2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/10/24 (Wed) 「ゆりかごから大学院まで」。


その昔、

「ゆりかごから墓場まで」っていうフレーズがありましたよね?

今じゃあんた、

墓に入れるかさえ微妙な世の中。

こっちのローカル局(NHK福岡)で、

毎週金曜日の夜「特報フロンティア」という番組が放送されているのですが、

今週のテーマが・・・

「”普通の老後”が生きられない」

ぎゃあああ、やめて~~~><


予告映像に出てたじいちゃんが、

「まじめに働いてきたとに年金が足りんで、

今は病院にも行かれんとですよ」

って・・・あわわ。

この番組好きでよく見てるけど、

次回は怖くてなんか見れんな・・・。


今こんな状態なら、わたしたちが老人になったころは、

どんな酷い世の中になってるか分からん。

これじゃ長生きも考えもんだよ・・・。

いや、わたしは長生きはしたくない派なんですけど、

うっかり長生きでもしちゃったら、

「生きながら地獄」が待っているかもしれない。


ときどき・・・、

いや、けっこう頻繁に、

将来への不安に襲われるときがあります。

わたし、この先、どうなるんだろう?って。

何十年後には、この家を売っぱらって、

また狭いアパート暮らしに戻っているかもしれない、

しかも、六畳一間とかの粗末なアパートに。

今は、一生懸命頑張れば報われる世の中じゃなくて、

いかにしたたかに、いかにズル賢く生きるかが勝ち組のポイントだよね。

悲しいけど、真面目に生きてたら馬鹿を見ちゃう世の中。

そんな世の中を、わたしはこの先何十年も、

生きていけるんだろうか・・・。


追記!

なんとなんと、先ほど、

素晴らしいタイミングで「熊本城特集」がテレビでありました^^

熊本城って、本当に凄いお城だったんですね。

いろいろ語りたいけど、近々またお城へ行って、

レポします。

最後に若い女性が、

「小さい頃から私の中に”せいしょこさん”がいる」

って言ったのに、とても感動しました。

熊本の人たちは、「せいしょこさん」をとても慕っているみたいですね。

なんかいいなぁ、そういうのって。

わたしの中では、あえて言うなら「道真公」ってところでしょうか?

梅は飛ばないと思うけどw


☆拍手お返事です↓

☆ピコさん

ミセススズキは英語まったくダメですの^^(笑)ちょっとカッコつけただけですのww

そうですよー、欠席したほうがお金持ってきてくれなきゃですね><
どこまで受身なんだか・・・しかも、自分が自治会長のときに「これは面倒だ、各自お金を持ってきて貰うように制度を変えよう」って思った人っていないんでしょうかね~?
それか、ピコさんのアイデアを採用して欲しいです、マジで!

あと、自治会費集金も、わざわざ集めて回るんじゃなくて、年度末の総会のときに、どうせみんないるんだから、その時に集めたらいいのにって思います。みんなそっちのほうが楽ですよね?
わたしは言えないから、誰か言い出して~><

家を持つって本当に大変ですね。
ピコさんのところも、いろいろ大変みたいですね;;
なかなか「こうしよう、そうしましょ」ってなりませんよね。


☆りぶらさん

そうです、各家庭を回って会費を徴収したり、面倒なことがいろいろあります。
しかも、メガネが殆ど仕事でいないから、自治会関係はわたしがほぼやっています、ムカつくわw

マンションも田舎のほうになると、色々大変みたいですよ。
職場の人が自治会長の時、運悪く国勢調査の年に当たり、その仕事までしなければならなかったみたいです。

PSPのFF3って評価悪いんですか?
まだリンク先を見てないから、後で見てみますね。
忍忍賢賢はあえて避けたかった、と、アルティマニアに書いてありました。
わたしは風水師以外に、シーフとか、魔剣士をよく使っていたような??
ファミコンFF世代の弟に言わせれば、「ぬるい」んだそうでww
鬼ラストダンジョンがFF3の魅力だとかなんとか・・・わたしは弟のプレイ画面を横で見ていただけでしたけど。

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する