2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/11/13 (Tue) 19世紀のイギリスへ。


松たか子主演のミュージカル「ジェーン・エア」を観てきました。

まず一言。

行ってよかった!!

同じ一階席でも、東京の日生劇場より二千円も高く、

まさに「清水の舞台からダイブ価格」に不満もあったのですが、

今日はそれが帳消しになりました。

初の博多座。

エントランスから伸びる絨毯を踏みしめる感覚で、

気軽にセレブ気分♪(なんとも安上がりな)

席につくと、予想以上に舞台が近くてテンションアップ↑↑

平日なのに、いや、平日だからこそ?

お客さんがとっても多い!

わたしの周辺は、おひとり様鑑賞が多かったですね。

隣のおひとり様おっちゃん、開演ギリギリまでスポーツ新聞読んでたけど、

一体どういういきさつでここに来たのかが、非常に気になりました。

ラストまで残っていたのを見て「あ、本当に好きで来たんだ」と思った(笑)

ほら、「お付き合い」とか、スポンサー枠とか、そういうのあるやん?


さて、演目のジェーン・エアですが、

19世紀のイギリス、孤児のジェーン・エアが、

劣悪な環境を経て貴族の子供の家庭教師となり、

その家の主人・ロチェスターと結ばれるまでを描いた、

世界的に有名な長編小説です、

って、わたしはこの物語を今年初めて知りました(恥)

「レ・ミゼラブル(ああ無情)」とかは知っていたのに。

話はそれるけど、保育園時代にアニメ「ああ無情」を見ていたのですが、

ジャン・バルジャンが可哀想でたまらなかったのを覚えています。


話、戻ります。


小説は、主人公のジェーンの語りで物語が進む形式なようで、

舞台もそれに習っていたため、

ジェーン役のお松は、終始舞台に出ずっぱりでした。

お松、顔はとっても小さかったけど、

声が、歌声が、本当に素晴らしくて鳥肌が立ちました。

ドラマや歌番組とは、なんかもう、全然違いました。

テレビでも素敵だけど、舞台の方がより素敵でした。

数年前にテレビの深夜枠で偶然見た舞台「ひばり」もよかったけど、

これはこれで、また違ったよさがありました。

死んだわたしのじいやが生前、

「松本一家はなんでも下手くそやけん好かん。

たか子は歌も大したことない」

と痛烈批判していましたが、

「ちょっとじいや!この世に戻ってきて聞いてみろや!」

と、上映中、あの世のじいやに電波を送っていました(怖いよ)。

お松の相手役、松本さとしさんは、今回初めて知ったのですが、

顔も、立ち振る舞いも、声も、歌声もセクシーでした^^

どうやら固定ファンがいるみたい。

カーテンコールのときに、女性たちがキャーキャー言ってましたもん。

お松と松本さんの歌の掛け合いシーンがいくつかあったのですが、

よく釣られずに自分のパートをしっかり歌えるなぁ、と、

カラオケでハモりが出来ないわたしはそういう面でも感動でした。

プロなんだから当たり前なんだろうけど、

素人目線では「よ~間違えずに喋ったり歌ったり踊ったり出来るよなぁ」。

わたしだったら何度も噛みそう、忘れそう(笑)

そして舞台装置がとってもシンプルなのに驚きました。

大小の木一本ずつと、背景(イラスト)と階段が、

物語の最初から最後までの舞台装置で、

あとは場面に応じてベッドやテーブル、

イス、お墓、日時計が出てきたくらいで、

あとは照明やパントマイムで魅せる&客の想像を掻き立てる仕組みになっていました。

その演出が本当によかったです。

お松が歌った曲は22曲だったそうですが、

どの歌も歌詞とメロディが本当によくて、

さっきから「本当によくて」ばっかりだけど(笑)

ナウなヤング風に言えば「マジで超ヤバかった!!!」です。


カーテンコールでは、お松たちキャストさんが何度も舞台に出てきてくれて、

わたしとしては、大・大・大満足の舞台でございました。

お金があったらもう一度見たいくらいだ~!


☆拍手お返事です↓

☆ピコさん

来年はねこ年にしようかなぁ。
なんか、今まで意地でもねこ写真を年賀状に使わなかったんですよ(笑)
子供の代わりにねこか~って思われるのがイヤで。
よし、来年は「かわいい我が子」写真年賀状を方々に送りつけてやろうかしらww

コマチは面白いですよね。
中には、ただおちょくりたいだけの「釣り質問」もあるみたいですけど。
あ、自分の子供に毎年年賀状を書かせている友達がいるのですが、他の友達が「あれって失礼じゃない?」と呆れていました。わたしも「これは・・・」と思いましたけど。
えんぴつや、色えんぴつで、なんかよくわかんない絵が書かれています。
成長するたびに「お、上手くなってきた」と思っていたのですが、今度は妹が書くようになって・・・w

年賀状作成、毎年実家から頼まれるので、ほんっと憂鬱です><
わたしの家あての年賀状をわたしで作ってるとかありえんやろ(笑)
母の知り合いが増えるたびに、住所登録からしなければなりません(ケータイの場合は番号登録までさせられています)
数年前、実家が喪中になったので、今年は年賀状がなくてラッキー♪と喜んでいたら、「喪中ハガキ」作成依頼が来たので「もうわたしはどこにも逃げられない」と腹をくくりました。
やりたくない!と反抗していた時期もありましたが、親子ゲンカになり、非常にめんどくさいので、少々の報酬で引き受けています。

コンサートでも、アンコールの途中で帰るお客さんがいたりしますよね。
わたしも会場によっては、そうやって早く帰らざるを得ないときがあり、残念です。
ドームや海浜公園みたいな、ちょっと離れた会場のときは、早く中心地まで戻らないと電車がなくなってしまうので、早めに帰ります。
なので、市内やその近辺に住んでいる人たちが羨ましいですね~。
しかし、東京大阪日帰りとは、かなりのハードスケジュールw

趣味 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する