2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2014/08/03 (Sun) 40を前にして思うこと。


前の更新から随分間があいてしまいました。

夜、パソコンの前に座ると、

睡魔が襲ってくるのです;;

このブログに絵を載せていた頃の就寝時間は午前1~2時。

全然眠たくならなくて、

仕方なく床に就いていたものです。

今はもう、そんなこと出来ねぇ・・・。


前置きはさておき。


あと数年すると、わたしは「不惑の年」になります。

信じられません。

32歳の頃「もうカレンダーに存在しない数字・・・」

なんて言っていたわたしでしたが、

今思い返してみれば、

その頃が一番のんびり幸せな時期だったのかもしれません。

わたしの同級生の子供たちは、ほとんどが小中学生。

わたしの子供がそうなっている時期、

わたしは「アラフィフ」なのです。

怖い・・・。

わたしの経験から言わせてもらえば、

どうしても子供が欲しい女性は、

20代前半から結婚と出産の計画を立てたほうがいいです。

出産は絶対に若い頃がいいです。

わたしのように初産を35過ぎて考えていたらダメです><

自分の身体も堪えるし、

子供を健康な体で産んであげられるかどうかの心配が半端ないです。

そして元気が有り余って仕方のない子供との付き合い。

特に男の子は女の子よりよく動いて手に負えないとのこと。

自分が若いならいいけど、

わたしのようにアラフォーで男の子の相手って、

かなり厳しいと思います、体力的にも。

でも結婚や出産は自分ひとりではどうにも出来るものではありません。

タイミング次第では、どうしても晩婚、高齢出産になるでしょう。

だから、「絶対に家庭を持って子供も欲しい人に向けてのアドバイス」ってことで。

あ、もちろん男性にも女性のそういった事情を分かって欲しいです。

そして忘れて欲しくないのが、

晩産=自分の親も歳をとっているってこと。

わたしの場合は、親が若いから幸いしたのですが、

自分の親に育児を手伝ってもらおうと思っている人にも、

早めの妊娠・出産をおすすめします。

老体の孫守は、相当辛いみたいです・・・。

あとですね~。

子供が二十歳の頃の自分の年齢を考えるとですね~、

あああああ><ってなりますね;;


久しぶりの更新がこの内容、

そうです、かなり参っていますorz

なんかもう、いろいろね・・・。

実家が近くてよかったことはあるけど、

その逆もたくさんあります。

母と喧嘩ばっかり・・・。

この前なんか母から「じゃあ子供を捨てれば?!」ってキレられた・・・。


今は子供のヴィジュアルが可愛らしい赤ちゃんだから、

つらいな~と思ってもなんとか踏ん張れるけど、

成長するにつれて・・・と思うと、う~ん・・・。

自分の子供時代の親に対する態度が、

今思えばめちゃくちゃ憎たらしかったから。

やっぱりああなるのかなって。

わたしの子供だから、そうなるよね・・・。

果たしてわたしは乗り越えられるのかな??

不安。


☆お待たせしました。

 拍手お返事です↓


☆ピコさん

義弟夫婦の子供ですが、先月半ばに無事に生まれました。
里帰り出産なので、まだ会っていません。
もちろんお祝いも渡していないし、渡す予定は今のところありませんw
奨学金返済の滞納、不思議でなりません。
二人共先生だから、それなりの稼ぎはあるはずですよね。
その前に、第二保証人にまで督促状が届くって、あんまりですよね^^;
姑は「あら、そうね」で終わる人です。
なので愚痴ったら余計に腹が立ちそうですw

花子とアン、そうこうしているあいだに関東大震災ですね。
その前に伝助株が急上昇↑↑
これ以上ファンを増やしてどうするおつもり?><
デンデンといい、朝市といい、振られキャラのほうが魅力的ってどうよ?と思うのですが^^;
そういえば、震災後も醍醐さん、お召し物・おリボン共々バッチリでしたね。
ちょっとビックリ^^;

思想 |


| TOP |

訪問者

プロフィール

  きょこ

Author:  きょこ
職業:風来坊
趣味:一人でカフェ・妄想
口癖:めんどくさい
相棒:WAGONR STINGRAY X

メンタル弱し、体力なし、やる気なし。
未来より、過去に向かって生きている。

なんでもない日常をつらつら綴るブログです。
昔このブログで絵を描いていましたが、今は描いていません。
安室ちゃんと、いくえみ綾作品が好きです。

挿絵総集編

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する