2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2014/01/20 (Mon) ボス。

大分県の「高崎山自然動物園」。

そこのボスザル「ベンツ」が、先日「死亡」と認定されました。

700匹の仲間を従える、カリスマボスザルだったとのこと。

ボスといえば・・・。

人間界職場での「ボス」。

まあ、だいたいどの職場に存在するであろう、

「パートのおばちゃんのボス」。

このボスがね、ベンツのように皆から慕われる存在ならいいですよ。

大概やっかいな存在なんですよ。

最大の特徴は、仲間の悪口を言ったり、

徒党を組んだ陰湿なイジメですかね。

これが原因で、先日友達が職場を辞めました。

退職を知ったのは彼女からのメール。

「色々あってね~、今度会うときに話す」

色々・・・人間関係だろうなぁと予測していたのですが、

やっぱりその通りでした。

その職場にもパートのボス(おばちゃん)がいて、

その人が発するマイナスパワーに耐えられなかったとのこと。

例えば、Aさんという同僚がいたとして、

そのAさんがいない場面でAさんの悪口を言う。

よくあるパターンですね^^;

だから、

自分がいないところで悪口を言われているのではないかと考えるようになり、

自分は絶対に人の悪口を言いたくない、と決心しても、

ボスがパート内にそういう雰囲気を作り上げているので、

避けるのが困難だったそうで。

本当は辞めたくなかったけど、

耐えられなかったのだそうです。

別の友達の勤務先も、

やっかいなおばちゃんボスがいて、

その人にみんなが振り回されて大変だと言っていました。

そのおばちゃんボスもやっぱり人の悪口三昧。

他人の勤務シフトにいちいち文句を言ってきたり、

上層部命令の、部署の配置転換なのに、

自分が気に入らない部署に異動させられると同僚に八つ当たり。

自分がいたかった部署に新しくやってきた人に、

「あたしはここがよかったのに!」って(呆)

心の赴くままですな。

友達もおばちゃんボスと、その取り巻きに相当やられたようですが、

若手と結束して、なんとか踏ん張っているようです。

幸い、わたしは社会人になってから、

そういう目に遭わずに済んではきましたが、

(もちろん、嫌な奴らはいたけど、

それが原因で辞めたことはない)

高校生時、初めてのバイト先で目の当たりにした、

パートのおばちゃんの派閥には衝撃を受けました。

あからさまな嫌がらせに目を疑うことの連続!

え?えー?

大人になって、

しかも、自分の親くらいのいい大人がこんなことを!

自分のお母さんが職場でこんなことしてたら嫌だ!

過去に何があったかは知らないけれど、

爪弾きされているおばちゃんがかわいそうでした。

さらに学生アルバイトにもそのボスパワーは及びました。

気に入った学生アルバイトは、

入った順や職能関係なく優遇。

ホテルのリネンの仕事だったのですが、

一番の花形の仕事、ベッドメイキングを、

キャッキャ言いながら教えたり一緒にしたり。

そして、気に入らない学生にはキツくあたり、

ゴミ関連の一番嫌な仕事を押し付けていました。

わたしはずっとゴミの仕事やってた^^;

別にこんなばばあ共に気に入られたくもなかったから、

傷つきつつも、もくもくとやっていたけど。

今考えたら、

自分の子供くらいの年齢の学生をいじめるなんて、

一体どうしたもんだか、と。


せっかく待遇がよくても、

こんな理不尽な人間関係で仕事を辞めなければならないなんて、

ほんと、バカバカしすぎると思います。

おばちゃんたちがやってることだから、とか、

こういうこと、どこにでもあるから、

などと軽視しないで欲しいです。

経営者側がもっと真剣に取り組まなければ、

優秀な人材を失うことになり、

結果、会社の業績悪化に繋がると思うのです。

実際、わたしが独身時代に働いていた会社でも、

パート派閥問題がありました。

上司がどうにかしようとしたのですが、

男性上司には「女心」が分からず(当たり前だけど)

ますます状況は悪化。

めんどくさいかもしれないけど、

そこで経営者が上手に首を突っ込まないと解決しないと思います。

でもこれは小さな企業限定になりますね。

大きな組織だと上司が解決するしかないですね^^;


ところでどうしてこんな困ったおばちゃんボスが存在するのでしょうね?

寂しさ、ひがみ・・・根底にあるのはそういうものなのかなぁ?

家族とうまくいってないのかもしれません。

他人をこき下ろすことによって、

自分を守ってるのかもしれません。

あと、女性特有の「同調」が、たくさん欲しいのかも。

「あの人○○だよね~?」「そうそう、あの人ってさ~」

みたいな。

悪口が止まらなくなるの、わたしも分かる^^;


今の職場のパート仲間に、そういう「ボス」がいなくてよかった。

自分がならないようにきをつけようっと(笑)



☆拍手お返事です↓

☆ピコさん

小学生のテレビ視聴時間制限、わたしのころもありました!
ある男子児童の家で行われている「木曜日はノーテレビデー」という企画がPTAにウケて、じゃあみんなもやってみようってことになったのですが、ま~、案の定その男子はみんなから嫌われました^^;
今でこそDSなどのゲームや娯楽がたくさんありますが、当時はそんなのほとんどないですからねー。
子供にとってテレビはとても大事。
そのテレビが見られない=大事件ですよ(笑)

話がそれましたが、岡田くん、かっこいいですよね^^
そのCMの再現を、先週NHKのあさイチでやってくれましたよ。
こっちでは流れないCMなので、貴重でした。
大阪の枚方なんですよねぇ。方言、出ませんね~。
そういや「学校へ行こう」っていう番組で昔「体当たり戦士 少年(青年)オカダ」で変なカッコしてたのがなつかしです^^

携帯会員登録、めんどくさいです;;
登録しないと会員になれない場合もあって、ほんとありえん><
わたしもパケホじゃないので、余計な費用がかさみます。
それを考えたら、会員になることってほんとにおトク?という疑問も。
昔は、騙されて金銭トラブルに巻き込まれるって、ごく一部の人しか被害に遭わなかったような気がします。
今はネットのせいで、万人がターゲットにされていますね。
ネットは便利だけど、その弊害も大きいと思います。 

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する