかったけど、

耐えられなかったのだそうです。

別の友達の勤務先も、

やっかいなおばちゃんボスがいて、

その人にみんなが振り回されて大変だと言っていました。

そのおばちゃんボスもやっぱり人の悪口三昧。

他人の勤務シフトにいちいち文句を言ってきたり、

上層部命令の、部署の配置転換なのに、

自分が気に入らない部署に異動させられると同僚に八つ当たり。

自分がいたかった部署に新しくやってきた人に、

「あたしはここがよかったのに!」って(呆)

心の赴くままですな。

友達もおばちゃんボスと、その取り巻きに相当やられたようですが、

若手と結束して、なんとか踏ん張っているようです。

幸い、わたしは社会人になってから、

そういう目に遭わずに済んではきましたが、

(もちろん、嫌な奴らはいたけど、

それが原因で辞めたことはない)

高校生時、初めてのバイト先で目の当たりにした、

パートのおばちゃんの派閥には衝撃を受けました。

あからさまな嫌がらせに目を疑うことの連続!

え?えー?

大人になって、

しかも、自分の親くらいのいい大人がこんなことを!

自分のお母さんが職場でこんなことしてたら嫌だ!

過去に何があったかは知らないけれど、

爪弾きされているおばちゃんがかわいそうでした。

さらに学生アルバイトにもそのボスパワーは及びました。

気に入った学生アルバイトは、

入った順や職能関係なく優遇。

ホテルのリネンの仕事だったのですが、

一番の花形の仕事、ベッドメイキングを、

キャッキャ言いながら教えたり一緒にしたり。

そして、気に入らない学生にはキツくあたり、

ゴミ関連の一番嫌な仕事を押し付けていました。

わたしはずっとゴミの仕事やってた^^;

別にこんなばばあ共に気に入られたくもなかったから、

傷つきつつも、もくもくとやっていたけど。

今考えたら、

自分の子供くらいの年齢の学生をいじめるなんて、

一体どうしたもんだか、と。


せっかく待遇がよくても、

こんな理不尽な人間関係で仕事を辞めなければならないなんて、

ほんと、バカバカしすぎると思います。

おばちゃんたちがやってることだから、とか、

こういうこと、どこにでもあるから、

などと軽視しないで欲しいです。

経営者側がもっと真剣に取り組まなければ、

優秀な人材を失うことになり、

結果、会社の業績悪化に繋がると思うのです。

実際、わたしが独身時代に働いていた会社でも、

パート派閥問題がありました。

上司がどうにかしようとしたのですが、

男性上司には「女心」が分からず(当たり前だけど)

ますます状況は悪化。

めんどくさいかもしれないけど、

そこで経営者が上手に首を突っ込まないと解決しないと思います。

でもこれは小さな企業限定になりますね。

大きな組織だと上司が解決するしかないですね^^;


ところでどうしてこんな困ったおばちゃんボスが存在するのでしょうね?

寂しさ、ひがみ・・・根底にあるのはそういうものなのかなぁ?

家族とうまくいってないのかもしれません。

他人をこき下ろすことによって、

自分を守ってるのかもしれません。

あと、女性特有の「同調」が、たくさん欲しいのかも。

「あの人○○だよね~?」「そうそう、あの人ってさ~」

みたいな。

悪口が止まらなくなるの、わたしも分かる^^;


今の職場のパート仲間に、そういう「ボス」がいなくてよかった。

自分がならないようにきをつけようっと(笑)



☆拍手お返事です↓

思想 |


2014/01/15 (Wed) うざめーる。


安河内さん!こんにちわ!携帯をスマホに変えたから登録よろしくです

安河内さん!先日はどうもありがとうございました。
偶然だったけどスタジオでお会いできて嬉しかったです☆
久しぶりに今度、飲みに行きましょうよ♪
それと・・・携帯をスマホに変えたんですよ!
これが新しいアドレスだから登録よろしくお願いします


↑先日、わたしのケータイに送られてきた、

どこの誰だかわからない人からのメール。

これはきっと「迷惑メール」。

これって「アドレス間違ってますよ」っていう、

返事を誘っているんじゃないかなぁ。

もちろん返事なんかしないし、

すぐ拒否設定しましたけど、

このメールに返事したら、

変なトラブルに巻き込まれることは必至だと思います。

しかも、さりげなく芸能界をにおわせている内容。

この手のメールはいくつか送られてきたことがあるのですが、

どれも芸能界の業界用語をチラつかせる内容でした。

撮影お疲れ様メールとか、

打ち上げパーティーの日時確認とか。

で、わたしがなかなか返事をしないもんだから、

「あれ?俺のメール届いてますか?」

って。

誰が返事などするか馬鹿が。

迷惑メールなんて一度も来なかったのに、

去年の夏から突然届き始めて、

PCからのメールを全拒否にしたんですよ。

それからしばらくおとなしかったのですが、

ここ最近、今度はスマホからのメールが届き始めました。

メアドのミスを装った風なんですけど、

ケータイやスマホのメールシステムを考えれば、

メアドをミスるなんて考えられないです。

故意に送りつけてるに決まってる。

しかし一体、わたしのメアド、どこから漏れたんだろう?

このアドレスにしてもう10年以上経つけれど、

去年の夏までは、一件もそんなメール来なかったのになぁ。

時期的にト○ザらスの会員登録をしてからなので、

もしかしたらそれが原因?と思ったりもしたのですが、

ト○ザらスから漏れるかなぁ?


些細なことなので、こんなこといちいち気にしてられませんが、

メールが届いて「誰だろう?」

と開いたときのガッカリ感ったらもう・・・。

今日の出来事 |


2014/01/13 (Mon) 大河。


今年の大河ドラマは「軍師官兵衛」。

岡田くんが主演ということで、

岡田くん大ファンの母がウキウキしております。

わたしも岡田くん好きだけど。

どんなテーマソングになるのかワクワクしていたのですが、

戦国ものにしては少々大人しめの曲調。

初めて聞いたときは「地味だな~」と思ったのですが、

何度か聞いているうちに「いいかも」と。

じわじわくる系?

映像は「水」がテーマのようです。

出家後の名前「黒田如水」=水の如く

そこからインスパイアされたのかなー。

ちょっと「江」を思い出しました。


過去作品のテーマソングで好きなものといえば、

やっぱり「独眼竜政宗」。

放送当時は小学生だったのですが、

曲も映像もかっこよすぎて見入っていました。

それまでの大河ドラマのオープニングといえば、

「風景をバックにテーマソング」がお決まりのパターンだったのですが、

なんと主役(渡辺謙)が出てる!

しかもカット割とか、めっちゃかっこいい!

オープニングに主演の役者さんが出たのは、

この作品が初めてで、

さらにCGの使用も初めてだったそうです。

それに加えてあのかっこいいテーマソング。

今日もYOUTUBEで繰り返し見ました。

最近ので言えば「天地人」のテーマソングもなかなか。

疾走感があって、気分が盛り上がる曲調です。

「愛」の兜姿の妻夫木くんもかっこいい。


大河じゃないけど、オーケストラつながりで。

「鹿男あをによし」のテーマソングも大好きです。

エンディングで鹿が走るやつ。

仕事中になかなか頭から離れなくて困った^^;


☆拍手お返事です↓

趣味 |


2014/01/11 (Sat) 寒中見舞い 三部作。


【標準語編】

昨日に引き続き、

今日もかなり冷え込んだ一日となりました。

昨日は十日恵比寿の日。

母と子供の三人で、市内の十日恵比寿まつりに行く予定でしたが、

あまりの寒さに断念。

10時からぜんざいが無料で振舞われるから、

行きたかったんだけどなぁ。

ちなみに去年はその無料ぜんざいに釣られて、

まつりに一人で行った寂しい人。

寒い、寒いといいつつも、

このあたりはかなりマシなほうみたいで、

テレビではあの南国宮崎県で、

天然のリンクでアイススケートとか。

高知や愛媛でも雪が降ってたようですね。

さらにアメリカではナイアガラの滝が凍っていたww

どんだけ寒いんだ。


寒いと憂鬱になるし、肌もカサカサになりますが、

去年の猛暑の日々を思えば可愛いもんだと思います。



【中学時代まで使っていた方言編】


昨日に引き続いて、

今日もげらい寒なったにゃ。

昨日は十日恵比寿やったにゃ。

お母さんと子供の三人でまつりに行くごとしとったばってんやん、

げーらい寒かったけんやめた。

10時からぜんざいばタダでやらすけん、

行きたかったとばってなぁ。

ちなみにっさい、

去年はそのタダのぜんざいに釣られて、

まつりに一人で行った寂しか人やったけん。

寒かー、寒かで言うとっても、

ここらへんはまだマシなほうんごとして、

テレビではあの南国宮崎県で、

天然のリンクでアイススケートとかしてから。

高知とか愛媛でも雪の降ったごたるね。

そしてよ、アメリカではナイアガラの滝の凍っとるとやけんw

どげん寒かとやかね。


寒かと憂鬱になるし、肌もカサカサになるばってん、

去年のあの暑かつば思えば、まーだ可愛かよにゃ。



【高校時代~現在の方言編】

昨日に引き続いて、

今日もめっちゃ冷え込んだ一日やったね。

昨日は十日恵比寿やったね。

お母さんと子供の三人でまつりに行くごとしとったっちゃけど、

めっちゃ寒かったけんやめた。

10時からぜんざいばただで配らすけん、

行きたかったっちゃけどね。

ちなみに去年はそのタダのぜんざいに釣られて、

まつりに一人で行った寂しい人やったけん。

寒か、寒かち言うても、

ここらへんはかなりマシなほうやんね、

テレビではあの南国宮崎県で、

天然のリンクでアイススケートとかしよるし。

高知とか愛媛でも雪の降りよったごたるね。

さらにアメリカではナイアガラの滝が凍っとるっちゃけんw


寒かと憂鬱になるし、肌もカサカサになるけど、

去年の猛暑の日々を思えば、まだ可愛かほうよね。



【もはや意味不明のわたしのじいばあ世代編】


昨日に引き続いて、

今日も芯から冷えたのぅ。

昨日はエビッサンやったのぅ。

オカサンとコドンとつんのて

エビッサンさんめいりに行くごとしとったばってんが、

こう寒うしてのぅ、行かじゃったたい。

10シからぜんざいばタダでやらすけん、

行こごつして堪えんやったばってんのぅ。

そりくさ去年はそのタダに釣られてのや、

ひとっでめいりに行たてきた。

寒さ、寒さで言うても、

ここんにきはまだよか。

テレビで見たつばってか南国宮崎県で、

氷ですぺたくりょらしたばん。

高知でん愛媛でん雪ん降ったげなばん。

そすとアメリカのナイアガラの滝でん何でん、

凍っとったげなばん。

どげん寒かじゃろかね。


寒かと何いっちょすうごんなかのぅ、

肌もガサガサなってのぅ、

去年の暑かつば思えば、まーだえーらしかのや。

今日の出来事 |


2014/01/09 (Thu) ヘビーローテーション♪


↑某アイドル集団の曲ではなく・・・

わたしの料理レパートリーの話。

料理が苦手、いやむしろ「嫌い」なのかもしれない。

わたしが作るメニューは本当に少ないです。

手抜きだし、雑(汗)

その中でも、手抜きだけどそこそこ見栄えのする料理を紹介します。


☆野菜とワンタンのスープ

100円くらいで売られている即席ワンタン(スープ付き)を使用。


短冊切りのニンジン、お湯で戻した干しシイタケ(スライス)、

薄切りのタマネギを水から煮て沸騰させる。

ワンタンを入れて、火力を弱火~中火の間にする。

ざく切りの小松菜を入れる。

ワンタンに付属のスープの素を入れる。

中火にして、といた卵一個を回し入れる。

完成。

アレンジ作品としては、

ワンタンをベーコンにかえて、

味付けは鶏ガラスープに。

小松菜をニラにしてもおいしい。




☆ひき肉と小松菜のどんぶり


皿に白ご飯を盛っておく。

フライパンでごま油を熱し、

ざく切りの小松菜を炒めてご飯にのせる。

ひき肉(牛、豚、鳥お好みで)を炒める。

色が変わったら、フライパンの隅に寄せる。

ひき肉から出た油を利用して、

みじん切りのニンニクと輪切りにした鷹の爪を、

フライパンに入れ、隅で炒める。

それをひき肉と混ぜる。

醤油・みりん・砂糖等を使って、少し濃い目に味付け。

ご飯と小松菜の上にのせる。

フライパンをキッチンペーパーで拭き、

目玉焼きを作る。

それを小松菜の上に乗せて出来上がり。

目玉焼きを炒り卵にしてもおいしい。

ニンニクのみじん切りがめんどくさいときは、

市販のニンニクチップをそのまま使ってもOK。



☆手抜きドライカレー


ひき肉(牛豚の合い挽き)をフライパンで炒める。

色が変わったら、ひき肉を隅に寄せる。

ひき肉から出た油を利用して、

みじん切りのニンニク、ショウガを炒める。

油が多い時は、キッチンペーパーで吸い取る。

小さめに切ったピーマン、パプリカ、キャベツも一緒に炒める。

缶詰かレトルトパウチの豆(サラダ用のカラフルなもの)を入れる。

カレールーを入れて混ぜる。

好みでウスターソースや醤油で味を整える。

ご飯にのせて完成。

やる気があるときは、

みじん切りのタマネギを入れるとよりおいしくなる。

味にパンチを効かせたい時は、

ショウガを多めに入れる。

仕上げにとろけるチーズや粉チーズを加えてもOK。



その他・・・

ほうれん草と違い、小松菜はあく抜きすることなくすぐ使えるので、

焼きそばにも使います。

牛肉(切り落とし)とタマネギと小松菜を一緒に炒めて、

麺を入れたあと、オイスターソースで味付けするとおいしいです。


ベーコン、炒り卵、小松菜をバター炒めすると、

格好の弁当のおかずに。


大葉もアクセントによく使います。

焼きそば麺(タラコソース付き)と、

大葉、しめじを炒めるとあっさり焼きそばに。


炒めた牛肉(切り落とし)を焼肉のたれで味付けし、

それに大葉を入れたり。


今は和食を心がけているので、

レンコン(めんどくさいから水煮スライス)と、

千切りにしたニンジンを炒めてキンピラにしたり、

赤魚を、生姜醤油で煮たり(マジで簡単)、

塩麹漬けのシャケを焼いたりします。

シャケは、味噌と酒を混ぜたものに漬けて、

軽く水洗いしたあとに焼くと、

あまり美味しくないシャケもなかなかの味になります。

わたしは前日に仕込んで、

翌朝に焼いて、朝ごはんやお弁当のおかずにしていました。

今はめんどくさいから、塩麹漬けを買って焼くだけです。

昔よく作っていた「ごちゃまぜ煮物」は、

鶏肉(チキンライス用の細かいもの)

厚揚げ、

冷凍枝豆、

こんにゃく、

ささがきにしたゴボウ、

細切りにしたニンジン。

↑全部を昆布出汁と薄口醤油で煮る。

昆布は出汁を取ったあと、

食べやすく切って一緒に煮ます。


そんな感じです。

今日の出来事 |


2014/01/07 (Tue) 失礼な!


市内にある道の駅みたいな店舗に行った時のこと。

梅干の試食をやってて、

30代くらいの男性が「どうですか~?」と勧めていました。

わたしは梅干が苦手なのでスルーしようと思った矢先、

その男性から梅干を差し出され、

「お母さん、どうですか~?」

おおおお

お母さん???

ええ確かにわたしは「お母さん」ですよ、

数ヶ月前に「お母さん」になりましたよ。

でもあんたに言われたくないわ。

たった一言なのに、

その一言がひっかかり、そのあともずっとモヤモヤしました。

せめて「奥さん」でしょう。

わたしの年齢からするともう「お嬢さん」は図々しいけど、

商売上手の男性はどんな女性にでも、

「お嬢さん」もしくは「お姉さん」って言いますよね。

それに今は独身女性が多いので、

誰もしもが「お母さん」になっているわけじゃないんですよ。

結婚しててもわたしがずっとそうだったように、

「お母さん」じゃない既婚女性もいます。

その梅干メン(笑)は、なんの悪気もなく、

スッと口から出た言葉だったんでしょうけど、

男性が思っている以上に女性ってそういうところ、気になるんです。

わたしみたいにわざわざブログで毒づくほどではないにしろ、

やっぱり一瞬「ん?」って思うはず。

「オバサン」って呼ばれるよりはマシだけど、

やっぱり「お母さん」はないわー。



干し・・・じゃなかった☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2014/01/06 (Mon) 心労?


正月早々、メガネが「帯状疱疹」になってしまいました。

年末からその症状が表れ、

最初はただの湿疹かと思いきや治らなくて、

正月明けに行きつけの内科で受診してみれば、

「数日間、点滴に来てくださいね~」

って・・・。

しっかり治しておかないと、

一生神経痛に悩まされるめんどくさい病気。

仕事優先で病院には行きたがらないさすがのメガネも、

さっそく今日も仕事を抜けて病院へ向かいました。


去年の秋から、仕事をしながら国家試験の勉強をして、

追い討ちをかけるようにわたしから子供を押し付けられw

そうとうストレスがたまっていたんだと思います。

先月の終盤、めでたく試験に合格!

やったー!



あれ?なんか体が痛い。



首の後ろになにかデキモノが。



帯状疱疹。



しばらく通院。



諭吉一葉英世、集団離脱・・・我が家の財布(わたしはこっちが痛い)


ストレスだけが原因ではないと思いますが、

やっぱりストレスって侮れないですね。

今日の出来事 |


2014/01/06 (Mon) 野菜大放出。


実家での年末の出来ごと。

わたしが車に載せていた荷物を取りに玄関先へ出ると、

ガレージに野菜の山。

さっき母が庭先に出たときにはなかったのに!

一瞬の隙をついて、それは置かれていました(笑)

父の知り合いの家庭菜園の作品。

すっかり冬の風物詩になっています。

白菜、ネギ、人参、チンゲンサイに大根。

どれも巨大w

しかも大量^^;

泥もたくさん・・・。

泥つきは「鮮度が保てる」という肯定派と、

「泥の中に虫がいたら野菜が痛む・不潔」という否定派がいますが、

どっちが正しいのかは分からない・・・けど、

わたしはすぐ使える「泥なし」のほうが歓迎。

だって、葉ものの泥とりは水道代が><


あとから・・・と思うとなかなか腰が上がらないので、

母はすぐに白菜を半分に切って干し、そのあと漬物に、

大根はおでんに、ネギはすき焼きに。

大根はわたしももらって煮物に使いましたが、

本当においしくて、あっという間になくなりました。


で、昨日。

先生夫婦がうちに遊びに来ました。

おめでた報告がメインだったようで、

やっぱり手土産等なし・・・;;

でも、お嫁さんの実家で獲れた野菜を持ってきてくれました・・・

が、

いつもなんですけど、

び、微妙・・・。

今回は長ネギと柑橘類。

長ネギは泥がついているうえに、シナシナ~。

先が茶色に変色していました。

鍋かすき焼きにしてさっさと使ってしまおう。

問題は柑橘類。

ミカン・・・?と思いきや、

皮が硬いので、別の品種かと思われ。

形がいびつで色もなんだかおかしい。

数が少ないのが救いだけど、食べる気が起きない^^;

もっと問題なのは、巨大柑橘。

ザボン?ブンタン?晩白柚?

おそらくその辺りのミカンだとは思いますが、

わたしは正直好きではありません。

皮は手でむけないほど固くて厚いので、

包丁を使わないといけません。

メガネは初めて見たらしく、喜んで食べていましたが、

それはわたしが食べやすく切ったから!

自分で皮をむいて食べろって言ったら、食べないと思うw

大きい割には実が少なく、種はたくさん。

しまった、昨日、先生夫婦の前で切って食べさせればよかったw

「なんだか分かんないけどもらったのであげます~」

と言ってたからさ。


野菜が高騰しているときに、

こういった差し入れ?はありがたく思わなければならないのでしょうけど、

相変わらず先生夫婦はケチやなあ、と思ってしまいました。

なので、こっちもお茶菓子はテキトーな店で、

テキトーに選んだものを出しました。

張り切って準備してモヤモヤしたくなかったから。


さて、

残りのミカン、どうしようか・・・。

メガネに食べさせるかw




思想 |


2014/01/05 (Sun) 通販の「おまけ」。


よく利用している通販。

品物が届くたびにモヤモヤすることがあります。

それは、商品とは全く関係のないチラシが大量に入ってること。

服を注文したのに、

健康食品とか生命保険とか、いろいろです。

梱包や在庫の都合で、箱が別々になっている場合も、

それぞれにしっかりチラシが入っています。

この前なんて、特に酷かった。

ベビー服や授乳服を注文していたのに、

マタニティのカタログが一緒に入っていたのです。

なんで今更マタニティ?

注文内容で顧客の需要が分かるはずなのに・・・。

見ないで即資源ゴミ行きです。


先月の半ばくらいから、

子供がおっぱいをあまり飲んでくれなくなり、

これはどうしたものかとネットで色々調べてみました。

どうやらハーブティーがいいとのこと。

通販のハーブティーのページにたどり着き、

レビューもなかなかの高得点だったので、

注文を考えました。

でも、低評価の意見も気になったので、見てみると、

「梱包が雑でガッカリ」

などと、食品を扱っている会社とは思えないという意見も。

・・・これはやめておこう・・・。

そして行き着いた先は、

ドイツのマリエン薬局のハーブティー。

ドイツから国際郵便で届くとのことで、

だ、大丈夫かな・・・と不安に思いながらもポチ。

そして昨日届いたのですが、

梱包が丁寧な上に、

納品書や取扱説明書が丁寧で好感が持てました。

もちろんその薬局のカタログもたくさん入っていましたけど、

どれもお洒落でセンスのよいものばかり。

サンプルも入っていました。

昨日から早速飲んでいますが、

他メーカーのハーブティーよりも飲みやすく、

続けられそうです。

まだ二日目なので効果は分かりませんが・・・。


商品の質や価格も大事ですが、

通販の場合は「気持ちの良い梱包状態」も大事なのではないかと。

今日の出来事 |


2014/01/03 (Fri) そっちがそうならこっちも。

新年早々、早速文句タレますけど、

よろしいでしょうか?

※追加事項あり。

去年の四月に結婚した義弟夫婦。

そう、学校の先生夫婦なのですが、

この二人からの年賀状が届きませんでした。

「私たち結婚しました」っていう写真付きのアレよ。

四月に結婚したから、暑中見舞いとして来るのかと思いきや、来なくて、

じゃあ年賀状なのねって思っていたら、来なかった。

年賀状自体、作っているのか不明。

でも、奥さんは自分の親戚や友達にはあげなくてもいいの?

姉妹同士仲良しみたいだし、

大学や職場にもたくさんお友達がいるみたいでした。

じゃあ彼女は写真付きなのかどうかは分からないけど、

自分の交友関係には送ってそうな感じ。

義弟が「自分の親族には送らなくていいよ」って言ってるのなら、

「あ、そうなんだ」って、そういうことになっているのでしょう。


年賀はがきの発行枚数は年々減っているし、

若い人はもう、年賀状なんて書かずに、

ネットで済ませている人が多いですもんね。

それは分かっているけれど、

せめて結婚した最初の年くらいは、

写真は付けても付けなくてもいいから、

結婚式に招待した人には年賀状を送ってもいいんじゃないかと。

って、わたし、オバチャンになったなぁ(笑)


なんかモヤモヤしたから、

メガネにちょっと言ってみました。

「年賀状、来なかったね。

ほら、私たち結婚しましたってヤツよ」

そしたらメガネ、

「忙しかったんじゃない?」

って。

おのれ、面倒な会話から逃げたな。


わたしの親族はというと、

親きょうだいには毎年必ず送っているし、

あちらからも届きます。

それが普通だと思っていたんだけど、

メガネサイドはやっぱりそうじゃないんだなぁ。

でも、義弟のお嫁さん・・・。

このお嫁さんがどういうキャラなのかまだ掴めない。

表面は素直ないい子なんだけど。

もしかして、お義父さんが何か嫌なことした?(笑)

それで「もう関わりたくない」って思ったのかな?

お嫁さんを怒らせるようなことをお義父さんがしたかもって、

それは大いに考えられることだけど、

お義父さんと兄弟は、また別だからね。

もしかしたら、お義父さんの無礼に、

お嫁さんのご両親がご立腹されて、

「もうあっちの親族とは深く付き合うな」って言われていたりして。

実はわたしの父親も、

お義父さんをとても嫌っています。

絶対に会いたがりません。


年賀状一枚で話を広げすぎましたが(笑)

あちらがそういう感じなら、

こちらもそれ相応のお付き合いをするしかないですね。

やっと「嫁仲間」が出来て嬉しかったんだけどなぁ。

でも、年齢が違いすぎるからなぁ(涙)

何か問題があったときに嫁がしゃしゃり出ると話がこじれるので、

お付き合いはもう、メガネとその兄弟たちにお任せするとしよう。

何かあったとしても、わたしは「貝」になっていよう(笑)


とかなんとか言ってたら、

これを書いた次の日に年賀状来た(笑)

わたしの時間とあちらの時間の流れが違うということを、

すっかり忘れていました。

今日の出来事 |


2014/01/01 (Wed) 新しい年。


あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


元日の福岡はビミョーな空模様です。

午前中は晴れていました。

近所の神社に初詣に行こうかなって思っていましたが、

やっぱりグダグダ(笑)

けっきょく行けずじまい。

今年はおせちもまったく作っていない手抜きぶり。

子供の頃のお正月って、もっとちゃんとしていたのに、

自分が大人になったからか、

それとも時代の流れのせいか、

お正月という特別感が薄れたような気がします。

小学生の頃は、

元日は、お参り以外の用事では外出してはいけない日。

家族みんなで家で過ごす日。

そう教えられてきて、守っていたのに、

高校生の頃・・・バイクに乗り出したころかなぁ、

元日から友達とカラオケ(笑)

このあたりからかな、

なんだか崩れてきたのは。


子供が3歳くらいになったら、

お正月らしいお正月を始めようと思っています。

おせち(もどき?)を作って、

近所の小さな寺社仏閣でいいから初詣して。

子供は親を見て育つので、

今年のようなグダグダ正月を見せるわけにはいかんw


みなさんは、今年こそこうありたい、

こんなことをしたいってこと、ありますか?

わたしは「家族仲良く」です。

妊娠してからのわたしは、

前に比べてイライラすることが増えました。

メガネに八つ当たりしたり・・・。

ホームベースをしっかり構築しておかないと、

何をやっても多分、うまく行かないような気がします。

あとは、「よく笑うこと」ですかねー。

仕事しているときはよく笑っていたのに、

去年の後半は、格段に笑うことが減りました。

眉間にシワが~><

人間、やっぱり笑わないとダメです。

どんどん老け込んでしまいます。

顔の筋肉を使わないから老けてしまうんですよね。

どんな高級な化粧品を使っても、

笑わないと、その効果を存分に発揮出来ないのではないでしょうか。


さあて、明日(1月2日)は何しようかな。

メガネはなんと2日3日は緊急出勤になりました><

しかも2日の夜は職場関係のお通夜・・・。

こりゃあ実家に逃げ込むしかないな(笑)


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。