2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/05/12 (Sat) 庭・大特集!

のため、興味がないかたはスルー推奨(笑)

どうでもいい画像も多いため、余計にスルー推奨(笑)


少し前の日記でちらっと書いていた、

庭に群生し始めた「トクサ」の画像。

とくさ

これ↑

スギナのなかま。

もう少し背が低いと、模様が多いから気持ち悪いです。

「虫もつかず、丈夫なのでどんどん増えて育ちます」


・・・え?


「クレマチス(テッセン)」と「ツツジ」。

くれまちす

引っ越してきた当初は「なんだコレ」みたいな感じで枯れていたのに、

春になると突然花が咲きだして驚きました。

画像だと解りづらいですが、方々に伸びてます。

今は花弁が散って大変w


「オキナ草」。

山野草です。

ちなみに左下は「オモト」。


おくなぐさ

深い赤色のうつむいた花を咲かせ、

画像はその後の綿毛状態です。

花のあと、白髪頭に見えるので「翁草」なんだそう。

園芸店で買うと、小さい癖にかなり高価。

山野草は持ち帰ったらダメだそうです。

でも、盗掘が多く、問題になっているのだとか。

って、あとから知って驚きました(無知すぎる)。


さてお待ちかね?の「ミツバ特集」!!(笑)

わたしが言っているミツバとは、

食用のミツバではなくて、クローバーみたいな雑草。

「カタバミ(片喰)」といわれる植物です。

ハート型の葉っぱが三つくっついています。

マメ科のクローバー(シロツメクサ)はハート型ではなく、

白い模様が入っているので、カタバミとは別の植物だそうです。

庭の雑草の常連で、根が深く、繁殖力もハンパない憎き雑草。

まず全滅させるのは不可能です。


かたばみ2

「ムラサキカタバミ」。

江戸時代に観賞用として輸入されたカタバミ。

たしかに花はかわいいけど・・・。

増えすぎるのが。

根っこの先についてる「イモ」で繁殖。

この「イモ」を掘らない限り根絶不可能。

かたばみ

こいつは葉っぱが赤紫で、地を這うように成長していき、

黄色の花が咲きます。

これも抜くのに一苦労です。

うちなんか、レンガの隙間から生えちゃってもう;;


かたばみ3

「オッタチカタバミ」。

気が付くと、すごく背が高くなってるからビックリします。

黄色の花が咲きます。

デカいので、これが増えるとかなりやっかいです。

緑の細長い実がはじけて種が飛ぶと、さあ大変。

しかも、うちの場合、

他の花の根元から生えてくるので駆除がめんどうです。

特にオモト達の根元から生えてくるから><

っていうか、前住んでた人、オモト植えすぎやろ。


かたばみ4

「カタバミ」。

小さいけど、すぐ黄色い花が咲いて実をつけるので、

出てきたら即退治しないと、無限増殖します。

マジであっという間に増えます。


カタバミの他に、ホタル草も相当はびこっていますが、

今日、ほぼ全滅させました。

ホタル草の根は深く、細かいので、かなりやっかいでした。


その他、名前を知らない雑草が多数。

ざっそう

こんな小さなときに退治しておかないと、

あとで泣きを見るのは確実。

去年、サボった分だけ泣きを見たのは言うまでもありませんorz

今日も朝から、敷き詰めてある庭石をひっぺがして、

隙間から生えている雑草を撲滅させました。

石の下に根を張って、

無理矢理地上に顔を出してくるから大したもんだわ。


草取り、やりだしたら止まらないけど、

アパート住まいのときは、考えられなかった無駄な時間。

草取りしてる時間、一体何が出来ようか?

今日の出来事 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。