2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/07/26 (Thu) 被害者の泣き寝入り。


も~、今夜は熱く語らせてください。

ただでさえ暑いのに、

これ以上暑くはなりたくないんですがw

「いじめ事件」についてです。

知れば知るほど痛ましい事件です。

被害者の生徒がされていたことが、あまりにも酷すぎる。

彼は一体、なんのために生まれて死んでいったのでしょうか。

今、ネットでかなり熱い論争を巻き起こしていますが、

彼は命を賭けて、

皆に問題提起を投げかけたのでは・・・と思わずにはいられません。

これはほんの氷山の一角で、

まだまだこの類の酷いいじめが存在しているでしょう。


そして加害者サイド。

親子そろって被害者サイドに謝りに行ったのでしょうか。

あくまで噂レベルなのですが、

自殺翌日も加害者たちは平然としていた、とか、

「子供の名前を晒されたら、今度はうちの子が自殺するかもしれない」

と、加害者の親が訴えている、とか、

まったく罪の意識がないように思えます。

じゃあ名前を晒されたら困るようなことするなよって言いたくなりますよね。

しかも、加害者はまだ未成年なので、

少年法で守られています。

それに、プライバシーうんぬんでも守られています。

ダブルバリア状態です。

他の生徒の証言をも丸め込んで、

学校も教育委員会も必死に隠そうとしています。

徐々に明るみにはなってきていますが、

まだまだ隠していることは山ほどあると思います。

隠そうとすればするほど、みんな真実を知りたがりますよね。

今はネット社会なので、加害者情報を晒したり、

学校や教育委員会を叩いたりしています。

すると、プライバシーだのなんだので、

そういうのに詳しい専門家がネット叩きを批判します。

昨日のヤフーコラムでも、専門家が、

実名晒しの問題点を指摘していました。


いろんな意見があるかもしれませんが、

そこまでして加害者を守る必要はあるのでしょうか?

確かにまだ子供で、更生の余地はあるかもしれませんが、

わたしには彼らが更生するとは思えないのです。

あれだけ酷いことを長期に渡ってやりつづけ、

自殺をきっかけに猛省して償い、社会に貢献する・・・

とは思えないな!


それに、こういう論争をするよりももっと、

どうやったらいじめをなくせるかを、

みんなで考えたほうがいいと思います。

なんかもう世間は「いじめはあって当たり前」な風潮になってます。

子供が産まれたらいじめられない名前にしよう、とか、

標的にされないための処世術、とか。

ええい!ちがうちがう!

そういうのじゃないんだ!

そしておちつけわたし(笑)


ケンカや、ちょっとした誤解がきっかけで、

軋轢が生じるのは仕方ないし、

そういうのをまったく無くせるとは思えません。

人の感情は人の数だけあるもの。

意見がぶつかるも多々あるでしょう。

でも、

犯罪レベルの酷すぎるいじめは無くせると思うのです。

自分がされたら嫌なことを人にもやってはいけないのだとか、

この一線は超えてはならない、だとか、

大人たちがうまく子供たちに伝えられたらなぁと思います。

過激なゲームやマンガが子供に悪い影響を与えるとか言う大人がいますが、

わたしもそういう文化は見てきたけれど、

それを生活に取り入れようとかは思ったこと、ありません。


でも、先日テレビ番組でちょっとコワイことを知りました。

世の中には、人を傷つけても平気な人とか、

傷つけることを楽しく感じる人がいるのだそうです。

それ系の人ならではの脳の仕組みがそうさせていると言っていました。

ああ、だから信じられないような事件が起きるんだ、と納得しました。


話があっち飛び、こっち飛びで申し訳ないのですが、

学校が辛くなったら、思い切って休んでいいと思います。

わたしは詳しくはありませんが、

フリースクールとか通信教育という手もあると思います。

「弱虫」とか言う人たちもいますが、

命を奪われては本末転倒です。

被害者の彼は、どうして学校へ行っていたのだろう?

どうにかならなかったのだろうか・・・と思ってしまいます。

でも、自宅にも加害者たちが乗り込んでいじめていたみたいですね。

もう引っ越ししかないですよね・・・。

そんなに酷いことになってるのに、学校や教育委員会の、

「いじめは認識できなかった」は、アホかと思いますが。


論点が一点に定まっておらず、

あんたは一体なにが言いたいんだと突っ込まれそうですが、

わたしが思っていることは、まあ、こんなところです。


☆拍手お返事です↓

☆ピコさん

暑いですよねー!
だからお名前は涼しいお色にしましたw

体温よりも、ぬるめの風呂よりも暑いってどういうことだ?!と思いますよね。
そんな中、屋外でお仕事されている方は、本当に凄いと思います;;

夕食、昨日は冷やし中華を作りました。
って、作ったと言っても、麺をゆでて、きゅうりと焼き豚と卵焼きを千切りにして載せただけですけどw
それでもめんどくさかったです。
今日はピコさんにならって、割引お惣菜、そして割引魚の切り身を買ってきて、焼いただけです。
汁物はインスタントのお味噌汁、それに冷奴。

そうそう、23歳くらいまで、家自体にエアコンがなかったのですよ。
扇風機だけで生活していました。
だから、子供のころは、車のエアコンで頭がガンガンしていましたね(笑)
今はさすがにエアコンなしでは生活できませんが、ちょっとエアコンの温度が下がると身体がだるくて仕方がありません。

ピコさんのご主人、「超」が付かれるのですか・・・。
それは暑いでしょうね。
でもご主人に合わせると、今度はピコさんが寒くなるし、それは揉めるでしょうね。

あ、うちもヘンな苔みたいなのが生えてきました><
苔なのかどうかは不明ですが、根っこがやたらフワフワしているのです。
でもペリペリっと剥がれるので、あまり手こずりませんでしたね。
梅雨前に土を掘り返して一掃しましたよ。
また生えてきてますがw

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する