2014・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2014/08/28 (Thu) ごきげんよう、パート・・・何だっけ?


「花子とアン」。

毎朝7時半からのBSで楽しみに見ていますが、

7時15分からの「カーネーション」のほうが面白いんですけど・・・。


あと一ヶ月で最終回を迎えるにもかかわらず、

まだ「アン」のアの字も出てきてないんですけど・・・。


今考えれば、甲府教師編、いらなかったんじゃな~い?

その甲府教師編と、印刷屋との恋愛をもう少し短縮して、

今週の超ダイジェスト展開を丁寧にして。

歩ちゃんの死から、どうも展開がおかしいというか、

脚本家、どうした?

兄やんと醍醐さん、

いい感じになっていたのに、

それから数年が経てど動きなし。

動きなし、というか、二人が出てこない(笑)

たぶんそろそろ出てきそうなんだけど、

お二人共いい歳だよねぇ。

だって蓮様のところの純平くんと富士子ちゃん、

いつの間にか大きくなってた^^;

だいたい花子って、今いくつなんだろう?

ももが北海道から逃げ出してきてから月日が経つのが早くなって、

解らなくなってしまった。

ももが村岡花子の妹(梅子)のモデルになっているのは知っていたから、

花子は、ももの子供をどういう経緯で養女に迎えるのか、

その前に、ももは一体誰と再婚して子供を産むのか、

はてさて、ももはちゃんと再婚するのか、などなど、

そのあたりをどういう風に描くのか楽しみにしていたのですが、

先にも述べたとおり、超ダイジェスト展開だったもので、

朝から唖然としてしまったわたくしなのでありました。

ももの再婚相手は、ポっと出の絵描きの卵。

なんかもう、彼とはあれよあれよと言う間に結婚。

翌日の放送では既に妊娠→出産。

早い。

そして次の放送ではそのとき生まれた子、美里が大きくなっていて、

その美里が花子を「おかあちゃま」呼び。

え・・・・?!

美輪さん「ももと旭たっての願いで美里は村岡夫妻の養女に~」

ええええええええwwwwwwww

そこ、大事なところ!

美輪さんサラっと流しちゃダメ!!

この話の中では、もも夫妻がお願いしたことになっていますが、

実話では、村岡夫妻が「どうしてもみどり(美里のこと)を養女にしたい」

「道雄(歩のこと)と同じ誕生日(9月13日)に運命を感じる」

とお願いしたはずなのに、ここも端折る~??

って、9月13日って、わたしの子供の誕生日やんけw

実の娘に「おばちゃま」と呼ばれていたもも・・・。

え~?

なんか変なの・・・。

でも当時は養子、養女はよくあったんですよね。

わたしの祖父もそうだったし。

でも若い人がこのドラマを見たらどう思うんだろう・・・。


と、ここまでは数日前に書いた記事。

兄やんと醍醐さん、進展なしでした^^;

もういい歳だろうに・・・。

なんか今週のストーリー、あんまり面白くなかったかも。

わたしとしてはしっかり描いて欲しいところがすっ飛ばされて、

わりとどうでもいいエピソードに時間を割いたり。

それが顕著に出た週だったような気がします。

なにか物足りないな~と思ったら、

伝ちゃんがいない。

もうあれで彼の登場は終わりなのでしょうか。

魅力的なキャラだっただけに残念。

あまり出過ぎるのもいかんけど。

誰かのコラムに書いてあったけど、

「花子とアン」はどうやら脚本ミスらしい。

脚本家の思い入れが、いわゆる「敵キャラ」に強すぎて、

登場人物のバランスが崩れているとな。

蓮様、おかわいそう;;

って視聴者が蓮様の肩を持たなければならないところで、

伝様素敵!という流れになったり、

花子と英治よりも、朝市が気になって仕方がない、とか。

初期で言えば、蓮様の高飛車がたまらない、など。

致命的なのが、花子の受身体質だとわたしは思います。

前にもちょっと書いたけど、

花子がモジモジしているうちに脇キャラが大活躍して、

花子のお膳立てをしてくれたりとか。

わたしの想像では、村岡花子って割とグイグイ・ガツガツ系だと思うんです。

史実通りに話を進めると朝ドラとしてはよくないので、

朝ドラ向きの花子に仕立てているのだと思いますが、

それにしてもキャラが薄すぎる。

子供時代~女学生時代まではよかったけど、

それから先がいまいちだと思うのです。

と、色々言いつつも、最終回まで楽しんで見ますけど^^

でも、「ごちそうさん」のときもそうだったけど、

戦時中の日本の描写、嫌です・・・。

特に太平洋戦争の中期~末期は憂鬱になります。

当時の大日本帝国に、

「ドイツってどいつ??」

ってくらいのスルースキルさえあれば・・・(寒)


さて、ようやく次週、アンの本が登場するみたいですね。

最初の頃は、まさかアンが最後の月に出てくるとは思わなかったw


それでは全国のお小さい方々。

ごきげんよう、さようなら。


☆拍手お返事です↓

ドラマ |


2014/08/25 (Mon) 危険!スマホ。


ガラケーからスマホに替えて約二週間が経過。

ここでメリットとデメリットを。

メリット・・・

気軽にネットが出来る。

撮影した画像、動画がきれい。

グーグルマップが便利。

※グーグルマップの「ある場」に、

運転中のわたしの車が写っているw

ラインが便利。

※ラインは本当に便利だし楽しいけど、

これに振り回されたらいかん!

わたしはいい大人だから節度ある使い方ができるが、

子供にはしっかりとした教育を!!マジで!!

子供たちが振り回されている意味がやっと分かった;;


デメリット・・・

ガラケーよりも電池消耗が激しい。

利用料金の高さ。

メールの着信が意味不明。

※メッセージが届きましたって音と画面で知らせてくれるのに、

メール画面を開いても、届いてないことが多い。

最新情報に更新していてもダメ。

メールボックスにメールが届くタイミングと、

新着を教えてくれるメッセージのタイミングがおかしいのだと推察。

メガネ曰く、回線の問題らしい。

わたしはLTE回線だけどメガネは3G回線。

そのあたりの差で届く速度に違いが出てくるらしい。

メール機能がガラケーのように単純明快ではないので、

本当にモヤモヤするし、

よく誰も文句言わないなって思う。


結論・・・

7年間も使い続けた今のガラケーは愛着があるし、

不便も感じたことはなかったが、

機能満載のスマホにしてよかったのかもしれない。

フィフティーフィフティー。

と言いたいところだが、

やっぱり利用料金が・・・。

よって、今のところガラケーの勝ち(笑)


そして子供はスマホ持ったらいかん><

絶対振り回される。

わたしが子供の時にスマホ持っていたとしたら、

100%振り回されていますね。


拍手お返事は下の記事にて返しています↓

思想 |


2014/08/24 (Sun) 安定の先生夫婦。


例の先生夫婦に先月第一子が誕生。

先週の土曜日、生まれた子を連れて我が家へやってきました。

わー。

お義母さんにそっくり・・・。

最初の話じゃ、火曜日の昼間に来たかったらしい。

お嫁さんの里帰りがその日だからついでにってことで。

平日昼間はみんな仕事でいません。

なので、土曜日の昨日ということになったのですが、

手土産がシワシワの野菜じゃなかったのは救いだったけど、

(火曜日だったら絶対に野菜持ってきてたはず!)

ハーゲ○ダッツのミニカップ6個入り。

コンビニで買ってきたんだそうです。

確かにハーゲ○は高いし貰ったら嬉しいですが、

コンビニってのがやっつけ感ハンパないんですけど。

20歳そこそこの子が「今日はフンパツ~☆」って、

友達の家に持っていく手土産なら分かるんですけど。

出産報告に兄夫婦の家に持っていくにはふさわしくない、

って思うのはわたしがヒネくれてるから?

わたしもさ~、

やめとけばいいのにケーキショップにわざわざ行って、

ちょっといいお菓子を用意してたわけですよ。

もうこれは自己満足だということで納得するしかないですね。

あ、もちろん出産祝いなんて準備してないですわよw

赤ちゃんは生後一ヶ月と一週間なのですが、

あまり泣かないし、抱っこしているとス~っと寝てくれるタイプ。

わたし 「昼間二人でいると大変じゃない?」

嫁 「けっこう寝てくれるし、う~ん、そうでもないですよ」

ふ~ん・・・。

実家が遠いし旦那は帰りが遅いしで、

大変な思いをしているのでは?と心配していたのですが、

そういうわけなので育児トーク終了。

細かいことは気にしない、おおらかなタイプなのかな~。

だってですよ?

生クリームとか卵を使ってないお菓子を選んできたって言ったら、

「え?」みたいな顔してて、

ほら、油を多く摂るとおっぱいトラブルが起こるでしょ?

乳腺炎とかなったら大変でしょ?

って言ったら、

嫁「え~?!そうなんですか~?」って。

・・・。

う~ん、

どこをどう通ったらそういう情報を避けて・・・(汗)

今は妊婦健診とか産後の栄養指導で、

授乳期に食べないほうがいい食品とか、

病院スタッフから口うるさく言われるんですけどね。


きっと、わたしのように、

キーッとか、も~っ><とか、

ああもういやだ~~~><

ってならない、お得なタイプなんだろう。

年齢もわたしと彼女は離れているし、

きっとほとんど交流はないと思われます。

子供同士が遊びたがっていたらそれは止めないけど、

しばらく様子見ですね。

年齢が離れていても気が合えば関係ないのですが、

年齢も気も両方離れています。

わたしは「やっと嫁仲間ができた」って嬉しかったのに、

あちらがそういう感じではなさそうだから、

わたしもそういう感じで行かせてもらいますよ。


でもこの夫婦って、友達や同僚の出産祝いとかどうしてるんだろう?

ちゃんとあげているの?

外部にはあげるけど、身内はいいだろうっていう方針?

いやいや、きっと外部にもあげてないでしょうね。

なんていうか、

「あの人にプレゼントしたい、なにあげよう?」

っていう気持ちが自然に湧いてこないんだと思います。

その上、お祝いのマナーとかに疎いもんだから、

こういうことになっているのかなぁ?と。

節約してお金もしっかり貯めたいだろうしね。


申し訳ないけど、これからもあまり会いたくないなぁ。

幸い、義実家での集まりイベントもないので、

関係は希薄になるでしょうね。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2014/08/22 (Fri) 猫、飛び出し注意☆


うちのねこが・・・。

玄関から脱走して迷子になっていました。

今朝、無事帰還(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


一日ちょっとの出来ごとだったけど、

ま~、心配しました。

大雨だったり晴天で暑かったりと不安定な天気が続いているので、

「いったいどこでやり過ごしてるんだろう?」

「お腹すいてるだろうな~」

「裏の用水路に落ちてたらどうしよう」

「毒ダンゴ食べて死んでたらどうしよう><」

「このまま戻ってこなかったらどうしよう!!」

捨て猫だと思ってそのまま自分ちの子にする人もいるみたいだし、

とくにうちの猫種は盗まれやすいっていうか、

え?アメショじゃん、ラッキー、連れて帰っちゃおう♡

的な人もいるようで。

逃げたのが犬だったら、わりと生還するんですよ。

首輪つけてるし、よそのお宅にお世話になったりして。

市役所や保健所への通報もねこに比べたら格段に上だと思います。

警戒心の強いねこだったら、

人間が近寄ってくるとまず逃げますからね。

外ではわたしがおやつを持ってそっと近づいても逃げていきます。


しかしまあ・・・。

はぁ~・・・心配しましたねぇ。

気になってほとんど寝ていません。


脱走したのは一昨日(20日)の午後7時。

仕事帰りに子供を抱っこして玄関の扉を開けたらピュ~って。

でも、子供がいるのですぐに追いかけられなくて。

寝かしつけたあと、探しに出てみましたが見当たりません。

メガネは夜勤中。

わたし一人。

家に寝ている子供を置いたままになるので、

5分ほど探し回って戻って、

しばらくして再び探し回って、の繰り返しです。

でも夜だし、住宅街で人目もあるので見つけづらかったです。

たまたま通りかかったご近所さんが、

「どうされました?」

と声をかけてくれたので事情を説明しました。

昨日の夕方は、ねこを飼っているお向かいの舞踊の先生宅にも相談に。

近所の「ねこ屋敷」の情報など色々教えていただきました。

さっき「見つかりました」と報告に行ったところです。

路駐とか、ねこのフンとか、問題はあるけど、

ユニークでいい人ですよ。(と、フォローw)


いなくなった日の夜中に目が覚めて、

縁側の窓から庭や玄関先をチェックするんですけど、

あ!ねこの影!

と思ってよく見たらお向かいのねこってことがよくありました・・・。

うちのねこが飛び出した時に、

お向かいのねこズも傍にいたんです。

この子たちはうちのねこがどこへ向かったか知ってるはず。

喋れたらいいのに・・・。

と何度思ったことかw


夜勤明けのメガネに事情を説明したら、

わたしを責めることなく一緒に探してくれて、

玄関先に猫砂を撒いたり、

お気に入りの麻袋を置いて、その上にカリカリご飯を置いたり、

保健所に連絡してくれたりしてくれました。

メガネはねこが大好き。

本当はわたしの失態を責めたかっただろうに。

こういうときに「おまえがちゃんとしていないからだ」

とか、そういうことを言う人じゃなくて本当によかったです。

わたしは市役所に連絡して、

ネットの迷い猫掲示板に投稿しました。

職場の仲良しさんたちはうちのねこと顔見知りなので、

とっても心配してくれました。

心配かけたくなかったから本当は黙っていようと思っていたのですが、

探し方のコツなどを教えてくれたり、

室内飼いは、家から100m以上遠くへは行かないとか、

それ以外にもあたたかい言葉をたくさんかけてくれて、

「ああ、話してよかった」と涙が出そうになりました。

実家の両親にはこのことは話していません。

二人共猫嫌いだし、

孫が生まれたことによって猫をより邪険に扱うから。

絶対に言うもんか、とねこがいなくなったことは言いませんでした。

だって絶対に「(いなくなったのが)子供じゃなくてよかった」だとか、

まあ、そんな感じの心無いことを言いそうだから。

いなくなって二日目の夜になると、心配は倍増。

しかも九州北部には、

夜半過ぎに雷を伴う大雨警報が出ていました。

明け方四時すぎのことです。

庭の方からねこの鳴き声がして、

それで目が覚めました。

でもうちのねこの声じゃない・・・、

この声はお向かいの舞踊キャットの声や・・・とスルーしていたら、

そのうち、わたしたちが寝ている部屋の網戸を叩き始めました。

たまたまその日は、雨戸を締め忘れていたのです。

うるさいな~と思いつつも、

「!!もしかして、うちのねこ、一緒にいる?!」

わたしはそっと玄関の扉を開けてみたら、

いたーーー!!


お向かいのねこと一緒にうちのねこがいました!

そしてササ~ッ!と我が家へ入ってきました。

わたしが何度も思い描いていたことが今現実に!!!

うわー!

ちゃんと戻ってきてくれてよかったーー!(涙)

すると予報通り雷を伴う激しい雨が。

危なかった~!

それでもねこは雨にぬれていて、

お皿のキャットフードにまっしぐら。

ああ、何も食べてなかったんだろうなぁ。

しっぽは毛が立ってタヌキのように膨らんでいます。

これは怯えて興奮している証拠。

あぁ、外はやっぱり怖かったんだろうなぁ。

たまに脱走しても庭止まりだったので、

帰れないほど遠くに行ってしまった今回は、

彼も色々思うことがあったと思います。

多分、新しいメンバー(子供)にアイドルの座を奪われて、

スネて家出しちゃったのかも。

しっぽが元に戻った頃には、

お気にりの机の上でぐったり横になって眠ってしまいました。

メガネもとっても喜んでいました。

二人で「仕事中も気になって仕方なかったよね~」

と、今回のことの反省会。

そう、無事に戻ってきたから言えることですが、

ねこに対する思いや対応、

そしていなくなって初めて気がついた「喪失感」。

キャットタワーやトイレ、おもちゃにご飯のお皿。

落ちている毛にまで哀愁を感じたりして。

ねことの暮らしは大変なことがたくさんだけど、

大事な家族だってことが再認識出来ました。

ねこもいい勉強になったと思いますよ。

外にはエアコンで快適なお部屋も、冷え冷えマットも、

カリカリご飯も、蛇口から出てくるお水も、

な~んもないもんねぇ。

今もおとなしく横になって眠っています。

よっぽど疲れたのでしょうね。

普段だったら「遊べ」だのなんだので仕掛けてくるんですけどね。

とにもかくにも一件落着。

帰宅の仕方がこれまた漫画みたいw

舞踊キャットが教えてくれたのかな?

「おばちゃん、こいつ家に入れてやっておくれよ、

ヤツも反省してっからさ。」

なんて(笑)

今日からまた、新しい気持ちでねこと接していきます。


お盆前の話。

「きょこさん!うちのねこが三日前から行方不明なんです」

そう話しかけてきたのは職場のパート仲間。

「え~?!それは心配ですね」

と、言っていたら明日は我が身。

まさか自分ちのねこまでw


ちなみにそこのねこちゃんは、

8日間も戻ってこなかったそうです。


☆拍手お返事です↓

今日の出来事 |


2014/08/18 (Mon) いっぱいいっぱい。


途中まで書いて保存している記事がたくさんあるよ~><

完成させる前に睡魔に襲われたり、

ブログどころじゃなくなったりと、

まあ色んな理由でお蔵入りってわけです。

わたしは今までの人生の中で、

一番頑張っているのかもしれません。

いっぱいいっぱい。

なんだかよく解らないうちに一日が終わっていきます。

ほうらもう、

今日ももうすぐ終わりだよ。

お盆休みは5連休だったのですが、

家に家族でいると、

3食分のご飯が必要で、

「片付けて 作って食べて 片付けて」

だからといって外食も気軽に出来ないし・・・。

連休前の12日は、かなり落ちこみました。

お盆前で忙しい時にまさかの「お迎えコール」。

え?

今日はおばあちゃんが午後から家にいる日だったはず!

実は母は、美容室の予約を入れていたようで、

しかもそれをわたしに伝えていないw

お昼休み中の藪から棒なお迎えコールに呆然・・・。


なんかもう、うまくいかないっていうか、

なんだかな・・・。

自分の思い通りにいかないからイラついているだけじゃんって言われたら、

それまでなんだけど。

たぶん、こういうの平気でこなす人、たくさんいると思いますが、

わたしは苦手です。

なんでわたしってこうなんだろうなぁって、

いつも落ち込んで、明日のことが不安でしかたありません。


何書いてるか分かんなくなってきたぞ・・・・。

とりあえず、寝ます!

今日の出来事 |


2014/08/13 (Wed) 時代は変わった。


日曜日の朝放送されている「仮面ライダーシリーズ」。

わたしたちが子供の頃見ていた仮面ライダーは、

「昭和シリーズ」と呼ばれ、

それに対して今の仮面ライダーは「平成シリーズ」と区別しているらしい。

子供の頃、弟たちと、再放送を含めた仮面ライダーをよく観ていて、

それにまつわる遊び(ライダーキックとか)をよくやっていました。

大人になったら、イケメン目当てで観るように^^;

当時の職場の先輩が「平成ライダー」の存在を教えてくれたのです。

だって、オダギリジョーとか要潤とか佐藤健とか出てたんだよ~。

「あまちゃん」の種市先輩は、仮面ライダーフォーゼの主役だったし。

とまあ、わたしの趣味の話はどうでもいいです。

最近はたまにしか見なくなりましたが、

先日、今放送している「仮面ライダー鎧武(ガイム)」を久しぶりに見ていたところ、

主人公サイドのメンバーにおネエがいる(笑)

女装しないタイプのおネエ。

ここまではまだいい。

驚くべきは、

おネエ「変身!」

Σ(゚Д゚)え?

仮面ライダーになった。

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

昔と違って今は、

主人公以外にも仮面ライダーはたくさん登場するのです。

この「鎧武」の場合は、主人公が「仮面ライダー鎧武」に変身して、

そのほかに、「仮面ライダーバロン」とか「仮面ライダー斬月」とか、

いろんなのがいます。

おネエはそのうちの一人だったようで^^;

おネエの仮面ライダーとか・・・

昭和時代は誰が想像出来たでしょうか(笑)


時代は変わった、といえば、

うちの近所に保育園があるのですが、

お父さん方の送り迎えをよく見かけます。

そしてそのお父さん方が立ち話もw

わたしが子供の頃は、考えられないことだ・・・、

って、

だいたい「親の送り迎え」という概念がなかった。

定期券を持っていて、路線バスで登園していたし。

年長さんの頃は、子供だけで徒歩で登園。

雨が降ったら回数券を使って路線バス。

押しボタンが自分の手の届かない場所にしかないときは、

近くの大人に「次押してください」とお願いしていたけど、

そのお願いをするのにとても緊張した思い出があります。


昭和だなぁ(笑)


☆拍手お返事です↓

趣味 |


2014/08/10 (Sun) 土壌から違うのよ。


浅見帆帆子さんというエッセイストをご存知でしょうか?

「精神レベルを上げれば運が良くなる」

という思想を軸に、いろんな本を書かれています。

今、巷にあふれにあふれまくっている、

いわゆる「自己啓発本」。

現在の年齢は37歳。

最初の本を出したのは、20代後半。

今思えば、「小娘の分際でよくもまあ」

そんな内容です(笑)

ここではこの人について、

思いっきり文句をタレますのでよろしくお願いいたします(笑)

ファンのかたはこれより先に進んではなりません。


小馬鹿にしているこんなわたしも、

この本を友達に勧めてもらった当時(20代後半)は、

なんて素敵な本なんだろう!

なんて素敵な考え方なんだろう!!

なんていうの?

信者?

当時無職でお金に困っていたにもかかわらず、

片っ端から買いあさって(新品をですよ!)

夢中で読んでいたものでした。

彼女の説く「精神レベルを上げる」というのは、

「どんな小さなことでもいい、

いいことをたくさんすれば、ポイントが貯まって、

ラッキーなことが次々と起きてハッピーになる」

という仕組み。

「いいこと」というのは、

「人に優しくする」

「すすんで良いことをする」

「人に感謝されることをする」

こういった、フツーのことです。

でも頑張っても運が良くならないのであれば、

彼女曰く「精神レベルがまだ低い」。

・・・・。

わたしも「信者」だった頃は、

心がけて「いいこと」をしていたけれど、

ちっとも運が良くならないし、

生活もまったく安定しない・・・。

「わたしの頑張りが足りないんだ・・・」

と落ち込んでいました。

頑張って続けていた「いいこと」にも、

だんだん疲れてきました。

そして、本を読みすすめているうちに、

浅見帆帆子という人物が「特別な人物」だということに、

気がついてしまったのです!!

何冊目かの本で、

「目黒の自宅」

「車を運転している」

というワードが出てきました。

「え~?目黒に住んでるんだ・・・

なのに車持ちなんだ・・・」

もしかしてこの人、お金持ちのお嬢様??

そしてその疑惑が確定に変わったワード。

「おばあちゃま」

!!!

普通の人は「おばあちゃま」なんて言わない!

「おばあちゃん」か「ばあちゃん」だ!

ましてや「祖母」と表記すればよいところを、

わざわざ「おばあちゃま」・・・。

こいつは絶対金持ちだ・・・!!!

もう信じないぞ!!!!(落ち着け)


一瞬で目を覚ましたわたしは、

すべての本をブック○フへ売り飛ばしました。

バカバカしくって仕方がなかったのです。

だって、だってさあ、

この人自分で言っていたんです。

「私は恵まれた環境で育つことができた」

「苦労という苦労をしたことがない」って。

最初はただの「謙遜」だと思っていたのですが、

本当に「そう」だったのです。

何の不自由もなくぽわわわわん♡と生きている人に、

庶民の気持ちが理解できるかっての。

生まれながらにして、

この人と庶民とでは「土壌」が違うんですよ。

余裕がある家に生まれたこの人は、

小さい頃から割と自分の願いというか、

欲求が満たされてきたんだと思います。

この人の生活を実際に見たわけではないけれど、

親から「あれもダメ」「これもダメ」と言われ続け、

「本当はこうしたいけど親が困るから言わないでおこう」

と、諦めと自己否定の連続だった人と比べたら、

そりゃあ「私はラッキーでハッピーだ」

と感じる機会が多いに決まっています。

頑張った分の還元率が高いに決まっています。


これに気づいたときに、

「あ~、だからそうだったのか~」

とストンと腑に落ちたことがありました。

「頑張っても幸運を掴めなかった場合」

のことが、本のどこにも書かれていなかったこと。

わたしのように、

頑張っても彼女の言う「幸運な人」になれなくて悩んだ人が、

一番知りたいこと、というか、

そういう人たちを納得させるポイントがどこにも書いてないのです。

そりゃ書けるわけないよな~。

だって、「解るわけない」んだもん。

頑張っても報われることのない人たちのことなんて、

解るわけないし、理解しろだなんて、

お金持ちのお嬢様に向かってそれも無理な話です。

だから「とにかくいいことを続けること」しか書けないんだよな~。


この人の本を手放して約一年後。

我が家にもネット環境が整ったため、

この人の評判を調べてみました。

本に対しての評価は、

「肯定派」と「否定派」の真っ二つ。

「否定派」の意見はなかなか辛辣です。

やっぱりネ(笑)

そして人物の評価に迫ってみると、

彼女にあるまじき出来事が起こっていることを知りました。

「結婚したけど即離婚」

こ、これは・・・。

肯定派としては目をつぶっていたいところですが、

わたしを含め否定派としてみれば、

是非とも浅見女史のご意見を!!

となるところなのですが、

それについての彼女からのコメントは一切なかったようで、

否定派・・・というより一気にアンチが増殖。

離婚についてはこれはもう仕方のないことでしょうが、

この類の自己啓発本でお金を稼がれているのであれば、

やはり説得力のあるコメントを出していただきたかったですね。


わたしが言いたかったことは、

人生経験の浅い20代、

ましてやお金持ちのお嬢様が、

わざわざ本を出してまで分かった風なことをぬかすな、ということ。

当時若かったわたしはコロっと騙されたけど、

母はこの本を見て「さっぱり意味が解らない」とバッサリでした(笑)


もしこの人の本を見かけたら、

ぜひ読んでみてください。

感じ方によって、今の自分の「精神レベル」が解るかと。

レベル次第では、

きっと「ケッ」と思うでしょう(笑)

今日の出来事 |


2014/08/10 (Sun) ガラケーフォーエバー!


悩んだ末に、

ガラケーからスマホに変えました。

昨晩から「各種設定」に翻弄されっぱなし。

パソコンの初期設定みたいに色々めんどくさいです。

こういうのに詳しいメガネが傍にいるから助かっているけれど、

詳しい人が周囲にいない人って、

こういうの、どうやって乗り越えているんだろう?

説明書を見れば出来るってもんじゃありません。

そこに書いてある用語がまず解らない!

「○○とは~」って、補足説明がほとんどありません。

ガラケーのころはシンプルだったメールが、

スマホでは色々めんどくさいです。

デスクトップ?に「メッセージ」と「メール」の二つがあって、

それぞれの違いが一体何なのかまだ解りません^^;

使っていくうちに慣れてくるんだろうけど・・・。


そして、一番の壁だった「月額利用料金」

高すぎます!

最低でも7000円くらい。

わたしの先月のケータイ代、1700円(笑)

さすがにショップ店員さんもこれには驚いていて、

「家にパソコンがあるならガラケーのままでも・・・(汗)」

と、機種変を思いとどまらせてくれました^^;

今、冷静に考えると、

ガラケーのままでもよかったかなぁ、と。

でもなぁ、

わたし、結構ガラケーで粘ったよね、とも。

本体価格が10万円近くするスマホを無料で提供するにあたって、

「縛り」が色々あるのも、モヤモヤでした。

三ヶ月間、望まないサービスを強制的に受けなければならないのです。

それぞれ月額500円前後のマガジン、曲、ビデオ等。

合計2000円くらいの利用料を三ヶ月間支払わなければなりません。

三ヶ月経ったらショップで解約しないと、

自動的に四ヶ月目も更新されてしまう仕組み。

もちろん三ヶ月経ったら解約に行きます。

店側の抱き合わせ商法に付き合わされた挙句、

自分で店に足を運んで解約しなければならないなんて、

こういうの、アクトク商法とどう違うんだろう?

わたしは絶対に忘れないけど、

三ヶ月後の解約なんて、忙しい人じゃなくてもうっかり忘れてしまうやろ。

でも、せっかくお金を支払っているので、

昨日、そのマガジンとやらに接続しようとしたのですが、

この手続きがまたものっすごく面倒で。

ログインしてもサクサク動かないし、「もうやめた!」ってなりました。

ガラケーと違って、充電もあっという間になくなりますし。

三ヶ月×2000円=6000円(消費税とか含めたら6000円以上にはなる)

お金を電話会社に寄付するのと同じやん(怒)

その他、事務手数料もありまして、

契約から三ヶ月間は、

最低利用料7000円にそれが上乗せされた金額が請求されます。

13000円くらいを三ヶ月間支払わなければならない・・・。

みんなよく怒らないよなぁ。

スマホを使っている人たちって、

みんなこういう理不尽な思いをしてるってことですよね?

ガラケー時代にもこういった三ヶ月オプションの縛りはありましたが、

スマホになって、これがさらにタチが悪くなっています。

・・・

ここまで書いて思ったこと。

ガラケーのままでよかったかもしれん。


初期設定や料金面でのモヤモヤはありますが、

スマホ自体の使用感は悪いとは思っていません。

タッチパネルは、実家のタブレットをいじっているうちに慣れていたようで。

注):実家のタブレットいじり・・・

訳も分からずタブレットに手を出した両親。

使い方につまづくと、わたしをすぐ召喚したがる。

何度も問題を解決したわたし。

そのうちタッチパネルに慣れてしまった。


iPhoneにしたのですが、

使ってみたら楽しいですよ。

高すぎるけど。


☆拍手お返事です↓


今日の出来事 |


2014/08/04 (Mon) 今月中にやるべきこと。


「歯石取り」。

歯科医院から定期検診の案内ハガキが届いて早二ヶ月。

半年に一度、歯石取りをしてもらっていますが、

なかなか行けずにいます。

どうせなら待ち時間の少ない平日昼間に行きたいけど、

そうすると仕事を休まないといけません。

平日休みは簡単に取れますが、

なにしろ忙しいし、

働けるときに出来るだけ働いて稼いでおかないと。

長い冬休みに備えて。

それに今は夏休み。

どの時間帯も混んでそうですね。

やっぱ来月かなぁ。


「美容室」。

最後に美容室に行ったのは四ヶ月前。

そろそろ行かないとヤバイ^^;

ボサボサ^^;

カットもですが、頭皮エステもしたいです。

カット・シャンプーにプラス1500円でやってもらえるのですが、

指圧が気持ちいいし、毛穴の汚れがたくさん取れます。

毎回やってもらっているのですが、

シャンプーよりもこっちのほうが気持ちよくて気に入っています。

土日だったら行けますが、

どうせなら人が少ない平日に行きたいのです。

だって、混んでいる土日と、すいている平日とでは、

シャンプーやマッサージの質が全然違うからです。

平日だと、かなり念入りに、丁寧にやってもらえます。

今月中には行きたいな~。


「皮膚科受診」。

これが一番行きたい!!

足の裏のウオノメなのかイボなのか

10年以上経っても未だ不明な物体。

その物体がわたしの歩行を翻弄します><

痛いので普通に歩くことが出来ません。

患部をかばうように歩くから、

自ずと姿勢も悪くなっていきます。

職場から車で5分ほど行ったところに、

人気の皮膚科があるのですが、待ち時間が長い!

弟がそこに通院しているのですが、

混雑時は50人待ちなんてのもあるみたいで。

午後休を取って受診したいのですが、

今は夏休み・・・。

どの時間帯も激混みでしょうね。


この三つのうち、どれか一つでもいいから達成したいです。

そうしないとずっとモヤモヤし続けますからね^^;

今日の出来事 |


2014/08/03 (Sun) 40を前にして思うこと。


前の更新から随分間があいてしまいました。

夜、パソコンの前に座ると、

睡魔が襲ってくるのです;;

このブログに絵を載せていた頃の就寝時間は午前1~2時。

全然眠たくならなくて、

仕方なく床に就いていたものです。

今はもう、そんなこと出来ねぇ・・・。


前置きはさておき。


あと数年すると、わたしは「不惑の年」になります。

信じられません。

32歳の頃「もうカレンダーに存在しない数字・・・」

なんて言っていたわたしでしたが、

今思い返してみれば、

その頃が一番のんびり幸せな時期だったのかもしれません。

わたしの同級生の子供たちは、ほとんどが小中学生。

わたしの子供がそうなっている時期、

わたしは「アラフィフ」なのです。

怖い・・・。

わたしの経験から言わせてもらえば、

どうしても子供が欲しい女性は、

20代前半から結婚と出産の計画を立てたほうがいいです。

出産は絶対に若い頃がいいです。

わたしのように初産を35過ぎて考えていたらダメです><

自分の身体も堪えるし、

子供を健康な体で産んであげられるかどうかの心配が半端ないです。

そして元気が有り余って仕方のない子供との付き合い。

特に男の子は女の子よりよく動いて手に負えないとのこと。

自分が若いならいいけど、

わたしのようにアラフォーで男の子の相手って、

かなり厳しいと思います、体力的にも。

でも結婚や出産は自分ひとりではどうにも出来るものではありません。

タイミング次第では、どうしても晩婚、高齢出産になるでしょう。

だから、「絶対に家庭を持って子供も欲しい人に向けてのアドバイス」ってことで。

あ、もちろん男性にも女性のそういった事情を分かって欲しいです。

そして忘れて欲しくないのが、

晩産=自分の親も歳をとっているってこと。

わたしの場合は、親が若いから幸いしたのですが、

自分の親に育児を手伝ってもらおうと思っている人にも、

早めの妊娠・出産をおすすめします。

老体の孫守は、相当辛いみたいです・・・。

あとですね~。

子供が二十歳の頃の自分の年齢を考えるとですね~、

あああああ><ってなりますね;;


久しぶりの更新がこの内容、

そうです、かなり参っていますorz

なんかもう、いろいろね・・・。

実家が近くてよかったことはあるけど、

その逆もたくさんあります。

母と喧嘩ばっかり・・・。

この前なんか母から「じゃあ子供を捨てれば?!」ってキレられた・・・。


今は子供のヴィジュアルが可愛らしい赤ちゃんだから、

つらいな~と思ってもなんとか踏ん張れるけど、

成長するにつれて・・・と思うと、う~ん・・・。

自分の子供時代の親に対する態度が、

今思えばめちゃくちゃ憎たらしかったから。

やっぱりああなるのかなって。

わたしの子供だから、そうなるよね・・・。

果たしてわたしは乗り越えられるのかな??

不安。


☆お待たせしました。

 拍手お返事です↓

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する