2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/21 (Fri) トリプルアクセル。

今回のフィギュアの試合を見て、

難しいプログラムに挑戦して成功させることよりも、

無難なプログラムをそつなくこなすほうが点数が稼げるんだなって、

改めて思いました。

つまんねーなーと思いました。

スポーツって、記録を塗り替えるために進化し続けるものですよね?

だからレコードを塗り替えることが評価されるし、

それを目標にアスリートのみなさんは頑張っておられるんだと思います。

フィギュアスケートもスポーツなんだから、

そうあって欲しいのですが、

どうやらそうではなさそうです。

今の採点方式では、

最も難易度の高いとされているトリプルアクセルを飛ぶには、

かなりのリスクがあるみたいです。

失敗すると大きな減点、

成功してもそこそこな点数。

アクセル以外のトリプル×2のコンビネーションの方が高得点。

だからチャレンジする人が少ない・・・

っていうか、今の時点でチャレンジしているのが浅田選手だけだという。

ソチ五輪のFPでトリプルアクセルを成功させて、

なおかつ全種のジャンプを飛びきった浅田選手。

回転不足などの細かいミスがあったとはいえ、

あの演技がFPで三位なんてアホかと思いました。

上位陣の加点てんこ盛り高得点を見て、

「はい、わかりました」と思いました。

演技構成、曲の解釈、出来栄え・・・。

上位陣に比べて浅田選手の点数は、かなり抑えられていました。

そんなに違っていました?

贔屓目に、素人目に見ても、

浅田選手の演技は上位陣には全く劣っていませんでしたけど。

この点数の比較は、ネットや新聞で見ることが出来ます。

結局はジャッジ陣の好みの演技が出来ればいいってことでしょうか?

そして今回金メダルを獲った選手の点数はあまりにも高すぎだと思いました。

トリプルアクセルもないし、ミスもあったのに。

「自国開催だから仕方ない」では済まされないほどの盛り点に目が点。

これだから採点競技はモヤモヤするんですよ・・・。


浅田選手がもし引退したならば、

女子フィギュア界からトリプルアクセルが消えます。

それでいいのでしょうか?

「今度こそ飛んで!」

「やった!飛んだ!!」

というワクワク感がないフィギュアなんて・・・。


拍手お返事は下の記事にて返しています。

ソチオリンピック |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。