2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2014/03/09 (Sun) 怒りの矛先。


すみません、また愚痴ります^^;

ここしか言う場所がないんで。


子供が出来ることによって、

今まで以上に夫婦の絆が深まると言いますが、

それは「旦那の帰りが早い場合に限る」のではないでしょうか。


例えば、子供のお風呂。

「毎日同じ時間に入浴させましょう」という指導があるけど無理っス。

わたし一人で入浴させればそれは可能ですが、

一人で赤ちゃんをお風呂に入れるのって、かなり難しい><

何度かチャレンジしたけど、

ま~~、泣く泣く。

綿密な計画を立てた上で入浴させないとダメです。

ちょっとでも手こずったら機嫌を損ねて大号泣;;

「寒い季節」というのもネックです。

なので、メガネが夜勤の週は、

午後2時くらいから、メガネと一緒に子供をお風呂に入れます。

問題は日勤の週。

残業が確定しているときは実家に入浴させに行きます。

連れて帰って寝かしつけたあとに、自分だけ入浴します。

メガネの残業が短い日は帰ってくるまで待ちますが、

「ごめん、あと30分延長になった」

そんなことはしょっちゅうです。

なかなか帰ってこないし、

子供はグズり始めるのでイライラします。


そして真夜中の過ごし方。

日勤の週は、夜メガネがいるので安心ですが、

夜勤の週はかなり辛いです。

寝室から追い出しているねこの「かまって攻撃」。

そして子供に異変があったときの対応。

子供がRSウイルスに感染したときは、本当に本当に困りました。

あと、子供の寝かしつけに苦戦したり、

「泥棒が入ってきたらどうしよう」だとか、

「火事になったらどうしよう」だとか、

そういう不安に駆られて寝付けない日もあります。


実家がそばにあるからこれくらいで済んでいますが、

実家が遠方だったら・・・と思うとゾっとします。

近くに助けてくれる存在がないお母さんは、

本当に大変だろうなと思います。

その点わたしは恵まれていますね。


恵まれているといえば、

メガネが育児に協力的なこと。

わたしが辛くならないようにサポートしてくれます。

それはありがたいです。

が、

ほとんど家にいないからなぁ。

しかも「仕事で疲れた」とか言って帰ってこられると、

「本日の(つらい)育児報告」がしにくくなります。

もう今日はこんな風で大変だったんだよ~!って言えない・・・。


彼が働いてくれているから生活できている、

それは頭では分かっていますが、

分かっていますが・・・

つらくなったらどうしても怒りの矛先がメガネに向いてしまいます。

「たいがいで帰ってこんかい(怒)」

ってなります。

ひどい時は、メガネが子供に笑いかけているのを見るだけで

ムカムカします。

「ええとこどりや」

と思ってしまうんですよね・・・。


子供が出来る前はケンカもほとんどすることなく、

順調にやってきたのですが、

今はもう、わたしの顔は般若のよう・・・(涙)

いかん、いかん、と思いつつも、

気がつけば身も心も醜くなっています。

絆どころか溝が深まっているのですが。


でもこれも夫婦の試練だと思って受け入れないといけませんね。

子供=試練と捉えること自体がもうアレなのですが・・・(笑)


☆拍手お返事です↓

☆さかなちゃん

お金出さんかったら口も出すなと言いたいね(笑)
お母さん、そうなんだ・・・困ったね;;
まあ、わたしの母も、ずっと「一人でもいいから産め」ってうるさかったけど。

わたしも治療はもうゴメン;;
しかもわたしが通っていた病院は予約制なのに待ち時間が長すぎるし。
お金も気力も要るもんね。
こういうデリケートなところは触れないで欲しいよね。

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する