2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2014/04/19 (Sat) プレゼントに添えた手紙 全文。


メガネ殿

32回目のご生誕記念日、誠におめでとうございます。

ちなみにこの祝辞は、すべてゴーストライターが書いたもので、

私は一切関係ないことをご了承ください。

本日無事に32歳が迎えられたのも、

家事、仕事を完璧にこなし、

さらに育児、育猫もおちゃのこさいさいの

カリスマスーパー主婦である私のおかげだと自負しております。

あなたが21歳、私が27歳の時に結婚生活が始まったわけですが、

当時を思い起こせば、金の工面に悩む毎日でした。

心配かけまいと黙っておりましたが、

生活は本当にギリギリで、

家賃が引き落とし不能となり、

督促状が届いたときはショックのあまり耳が聞こえなくなりました。

そしてまた趣味の作曲活動を諦めなくていけない事態に陥ってしまいました。

改めて結婚は墓場だと痛感した次第でございます。

「こんなはずではなかった。貧乏くじを引かされた」と、

母に愚痴をこぼしたところ、母曰く、

「仕事も続かない精神病の年上女と一緒になったメガネくんのほうが、

よっぽど貧乏くじを引かされている」。

この言葉を聞いたとき、自分の傲慢さ、

そして妻としての未熟さ、不勉強に失望し、

全細胞がSTOPしてしまいました。

しかしながらあなたの仕事ぶりが評価され、

給料も両肩、いや右肩上がり。

二桁の計算もできずどんぶり勘定の私に

全ての家計を任せているあなたの懐の深さに感服致しております。

住宅ローン、公共料金、食費、通信費、交通費、保険料以外の支払いにつきましては、

家内安全を祈願し、熊手等の購入に充てさせていただいております。

そしてなんといっても待望の第一子、

ヤスオ(仮)の誕生にふれないわけにはいきません。

ヤスオがまだ私のお腹で育っている頃、

あなたには飲み会の送迎をさせられました。

「あいつの顔を見たらただじゃおかない」と、

威勢良く家を飛び出し、ハンドルを握ったものの、

あなたのほうが一枚上手でした。

なぜならば、あなたは同僚のA君という強力なバリアを用意していたからです。

不発弾の処理に困った私の心中、お察し願います。

そうこうしているうちに、ヤスオとの生活が始まりました。

可愛いだけでは済まされない毎日に辟易しておりますが、

彼に霞ヶ関の官僚になってもらいたい身としましては、

日々精進するしかございません。

彼の成長を見届けているうちに聞こえなかった耳が回復し、

今ではゆがんで聞こえるまでになりました。

新垣さんとの一度壊れた友情も復活し、

今では二人で元気に作曲活動にいそしんでおります。

コーヒーにうるさいあなたがお気に召されるか心配ですが、

どうかこのプレゼントを受け取っていただきたく存じます。

2014年 4月 19日

ドテラマンの再放送を望む会会長 きょこ



パクリ先↓

タモリさんへの表彰状 たけしより


拍手お返事、しばらくお待ちくださいね。

今日の出来事 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する