2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/01/06 (Sun) ’90の彼。


このこと、書こうかどうか迷いました。

まず、経緯の説明が面倒だし、

なんといっても、また愚痴だし(笑)


でも、あたしゃ書くよ(誰キャラ?)


4日に、メガネの同僚が、奥様と幼い娘ちゃんを連れて、

我が家に遊びに来ました。

メガネが淹れるコーヒーを「嫁さんにも飲ませたい」とのこと。

メガネ、会社にコーヒーセットを持参していて、

休み時間に同僚に振舞っているのです^^;


↑この話だけ聞けば、普通のなんてことない話ですが・・・。

実は、その同僚とわたし、面識があります。

わたしも以前、その会社の社員でしたから。

それだけならいいのですが、

その同僚、わたしの過去の恋愛話からなにから、

殆ど知っているのです・・・!!ぎゃああああ><

もう15年?16年前くらいになります。

わたしが当時の彼氏に振られてザマぁない時とか、

新しい彼氏とうまく行かないと愚痴っている時とか、

そのあたり、全部見てるんです。

同僚と当時の彼氏は仲良しだったので、

彼氏とダメになりそうな時期、

わたしはよく同僚に相談していました。

同僚は2年くらいでその会社を辞めたのですが、

そのあともしばらく親交がありました。

うちにも遊びにきていたので、わたしの弟たちも知っているし、

(下の弟は同僚からギターを貸してもらってました)

わたしの友達含めて飲んだこともあります。

同僚はわたしよりも歳下でしたが、

わたしを「下の名前+ちゃん付け」で読んで、完全に歳下扱い。

ちょっとクセのある男でしたが、いい男友達だったと思います。

連絡が途絶えているあいだに、わたしも同僚もそれぞれ結婚。

すっかり過去の人になっていた同僚でしたが・・・。

三年ほど前、メガネからその同僚の名前を聞かされ、

わたしはうろたえました。

再雇用枠で、その同僚がまた社員として入ってきたのです。

「その人がきょこちゃんのこと知ってるって言ってたよ」と、メガネ。

あ、あいつ!さっそくメガネにアプローチしてきたな!

そう、同僚はちょっと空気が読めないのです。

ぺらっとわたしの過去をメガネに言いそうで、本当にコワイ><

ちなみに、同僚とわたしが仲良くしていた時期のメガネは、

どっかの街の中学生ってのがウケますね(涙)。

幸い、メガネとかけ離れた部署に配属された同僚。

接触がないので安心しきっていたところに、ジャブが入ります。

メガネの部署にその同僚が異動してきましたww

「事実は小説より奇なり」とはよく言ったものですね・・・;;

それを聞かされてからのわたしは「メガネに変なこと言うなよ」と祈るばかり。

すると早速、

メガネ 「きょこちゃんは昔、髪の毛黄色やったって本当?」

マジでゴルゴ13雇いたい。


その後、メガネはその同僚の仕事ぶりに疑問を持つようになり、

「あの人、完全に部署で浮いてる。空気も読めんし。

それに、仕事が適当すぎて、イラっとする」

一緒に仕事したことがなかったから知らなかったけど、

仕事ぶりもアレだったとは・・・。

アレなのは空気だけにして(笑)

そんな人にわたしは色々相談していたのか、と少し悲しくもある(笑)

よくメガネは、わたしに同僚はどんな人だったのかを聞いてくるようになりましたが、

そこは「よく知らない」「部署も違ったし」と、

当たり障りのない返答で苦しくも牽制。

いったい奴はどこまで喋ってんだ!と心配もしましたが、

どうやらその一線は超えてない様子(いい大人は超えませんけどね)。

「仕事出来ない」「空気読めない」「上司にゴマをする」

そんなところをメガネは嫌っていたし。


その空気が読めない同僚は、メガネからの険悪な空気も見事にスルーし、

我が家においでになった、というわけです。


本当は、年末に来ることになっていました。

でもわたしが難色を示したので延期に。

普通だったら空気を読んで「じゃ、またいつか」となりそうですが、

同僚はやっぱりゴリ押ししてきました。


メガネも同僚のことをよく思ってないし、

わたしもメガネの前で同僚に会いたくないし、

二人共、奥様と娘ちゃんとは初対面。


まさに招かざる客。


メガネは前日から憂鬱がっていましたが、

それ以上にわたしのほうが・・・。

当日。

わたしは必死に「娘ちゃんかわいいねー」「いくつー?」と、

本当は子供いじるの苦手だけど、必死にそっちへ持っていこうと努力。

が、早速先制パンチ!

「きょこちゃん、髪が黒くなってる!」

だ、だまれー!!εε=ヽ( `Д´)ノ


まだ髪ネタ引っ張りますか。

それに「名前+ちゃん」って。

主人の前で、そんな言動、マジでやめて('A`)

それに、奥様もいい気はしないでしょう。

もうほんとにどうしてうちに来た・・・。


最初の10分くらいは、わたしがそっけない態度をとっていたのもあり、

会話が少ない状態でした。

わたしはなるべく奥様と娘ちゃんに話しかけるようにしました。

が、

必ず同僚がドヤ顔で絡んできます、助けて~;;。

そしてよせばいいのに、過去のエピソードとか持ってきます。

会社の昼休みのこととか、当時の同僚のこととか。

わたしは「あんま覚えてな~い」と笑ってごまかし、

奥様も内心「なんだこの女」って思ってそう・・とビビったり。

本当はわたし、用事を作って留守にしたかったんです。

でもメガネが、間が持ちそうにないから居てほしい;;と言ったから居たけど、

居ない方がよかった><


夕方、同僚ファミリーは帰って行きました。

その後、わたしは「回転寿司行かん?!」とメガネと外出。

普通だったらメガネと「今日はああだったね~こうだったね~」と、

反省会モードになるのですが、今日の場合、


メガネ「きょこちゃんがいたからなんとか場が持った」

わたし「ああ、うん・・・」

終了。


>間が持ちそうにないから居てほしい;;

たまたまメガネがこんな感じだからいいものの、

かなり嫉妬深くて独占欲の強い旦那だったら、

「あの男はなんだ!」となるところですね(汗)

その前に、同じ部署には居れないと思うけど。

「ただの顔見知りだから」と同僚は思ってるんでしょうけど、

もっといろんな角度から、物事を見てもらわないと困ります><

メガネが黙っているから調子づいているように見えます、わたしには。

だから、わたしの過去のエピソードをちらつかせたり、

うちに押しかけてきたり出来るんだと思います。

「親しき仲にも礼儀あり」って言葉、教えてあげようか?って感じです。


この日は最初から最後まで、本当に気まずかったです。

もう、気まずくなるポイント、多すぎ(笑)

自己満足も大概にして欲しいです。

正月早々、嫌な汗かきました・・・。


拍手お返事は、下の記事にてお返ししています。

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。