2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/12/26 (Thu) 主語無しワンマントークショー。


さて、

梅の花忘年会終了後向かった先は、

わたし「実家に来ます?」

ふたり「行くー!」

というわけで二次会?は、

母と子供が待つわたしの実家(笑)

実はわたし、二人のご実家にお邪魔したことがあります。

食事のあと、ちょうど実家がそばだから来ない?

という流れであれよあれよと。

それぞれのお母様が愉快痛快なキャラクターで、

これはうちの母ちゃんも見てもらわな!と思いまして。

職場の人を実家になんて、と思われるかもしれないけど、

この三人の場合は「あり」なのです。


母は嬉しかったのかなぁ。

終始しゃべりっぱなし。

誰か止めて。

しゃべるのはいいです。

予想はしていたものの「主語」抜けまくり。

孫が三人いっぺんに出来た話をしていたのですが、

登場人物が多くて厄介な上に、

肝心な「主語」を脳内で処理して口に出さないもんだから、

一体それは誰の言動なのかサッパリ。

わたしはかろうじて分かるので、

「あ、R子さんっていうのは上の弟の奥さんです」

とか、

「”あっち”っていうのは、R子さんの実家のことです」

って、

通訳めんどくせー><

二人はうんうん、と頷いてくれてましたけど、

絶対わからんかったと思う。

「もー、お母さん、誰のことか分からんやん」

と突っ込むと、

母「娘からすぐ怒られるんですよー(困)」

わたし「(チッ)」

でも、相棒さんと、姑問題で盛り上がっていたので、

大目に見て「よかったのかな?」と思いました。

母「くそババアって思うけど、どこかに情は残ってるんですよね」

相棒さん「分かりますー!そうなんですよねー><」

って感じ?(笑)

最初は30分くらいの予定でしたが、

1時間半くらいの滞在に(笑)


二人を駅に送る途中、

母のトークにお付き合いいただいてすみません、

とペコペコしていたら、

二人「いや~、楽しかったよ~

お母さんときょこさん、そっくりやね!」

え~ん;;

やがてわたしも母のようになるの~?(なるだろうな!)


実家へ戻ると、

母「お母さん、ちょっとしゃべりすぎた♡(テヘペロ)」

わたし「・・・・」


あ、そうそう、

ついでに大きくなったわたしの子供も見てくれました。

子供がついでで母ちゃんがメインって・・・。

かあちゃん |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する